広告キャンペーンの期間と予算

 

広告キャンペーン期間の設定

Twitter広告では、新しい広告キャンペーンを設定するときに、次の2つの期間から選べます。

  1. [今すぐ開始して、継続的に実施]: これは初期設定で、(a)広告キャンペーンの予算に到達するか、(b)手動で広告キャンペーンを中止するまで、広告キャンペーンが継続されます。
  2. [開始日と終了日を設定]: このオプションを選んだ場合、指定した期間中のみ広告キャンペーンが実施されます。

最初のオプションは「いつも実施中」の広告キャンペーンに便利です。2番目のオプションは、期間限定のオファー、イベント、シーズンなど、特定のイベントをターゲットにした広告キャンペーンに適しています。

広告の目的に合わせて広告キャンペーンの期間を設定でき、[キャンペーンを編集] をクリックすればいつでも実施期間を変更できます。予定外の費用が発生しないように、広告キャンペーンの総予算と広告キャンペーンの終了日を必ず設定することをおすすめします。

 

 

入札額と予算の設定

どの広告キャンペーンにも、少なくとも [総予算] と [1日の上限予算金額] の2つの予算フィールドがあります。

  1. [総予算]: この広告キャンペーンに費やす合計金額です。広告キャンペーンの費用がこの金額を超えることはありません。広告キャンペーンを設定する際に総予算を設定する必要はありません。
  2. [1日の上限予算金額]: 広告キャンペーンにかける1日あたりの金額です。この金額に達した日は広告の表示が自動的に停止されます。日別予算は毎日深夜0時にリセットされます。[1日の上限予算金額] はどの広告キャンペーンでも必須フィールドです。

[総予算] と [1日の上限予算金額] によって、Twitter広告キャンペーンにどれくらい費用をかけるかをコントロールできます。これらのフィールドは、いつでも [キャンペーンを編集] をクリックして変更できます。

複数の広告グループを使用している場合、広告グループの総予算と1日の上限予算金額を設定することもできます。設定内容は広告キャンペーン内の広告グループに適用されます。ただし、広告キャンペーンレベルの総予算と1日の上限予算金額は、広告グループの予算よりも優先されます。

入札額と予算の詳細については、入札とオークションに関するよくある質問ページをご覧ください。

 

 

広告キャンペーンのペーシングの設定

広告キャンペーンを設定する際は、日別予算の使い方を次の2つのペーシングオプションから選べます。

  1. 標準配信: 日別予算を1日を通して均等に使います。
  2. 集中配信: 日別予算をできるだけ早く使い切ります。

標準配信は、初期設定のペーシングオプションで、広告キャンペーンの日別予算は1日を通して均等に使って消化するように調整されます。

生放送のテレビ番組やスポーツイベントなど、特定のイベントの期間中に実施したい時間勝負の広告キャンペーンには、集中配信をおすすめします。

 

 

よくある質問

広告グループの予算はどのような仕組みになっていますか?

広告グループの予算よりも、広告キャンペーンレベルの総予算と、1日の上限予算金額が優先されます。

たとえば、次のように広告キャンペーンを設定したとします。

  • キャンペーンレベル
    • 総予算:$5,000
    • 1日の上限予算金額:$100
  • 広告グループ1
    • 総予算:$2,500
  • 広告グループ2
    • 総予算:$2,500

広告キャンペーンレベルの1日の上限予算金額が優先されるので、1日の上限予算金額が$100に設定されます。このシナリオでは、広告グループ1と広告グループ2で合わせて$100を使い切ると、どちらも自動的に停止します。

広告キャンペーンの予算が1日を通して均等に使われなかったのはなぜですか?

初めて作った広告キャンペーンには、初期設定で標準のペーシングが設定されます。このタイプのペーシングは、1日を通してできるだけ均等に広告を表示します。このペーシングでは、日別予算を均等に使って消化するよう配信が調整されるため、必ずしもすべての時間帯で予算が使い切られるとは限りません。たとえば、費やされる費用は利用者が広告に反応しやすい特定の時間帯に偏る可能性があります。

現在のところ、広告主様が広告の表示される時間帯を選ぶことはできませんが、広告配信アルゴリズムは広告キャンペーンが成功する可能性を最大限に高めるよう設定されています。

入札額や日別予算はどのように設定すればよいですか?

広告キャンペーンを作ったり編集したりする際に、キャンペーン予算、日別予算、キャンペーンの開始日と終了日を入力すると、上限入札単価の横に推奨入札額が表示されます。広告キャンペーン予算や日別予算を変更すると、それに応じて推奨入札額も更新されます。特定の上限入札単価を入力しなければ、入札ガイダンスの中間の金額が自動的に入力された状態になります。

入札額と予算に関する詳細はこちらをご覧ください。

始めましょう