ツイートエンゲージメントキャンペーンを作る

概要

  • ツイートエンゲージメントキャンペーンを使う理由
    下向き矢印アイコン

    ツイートエンゲージメントキャンペーンを使用すると、コンテンツのリーチ(広告の配信)を関連性の高いオーディエンス(広告配信対象となるTwitterユーザー)へと広げることができます。オーガニックツイートをプロモーションすることも、ターゲティングするオーディエンスに対してのみプロモーションするツイートを作成することもできます。ターゲティングしたユーザーがコンテンツに対してエンゲージメントした場合にのみ料金が発生します。エンゲージメントが発生しなかったインプレッションは無料となります。

    最初のキャンペーンを設定するにあたり、考慮すべきポイントがいくつかあります。

    • キャンペーンの目的: ブランド価値の向上、店頭販売やエンゲージメントの促進などが目的の場合には、興味を引く内容やアクション誘導テキストを含めましょう。リツイートされてユーザーと会話を始めたい場合は、興味深いコンテンツを含めることでフォロワーとの共有を促すことができます。
    • コンテンツによってエンゲージメントを獲得したいユーザー: 御社の顧客に関する知識に基づいてTwitterユーザーをターゲティングするには、興味関心と@ユーザー名を使用します。特定の用語について検索またはツイートしているユーザーを見つけるには、キーワードターゲティングを使用します。調査によると、エンゲージメントはブランドの向上および店頭販売と相関関係にあることが分かっています。
    • キャンペーンに投入できる予算: 予算はターゲティングと入札額によって決まります。広告管理画面のキャンペーン想定ツールを使用してリーチを想定します。キャンペーンで期待するエンゲージメント数を獲得できるように、十分な予算を割り当てるようにしてください。
    • エンゲージメントあたりの入札額: キャンペーンの目的に基づいて、エンゲージメントあたりにかける金額を決定します。それぞれのエンゲージメントにどのくらい価値を置くのかを決定し、それに応じて入札額を設定します。キャンペーンのアナリティクスを使用して最適な入札額を判断し、それに基づいてキャンペーンを作成します。 
  • ツイートエンゲージメントキャンペーンを使用するタイミング
    下向き矢印アイコン

    ツイートエンゲージメントキャンペーンを通じてプロモーションされる広告(プロモツイート)はオーガニックツイートと似ていますが、御社のビジネスに興味があるより多くのユーザーにリーチできます。プロモツイートを使うことで、適切なタイミングで重要なオーディエンス(広告配信対象となるTwitterユーザー)に最良の情報を提示できます。

    ツイートエンゲージメントキャンペーンは、魅力的なコンテンツを広めるのに最適です。ツイートエンゲージメントキャンペーンを使用すると、以下のことが可能となります。

    • 新製品の発売や製品のメリットを取り上げることができます。
    • ブランドを身近なイベントと関連付けることができます。
    • 御社と顧客間の会話を促進できます。
    • ビジネスに対する認知度を高めることが目的である場合、さまざまな方法でツイートエンゲージメントキャンペーンを活用できます。
    • ブログの投稿やホワイトペーパーなどの情報をより多くのユーザーに配信できます。
    • 情報を確実に見てもらうようにすることで、影響力のあるユーザーやブランドの支持者とつながることができます。
    • イベントおよび新製品の発売に関する認知度を高めることができます。
    • リツイートを求めることで、メッセージをさらに幅広いオーディエンスに届けることができます。 
  • ツイートエンゲージメントキャンペーンの表示場所
    下向き矢印アイコン
    • タイムライン: プロモーションされているツイートが特定のユーザーに関連する場合、そのユーザーのタイムラインにツイートエンゲージメントキャンペーンが表示されることがあります。
    • twitter.comの関連する検索結果ページの上部: 広告パートナーのツイートエンゲージメントキャンペーンは、Twitter.comの一部の検索結果ページの上部と、Hootsuiteなどの選ばれたエコシステムパートナーに表示されます。
    • 公式Twitterクライアント: 広告パートナーのツイートエンゲージメントキャンペーンは、TweetDeck、Twitter for iPhone、Twitter for Androidなど、Twitterの公式のデスクトップクライアントやモバイルクライアントにも表示されることがあります。
    • サードパーティのTwitterクライアント: 現在、HootSuiteなど、一部のサードパーティのTwitterクライアントにTwitter広告を配給しています。
  • ツイートエンゲージメントキャンペーンの実行にかかる費用
    下向き矢印アイコン

    Twitter広告の価格は、オークションによって決まります。獲得したエンゲージメントとコンバージョンに対する固定の費用は設定されていません。キャンペーンの設定時に、そのキャンペーンを通じて獲得するアクションごとの最大金額を指定します。この金額が入札額となります。

    Twitterのアクションあたりのコストに関する価格設定では、キャンペーンで促進したい特定のアクションについてのみ支払いが発生します。つまり、ツイートエンゲージメントキャンペーンの場合は、獲得したエンゲージメント数に対してのみ課金されます。インプレッション(広告の表示)については、料金はかかりません。

    入札額の設定では、キャンペーンのアクションがもたらすビジネスの利益を十分に検討し、金額を決めることが重要です。おすすめの入札額は、キャンペーンが目的を達成するために必要な入札額の指標となるものです。入札額を超える金額が請求されることはありません。通常、支払う料金はこれより少なくなります。他の広告主と比べて入札額の競争力が低い場合、キャンペーンは実行されません。

    アクションあたりの費用に加え、キャンペーンの総予算を管理することもできます。入札額を設定したら、キャンペーンの総予算とオプションの日別予算を入力するよう促すメッセージが表示されます。指定した総予算に到達すると、予算を増額するまでキャンペーンは停止します。指定した日別予算に到達すると、次の日になるまでキャンペーンは停止します。 

     

  • ツイートエンゲージメントキャンペーンの設定
    下向き矢印アイコン

    Twitter広告アカウントにログインします。最初のキャンペーンをまだ設定していない場合、まずキャンペーンの種類を選択する必要があります。既存のキャンペーンが1つ以上ある場合は、キャンペーン管理のメイン画面で、青い [​新規作成(目的を選ぶ)] ボタンをクリックします。キャンペーンの選択画面で、[ツイートのエンゲージメント] オプションを選択します。
     

    キャンペーンに名前を付けてキャンペーン期間を設定する

    キャンペーンに名前を付けます。今後作成する他のキャンペーンと簡単に区別できるように、このキャンペーンでターゲティングする特定のオーディエンスに関連した名前にしておきましょう。

    キャンペーンの開始日と終了日を入力します。継続的なマーケティングを行う場合は、[今すぐ開始して、継続的に実施] オプションを選択し、御社がそのキャンペーンに1日あたりにかける金額の上限を [予算を設定] セクションで設定することをおすすめします。詳細とオプション設定のヒントについては、「キャンペーンの期間と予算」をご覧ください。

  • ツイートエンゲージメントキャンペーンのターゲティングを設定する
    下向き矢印アイコン

    ツイートエンゲージメントのターゲティングを設定する方法はいくつかあります。

    キーワード

    キーワードターゲティングを活用すると、ユーザーが御社のビジネスに関連するテーマに興味を示したタイミングでプロモツイートを配信できるため、適切なユーザーにメッセージを届けることができます。このオプションは、ユーザーのツイートやユーザーが最近反応したツイートのキーワードに基づいて広告を表示する場合に最も効果的です。また、Twitterで特定の用語を検索したユーザーに広告を表示することもできます。

    ツイートエンゲージメントキャンペーンのキーワードを入力します。キャンペーンのツイートは、ここで入力したキーワードをユーザーが検索したとき、それらのキーワードを含むツイートを投稿したときや、それらのキーワードを含むツイートにエンゲージメントしたときに表示されます。ツイートの内容に関連するキーワードを設定することが重要です。

    ツイートエンゲージメントキャンペーンのキーワードターゲティング設定のヒントは次のとおりです。

    • 独自のおすすめのキーワードを使用します。ターゲティングボックスの下にあるおすすめキーワードツールを使い、指定済みの用語に類似した用語を追加して、広告の表示対象とするユーザーの範囲を拡大します。

    • 検索広告キャンペーンからキーワードをインポートします。検索エンジンによるマーケティングキャンペーンを実施している場合は、使っている検索キーワードの中にTwitterでも効果的なものがあるかもしれません。そのキャンペーンで検索率の高かったキーワードを含めるようにしてください。ただし、同じ言葉を使っても、ユーザーの目的が検索とツイートでは異なる場合があるため、Twitter広告でも同じ効果があるとは限りません。指定したキーワードの組み合わせがTwitterで一般的かどうかは場合によって異なります。

    • オーディエンスの声に耳を傾けます。御社の業界にとって重要となるTwitter上の会話に常に目を向け、よく使われる用語をキーワードターゲティングキャンペーンに含めるようにします。

    キーワードターゲティングの詳細については、「キーワードターゲティング」をご覧ください。
     

    興味関心とフォロワー

    ツイートエンゲージメントキャンペーンでは、ユーザー名(御社を含む)を指定し、そのフォロワーに似た興味や関心を持つユーザーをターゲティングできます。御社のフォロワーに似た興味や関心を持つユーザーもターゲティングできます。

    @ユーザー名をターゲティングすると、これらのアカウントのフォロワーとよく似た興味関心を持つユーザーにリーチできます。既存のフォロワーと似た興味や関心を持つユーザーをターゲティングするには、[ユーザー名を検索] フィールドの下にある [フォロワーに似たユーザーをターゲティング] ボックスをチェックします。これによって、価値の高いオーディエンスにプロモツイートが自動的に表示されます。御社のフォロワーを明示的にターゲティングすることもできます。ユーザーに表示されたオーガニックなコンテンツは課金対象ではありません。広告キャンペーンでフォロワーをターゲティングすることで、プロモーションによって達成したインプレッションによるエンゲージメントに対してのみ料金が発生します。

    幅広いオーディエンスをターゲティングするには興味関心カテゴリーを追加します。上で入力したすべての@ユーザー名に加えて、入力したいずれかのカテゴリーに興味関心を持つユーザーをターゲティングできます。@ユーザー名ターゲティングとインタレストターゲティングの仕組みの詳細については、「インタレストターゲティングとユーザー名ターゲティング」をご覧ください。

    ツイートエンゲージメントキャンペーンのインタレストターゲティング設定のヒントは次のとおりです。

    • 画像や動画を追加してユーザーのエンゲージメントを獲得します。

    • さまざまな顧客グループごとにキャンペーンを作成します。ターゲティングをそれぞれの顧客グループの興味関心に合わせます。

    • @ユーザー名と興味関心を10~20個含めます。その際、関連性の強いカテゴリーを作成しましょう(業界の有識者、競合他社など)。Twitterのユーザー検索機能を使うと、追加する@ユーザー名を効果的に検索できます。

    • 広告管理画面の右側にある [潜在的なオーディエンスサイズ] 欄をチェックします。この欄を参照すると、設定したターゲティングで広告を表示できる推定ユーザー数を把握することができます。ユーザーの数が少なすぎる、または多すぎると感じる場合は、@ユーザー名や興味関心カテゴリーを追加/削除してユーザー数の調整を行います。
       

    テイラードオーディエンス

    テイラードオーディエンスを使用すると、御社(または認定サードパーティ)は、過去のウェブサイト訪問者に加え、メールアドレスおよびその他のCRMデータベースのデータ、またはTwitter IDリストに基づいたTwitterユーザーをキャンペーンでターゲティングできます。詳細については、「テイラードオーディエンス」と「ウェブサイトリマーケティング」をご覧ください。

    テレビ

    テレビターゲティングでは、特定のテレビ番組について、放送中や放送前後に話題にしているユーザーにプロモツイートを表示できます。テレビターゲティングを活用することで、テレビ戦略の延長としてTwitterユーザーに簡単にメッセージを届けることができます。テレビターゲティングは、プロダクトインテグレーション、スポンサーシップなどのテレビタイアップを活用して、視聴者との接点を増やしたりメッセージを拡散したりするのに使用できます。現在、テレビターゲティングは米国と英国の市場でのみ利用できます。

    設定方法

    • [新規作成(目的を選ぶ)] を選択します。

    • [ツイートのエンゲージメントキャンペーン] を選択します。

    • 「さらにターゲティングを選択する」セクションで、[テレビターゲティング(観ている番組への興味関心で絞り込む)] を選択します。

    • 次に、ターゲティングする地域(現在は米国または英国のみ)を選択します。

    • ターゲティングする番組を指定できます。

    • テレビ番組を検索したり、複数の番組をインポートしたりできます。

    地域ターゲティング

    広告を配信する国/地域を選択できます。御社がビジネスを展開している国/地域をターゲティングしましょう。プロモーションするツイートが特定の地域に関連している場合は、該当する地域だけをターゲティングします。地域ターゲティングの仕組みについては、地域ターゲティングに関するヘルプ記事をご覧ください。

    端末とプラットフォームを選択してターゲットを絞る

    キャンペーンツールの [地域を選択(必須)] オプションの下で、[端末、プラットフォーム、携帯電話会社を選択] オプションを選択できます。

    端末とプラットフォームのターゲティングに関する活用例は次のとおりです。

    • コンテンツでエンゲージメントを獲得する、Twitterで既存顧客と会話を始める、またはリツイートを獲得することが目的であれば、利用できる端末とプラットフォームをすべてターゲティングしましょう。

    • 販売数や登録数を増やす場合は、リンクまたは画像をツイートに含めてください。

    • ユーザーの多くは画面の小さなモバイル端末からアクセスするため、ウェブサイトがモバイル向けに最適化されていない場合は、デスクトップパソコンおよびラップトップパソコンのみをターゲティングするオプションを選択してください。
       

    性別ごとのターゲティングを設定する

    初期設定ではすべての性別をターゲティングしますが、必要に応じてターゲティングをいずれかの性別に絞り込むことができます。端末ターゲティングセクションの下にある [性別で絞り込む] セクションで広告配信対象のユーザーの性別を選択します。Twitterは、Twitter上でユーザーが公開しているユーザープロフィール名やフォローしているアカウントなどのシグナルに基づいて、性別を判断します。

  • ツイートエンゲージメントキャンペーンの予算と入札を設定する
    下向き矢印アイコン

    キャンペーンの総予算と1日の上限予算金額を設定します。これを設定すると、費用がキャンペーンの総予算額を超えることはありません。また、毎日の費用が1日の上限予算金額を超えることもありません。総予算の設定はオプションです。継続的にエンゲージメントを獲得したい場合は、この設定は空欄にし、日別予算を設定してペーシングを管理してください。

    1回のエンゲージメントに求めるビジネス価値に基づいて、上限入札単価を設定します。入札額は、広告を表示できるユーザー数と平均CPE(コストパーエンゲージメント)の両方を左右する要素です。コストパーエンゲージメントは、他の広告主との間のセカンドプライスオークションによって設定されます。実際に御社が支払う金額は、最大で、最高入札額から2番目の額よりわずかに上回る額となります。いくら入札したらよいかわからない場合は、推奨入札額を使用してキャンペーンがインプレッションを獲得できるようにしてください。詳細については、「入札とオークションに関するよくある質問」をご覧ください。

  • リソースおよび活用例
    下向き矢印アイコン

    Tweets Playbookには、ツイートエンゲージメントキャンペーンを開始して効果的に運用するための方法が記載されています。


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。

Twitter広告を使ってみる