Twitter広告の請求の基本ルール

Twitter広告キャンペーンを開始するには、広告アカウントに有効なカードを追加する必要があります。Twitterが受け付けているクレジットカードまたはデビットカードを、[お支払い方法] タブから広告アカウントに追加できます。以降で詳細を説明します。

 

クレジットカードとデビットカード

セルフサービスをご利用の広告主様は、クレジットカードやデビットカードを使ってTwitter広告のお支払いができます。Twitterのセルフサービス広告商品をご利用いただけるすべての国で、現地通貨でのお支払いに対応しています。次のクレジットカードを使用できます。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express
  • Discover
  • Diners Club*
  • JCB**
  • China Union Pay***

また、Visa、MasterCard、またはAmerican Expressのデビットカードも使えます。

*Diners Clubは米国国内でのみ使用できます。

**JCBは日本円または米ドルでの支払いにのみ使用できます。

***クレジットカードのみ使用できます。デビットカードは現時点では使用できません。

 

広告アカウントにカードを追加する

  1. ads.twitter.comにログインします。 
  2. 右上にあるアカウント名をクリックします。
  3. ドロップダウンメニューから [お支払い方法]* を選びます。
  4. 右上にある [新しいお支払い方法を追加] をクリックします。
  5. カード番号、有効期限、CVV、請求先住所、およびメールアドレスを入力します。
  6. [確認に進む] をクリックし、確認します。
  7. カードの承認手続きが行われます。
  8. 準備完了です!カードが承認されると [お支払い方法] タブで [有効] と表示されます。広告キャンペーンを開始する準備が整いました。

*[お支払い方法] ボタンが見つからない場合、このページ下部のよくある質問のセクションまでスクロールし、詳細をご覧ください。

 

カードの変更または交換

請求を既存のカードに切り替える
  1. ads.twitter.comにアクセスし、右上のアカウント名をクリックします。
  2. ドロップダウンメニューから [お支払い方法] を選びます。カード情報を追加、削除、および管理できるページが表示されます。
  3. 使用するカードが既に追加されている場合は、そのクレジットカードをクリックし、[デフォルトとして設定] をクリックします。広告キャンペーンの料金が選択したカードに請求されるようになります。
請求を新しいカードに切り替える
  1. 広告アカウントの [新しいお支払い方法を追加] をクリックし、カードの情報を入力します。
  2. [このクレジットカードを登録して、今後のお支払い時に使用します] をオンにします。
  3. [確認に進む] をクリックし、入力した情報が正しいことを再確認します。 
  4. 情報を確認したら、[このカードを追加する] をクリックします。
  5. カードの承認手続きが行われます。追加した新しいカードが有効であることが確認されると、[現在使用中のカード] というバッジが表示されます。 

カードが承認されると、以前のカードに請求されていたすべての広告キャンペーンの請求先がこのカードに切り替わります。

 

 

カード情報を削除する

カード情報を削除するには、未払いの料金がないことと、すべての広告キャンペーンが48時間以上停止されていることを確認してください。広告キャンペーンが [実行中] または [停止中] 以外([終了]、[残額なし] など)で表示されている場合は、カード情報を削除する前に、その広告キャンペーンを削除してください。

期限切れや予算超過などが原因で広告キャンペーンが停止していない場合、カード情報を削除する前に、その広告キャンペーンを削除してください

  1. ads.twitter.comにアクセスし、右上のアカウント名をクリックします。
  2. ドロップダウンメニューから [お支払い方法] を選びます。
  3. すべてのクレジットカード情報が保存されている [お支払い] ページに移動します。
  4. クレジットカード情報の下にある [削除] ボタンを選択します。

このボタンをクリックするとカード情報が削除されます。このボタンは、未払いの料金がなく、すべての広告キャンペーンが48時間以上停止されている場合にのみクリックできます。

 

請求書はどこで確認できますか?

Twitter広告の請求書は、[請求履歴] ページで確認できます。

[請求履歴] ページにアクセスするには、広告ダッシュボードの右上のプロフィール名をクリックし、[請求履歴] を選びます。

そうすると、ご利用の広告アカウントに送付されたすべての請求書を確認できます。

ページの右側のドロップダウンメニューを [詳細な請求履歴] に切り替えることをおすすめします。そうすることで、アカウントのすべての請求書が表示されます。

 

請求の頻度はどれくらいですか?

請求システムのルールに基づき、クレジットカードへの課金は1日に1回から、最長で7日に1回の頻度で行われます。どれくらいの頻度で請求されるかは、どれくらい早く広告キャンペーンでクレジット限度額を使い切るかによります。

3つのシナリオに応じて、Twitterは自動的に請求を行います。

  1. 1日にクレジット限度額の25%以上を使う場合。この場合、その日の額について請求が行われます。たとえば、クレジット限度額が200ドルで、広告キャンペーンに1日で50ドル以上を使った場合、Twitterでの請求処理が完了してから2日以内に請求が行われます。 

  2. 1日にクレジット限度額の25%未満を使う場合。この場合、25%以上使った時点、あるいは25%未満でも7日経った時点に請求が行われます。たとえば、クレジット限度額が200ドルで、広告キャンペーンで0.00ドル~49.99ドルを7日間で使用した場合、7日目時点での1日目から7日目までの合計金額(および該当する税)が2日以内に請求されます。広告キャンペーンの累積使用額が7日以内に50ドルに到達すると、その時点でその金額(および該当する税)が2日以内に請求されます。 

  3. 使う額が日ごとに変わる場合。たとえば、クレジット限度額が200ドルで、1日目に広告キャンペーンで49.99ドルを使用します(クレジット限度額の25%未満)。そして、2日目に広告キャンペーンで55ドルを使用します(クレジット限度額の25%以上)。2日以内に、1日目と2日目の合計使用金額(104.99ドル+税金)が請求されます。 

申し訳ございませんが、請求日を選択することはできません。上記のルールに基づいて、Twitterのシステムは自動的に請求を行います。クレジット限度額の増額の仕方など、クレジット限度額の詳細については、こちらをご覧ください。

請求が行われた期間は、「課金期間」と呼ばれています。[請求履歴] ページで、請求が行われたすべての課金期間と、アカウントに請求された各トランザクションを確認できます。このページでは、課金期間の正確な日付を確認できます。ページ内にあるPDF形式の請求書にも日付情報が記載されています。

 

 

[お支払い方法] タブが表示されません

[お支払い方法] タブを見つけるには、まずads.twitter.comからTwitter広告アカウントにログインします。右上にある [アカウント] タブをクリックし、ドロップダウンメニューから [お支払い方法] を選択します。

依然として [お支払い方法] タブにアクセスできない場合は、ads.twitter.comの右上にある [お問い合わせ] をクリックし、Twitter広告サポートチームにご連絡ください。すぐに対応いたします。

 

クレジット限度額を引き上げることはできますか?

クレジット限度額とは、広告アカウントが費やすことができる上限予算金額です。広告キャンペーンがこのクレジット限度額に達すると、請求が行われ、料金が支払われるまで、広告キャンペーンが停止されます。

Twitterは特定の条件に基づいて、クレジット限度額を自動的に増額しています。ただし、この自動増額より前にクレジット限度額の増額が必要な場合は、申請を行うことができます。アカウントが所定の条件を満たしていれば、サポートチームが申請を処理します。 

 

 

返金を申請するにはどうすればよいですか?

返金を申請する場合は、こちらからお問い合わせください。

サポートチームが調査し、請求の間違いや技術的なエラーが特定されなかった場合は、返金の申請に応じられません。

 

 

クレジットカードのセキュリティコード(CVV/CVC/CSC)とは何ですか?

クレジットカードのセキュリティコード(CVV/CVC/CSC)は、クレジットカード番号とは別の、3桁または4桁のコードです。通常はカードの裏面に印字されていますが、場所はカードにより異なります。

 

 

その他の支払い方法

広告キャンペーンの費用をクレジットカードではなく請求書で支払うことをご希望の場合は、IOを申請することができます。



 

その他の関連記事

始める準備はできましたか?