ビデオ再生キャンペーンを作る

概要

  • プロモビデオとは
    下向き矢印アイコン

    「プロモビデオ」を使うと、御社に関心を持つお客様に狙いを定めて、効果的にメッセージを届けることができます。御社のビジネスを再想起し御社に好感を抱くユーザーを増やすためにビデオを活用するのであれば、Twitterは他のどのデジタルプラットフォームよりも優れた効果を発揮します。

    Twitterのプロモビデオを活用することで、Twitterで御社のオーディエンス(広告配信対象のユーザー)に効果的にアピールできます。プロモビデオに新たに加わった自動再生機能によって、ユーザーが自分のタイムラインをビデオの位置までスクロールすると、そのビデオが自動的に再生されます。この機能により、ビデオのタップやクリックをユーザーに促すことができます。

  • 自動再生機能とは
    下向き矢印アイコン

    新しい「自動再生機能」は、御社のすべてのプロモビデオツイートで100%の再生率を実現します。ユーザーのタイムラインでビデオ画面が100%表示されたときにユーザーが3秒間視聴するか、全画面表示またはミュート解除などのクリック操作のいずれかを行った時点で、課金の対象となります。

    ビデオの自動再生によって広告主様のビデオがユーザーに対してすぐに再生されますが、その際に音声は出ません。

  • ビデオをアップロードするには
    下向き矢印アイコン

    まずads.twitter.comで広告管理画面にアクセスし、[クリエイティブ] メニューをクリックします。ドロップダウンメニューから [動画] を選びます。御社のプロモツイートに使うビデオをアップロードできる画面が表示されます。ビデオ以外にも、GIFやVine動画もアップロードできます。

    キャンペーンを作る前にこのページでビデオをアップロードしてください。

    プロモビデオに使う動画には、以下の設定をお勧めします。

    • ファイル形式: MP4またはMOV
    • ファイルサイズ: 1GB未満を推奨
    • ビデオの長さ: 最長10分
    • ビデオコーデック: 4:2:0の色空間に対応する、H.264、ベースラインプロファイル、メインプロファイル、ハイプロファイル
    • ビットレート: 1080pのビデオで6,000k以上、720pのビデオで5,000k以上。
    • フレームレート: 29.97FPSまたは30FPS。推奨フレームレート以上のFPSでも問題ありません。ビデオのフレームレートがこれより低い場合、「アップサンプリング」はしないでください。
    • オーディオコーデック: AAC LC(ローコンプレキシティ)、ステレオ

    ビデオをアップロードすることで、パブリッシャーツールの使用にあたってTwitterサービス利用規約、Twitterルール、およびTwitter動画再生アプリ利用規約が適用されることを確認したものとみなされます。他者の著作権やプライバシーの権利を侵害しないようご注意ください。

  • ビデオ再生キャンペーンの設定
    下向き矢印アイコン

    ビデオをアップロードしたら、ビデオ再生キャンペーンの作成に取り掛かることができます。広告管理画面(ads.twitter.com)にアクセスし、[新規作成(目的を選ぶ)] ボタンをクリックして、ドロップダウンメニューから [動画の再生数] を選びます。

    キャンペーンに名前を付けます。今後作ることになる他のキャンペーンと簡単に区別できるように、このキャンペーンでターゲティングする特定のオーディエンスに関連した名前にしておきましょう。

    キャンペーンの開始日と終了日を入力するオプションも表示されます。継続的なマーケティングを行う場合は、[今すぐ開始して、継続的に実施] オプションを選択し、御社がそのキャンペーンに1日あたりにかける金額の上限を [予算を設定] セクションで設定することをおすすめします。キャンペーン期間と予算の詳細およびポイントについては、「キャンペーンの期間と予算」についてのヘルプページをご覧ください。

    [クリエイティブを選択] セクションでは、まずツイートの本文を入力してください。次に、その下にあるビデオ追加用のボタン(カメラのアイコン)をクリックすると、ライブラリに事前にアップロードしておいたすべてのビデオが表示されます。ビデオを選んだら、ビデオカードの縮小画像が表示されます。次に、ビデオのタイトルおよび説明を追加します。このタイトルと説明は、ユーザーがビデオカードをクリックして開くと表示されます。

    またビデオへのアクション誘導を加えることもできます。Twitter広告では、[ウェブサイトに移動] と [今すぐ表示] の2種類のCTA(アクション誘導)を用意しています。どちらの場合でもリンク先のURLを指定でき、選んだアクション誘導オプションに合ったリンクテキストが自動で作成されます。

    以前作ったもので効果の高かったツイートがあれば、そのツイートをビデオに合わせて選ぶこともできます。

  • ビデオ再生キャンペーンのターゲティングを設定する
    下向き矢印アイコン

    ターゲティング

    広告を配信する国/地域を選択できます。御社がビジネスを展開している国/地域をターゲティングしましょう。プロモーションするツイートが特定の地域に関連している場合は、該当する地域だけをターゲティングします。地域ターゲティングの仕組みについては、地域ターゲティングに関するヘルプ記事をご覧ください。

    初期設定ではすべての性別をターゲティングしますが、必要に応じてターゲティングをいずれかの性別に絞り込むことができます。地域ターゲティングセクションの下にある [性別で絞り込む] セクションで広告配信対象のユーザーの性別を選択します。Twitterは、Twitter上でユーザーが公開しているユーザープロフィール名やフォローしているアカウントなどの情報に基づいて、性別を判断しています。

    言語

    [言語で絞り込む] セクションでは、キャンペーンでターゲティングする言語を選ぶことができます。初期設定ではすべての言語をターゲティングしますが、必要に応じてターゲティングを特定の言語を理解するユーザーのみに絞り込むことができます。言語ターゲティングについて詳しくは、こちらのヘルプページをご覧ください。

    端末

    キャンペーン管理画面の [言語で絞り込む] セクションの下に、[端末、プラットフォーム、携帯電話会社を選択] セクションがあります。初期設定では、広告の表示対象のオーディエンスがより広範囲になるように、すべての端末が選ばれています。

    キーワード

    キーワードターゲティングを活用すると、ユーザーが御社のビジネスに関連するテーマに興味を示したタイミングでプロモツイートを配信できるため、適切なユーザーにメッセージを届けることができます。このオプションは、ユーザーのツイートやユーザーが最近反応したツイートのキーワードに基づいて広告を表示する場合に最も効果的です。また、Twitterで特定の用語を検索したユーザーに広告を表示することもできます。

    プロモビデオキャンペーンのキーワードを入力します。キャンペーンのツイートは、ここで入力したキーワードをユーザーが検索したときや、そのキーワードを含むツイートを投稿したとき、またはそのキーワードを含むツイートに対して反応したときに表示されます。ツイートの内容に関連するキーワードを設定することが重要です。

    キーワードターゲティングのヒント

    • 独自のおすすめキーワードを活用します。ターゲティングボックスの下にあるおすすめキーワードツールを使い、指定済みの用語に類似した用語を追加して、広告の表示対象とするユーザーの範囲を拡大します。
    • 検索広告キャンペーンからキーワードをインポートします。検索エンジンによるマーケティングキャンペーンを実施している場合は、使っている検索キーワードの中にTwitterでも効果的なものがあるかもしれません。そのキャンペーンで検索率の高かったキーワードを含めるようにしてください。ただし、同じ言葉を使っても、ユーザーの目的が検索とツイートでは異なる場合があるため、Twitter広告でも同じ効果があるとは限りません。指定したキーワードの組み合わせがTwitterで一般的かどうかは場合によって異なります。
    • オーディエンスの声に耳を傾けます。御社の業界にとって重要となるTwitter上の会話に常に目を向け、よく使われる用語をキーワードターゲティングキャンペーンに含めるようにします。

     

    キーワードターゲティングの詳細については、「キーワードターゲティング」をご覧ください。

     

    フォロワー

    @ユーザー名をターゲティングすると、これらのTwitterアカウントのフォロワーとよく似た興味関心を持つユーザーに広告を表示できます。たとえば、ターゲティングするユーザーとして「@TwitterAdsJP」を入力すると、Twitter広告に関心のありそうなユーザーをターゲティングできます。ターゲティングに加える@ユーザー名は、Twitterで検索できます。

    興味関心

    インタレスト(興味関心)ターゲティングでは、御社のビジネスと似た分野や御社のキャンペーンに関係のある分野に興味関心を持つユーザーをターゲティングできます。さらに、カテゴリーの一覧から、より広い分野に興味のあるユーザーに範囲を広げることもできます。インタレストターゲティングについて詳しくは、こちらのヘルプページをご覧ください。

    テイラードオーディエンス

    テイラードオーディエンスを活用すると、御社(または認定サードパーティ)は、過去のウェブサイト訪問者に加え、メールアドレスおよびその他のCRMデータベースのデータ、またはTwitter IDリストに基づいたTwitterユーザーをキャンペーンでターゲティングできます。詳細については、「テイラードオーディエンス」と「ウェブサイトリマーケティング」をご覧ください。

    イベントターゲティングは、Twitter上でイベントを見つけたり、イベント計画を練ったり、イベントの進行が簡単に行えるターゲティングです。

  • 効果のあるプロモビデオの作り方
    下向き矢印アイコン

    ユーザーがビデオを見るメリットを強調する

    効果のあるプロモツイートをプロモビデオと一緒に使うと、プロモビデオでユーザーに効果的に働きかけることができます。オーディエンスがビデオを再生したいと思えるような魅力的なアクション誘導を選びましょう。
     

    ビデオは短くまとめる

    ビデオは伝えたいことを短く簡潔にまとめることがコツです。プロモビデオの最長時間は10分ですが、10分すべてを使い切る必要はありません。ビデオが長すぎると、ビデオを見ているユーザーが退屈に感じ、途中で興味を失いがちです。
     

    アピールから始める

    最初の15秒間でオーディエンスに伝えたい内容をストレートに表現します。オーディエンスにどのような操作をしてもらいたいのか、そのための手順はどのようなものかを、最初の数秒ではっきりと伝えます。
     

    プロモビデオをモバイル対応にする

    プロモビデオの90%近くがモバイルで視聴されています。ユーザーはモバイルでプロモビデオを見たりプロモビデオに反応する傾向があるので、ビデオは必ずモバイル端末に対応した要件やサイズにしてください。

  • プロモビデオの技術的条件
    下向き矢印アイコン

    ビデオ

    • ファイル形式: MP4またはMOV
    • ファイルサイズ: 特に制限はないが1GB未満を推奨
    • ビデオの長さ: 最長10分
    • 推奨ビデオコーデック: 4:2:0の色空間に対応する、H.264、ベースラインプロファイル、メインプロファイル、ハイプロファイル
    • 推奨フレームレート: 29.97FPSまたは30FPS。推奨フレームレート以上のFPSでも問題ありません。ビデオのフレームレートがこれより低い場合、「アップサンプリング」はしないでください。
    • 推奨ビデオビットレート: 1080pのビデオで6,000k~10,000k(6,000kを推奨)。720pのビデオで5,000k~8,000k(5,000kを推奨)。
    • 推奨オーディオコーデック: AAC LC(ローコンプレキシティ)
       

    ビデオツイート

    • ツイート本文: 116文字以内
    • タイトル(ビデオの下に表示): 70文字以内
    • 説明(ビデオの下に表示): 200文字以内
       

    サムネイル画像(縮小版画像)

    • サポートされているファイル形式: PNGまたはJPEG
    • 推奨縦横比: 横16 : 縦9
    • 最小サイズ: 640ピクセルX360ピクセル
    • 最大サイズ: 5MB

この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。

Twitter広告を使ってみる