Twitter動画広告リソース

Twitter動画広告を始めましょう

Twitter広告キャンペーンを始める準備はできましたか?

動画でブランドの価値を伝えましょう

動画を使ったツイートは、ブランドやビジネスのメッセージが記憶に残りやすく、誰かに伝えたくなるものにレベルアップさせることができます。Twitterで閲覧された動画は、他のオンラインプラットフォームに比べ、内容を思い出す率が高く、感情に訴えかけることがわかっています。Twitterでの動画は、タイムライン上でスクロールを止めて視聴されるため、そこには明確な視聴者の意思があるのです。
また広告フォーマットとして動画を用いた場合には、他社のモバイル動画広告と比較してクリック率が2倍まで向上しています。*

*Twitter内部テストデータ

Twitter広告戦略に動画を加えて、ユーザーの記憶に残るメッセージを作りましょう。
86%

全世界でデジタル動画の視聴時間が増加(2016年との比較)1

62%

Twitter上での1日あたりの動画再生数が増加(前年比)2

72%

Twitter上での動画視聴時間が増加(前年比)2

Twitter動画広告のベストプラクティス

以下の要素を動画に取り入れることで、Twitterプラットフォーム上でのパフォーマンスを最大限に高めましょう。Twitterに合わせて最適化された動画は、感情的エンゲージメントの33%向上につながります3

  • 動画の長さを6~15秒にする
  • 冒頭で商品を登場させ、いち早く注意を引く
  • モバイル端末を使用する、音声をオフにしている視聴者向けにキャプションを入れる
  • フレームの右上か左上に、常時ロゴを表示させる
  • 人が好意的に商品やサービスを使用している場面を含める
Twitter動画広告リソース

企業がどのようにTwitterで動画を活用し、ブランドのメッセージを伝えているのか見てみましょう

企業の動画ツイート活用事例

よなよなエールを展開する株式会社ヤッホーブリューイングは、「会社の飲み会」をテーマにビールメーカーならではのコンテンツをビデオで紹介しました。

- 動画ツイートを実施しようと思ったきっかけは何ですか

まずは、キャンペーンのコアコンテンツである「動画」をTwitterユーザーの皆さんに見ていただくことが、メッセージやヤッホーブルーイングの想いを知っていただけると考えました。

- 動画作成にあたり、クリエイティブに関して意識した点はありますか

無音再生環境であることを念頭に、音声無しで内容がわかることはもちろん、パワハラ・セクハラ問題が騒がれるなか、「先輩・後輩間の飲み会って、どうなったらよくなるか?」「無礼講って、どうやったら実現できるか?」という“議論”を、Twitterユーザーの皆さんに投げかける気持ちで制作しました。

- このキャンペーンで達成できたことはなんですか

一連の広告には、たくさんの反響と賛否両論をいただきました。動画の再生やシェアだけでなく、WEBメディアが記事化していただいたこともあいまって、当初の目的であった「議論」のきっかけを作りだせたことが、いちばんの成果だと考えています。

- 動画なしのツイートと異なった点はありますか

弊社アカウントには、日々ファンの皆さまからたくさんのリアクションをいただいておりますが、なかでも今回は、既存のフォロワーだけでなく、新規フォロワーやフォロワーでない方々からも多くのコメント付きリツイートをしていただき、よなよなエール及び弊社の認知獲得につながったのではないかと考えております。

少しのテクニックでどこにいても魅力的なコンテンツを簡単に

動画制作に必要なのは、少しの創造力とスマートフォンだけ

動画の作成が完了したら、誰にどうやってそのメッセージを伝えるかを考えていきましょう

Twitter動画広告を始めましょう

動画広告を極めるなら

Twitter Flight School

動画により、Twitterでのコンテンツ制作の在り方が変わりつつあります。Twitter Flight Schoolコースを受講して、この魅力的なメディアについて学んでみませんか。ご自分のスケジュールに合わせてトレーニングを進めることができ、Twitter動画広告キャンペーンの作成、実行、最適化をマスターできます。さらに、動画バッジを取得すればあなたはもうエキスパートです。 

Twitter Flight School

Twitter広告を始めませんか?

Twitterで広告を始めましょう