Brand Hub

Brand Hubは、すべての広告チャネルを横断して御社の会話のシェアをトラッキングするTwitterの革新的な新商品です。現在Brand Hubは、米国の一部の大手ブランド広告主と中小企業にのみ提供しています。
 

Brand Hubについて

Brand Hubにアクセスしたい場合には、アカウントチームにお問い合わせください。

設定完了後、次の簡単な手順を行ってください。

  1. ブラウザでbrandhub.twitter.comを開く
  2. 表示されるタブをクリックして管理画面の各セクションにアクセスし、期間を調整。概要ページから直接、御社と競合他社の会話のTrueVoice™シェアや競合他社とのランキングが閲覧可能。

概要

  • Brand Hubとは何ですか?
    下向き矢印アイコン

    Brand Hubを使うことで、広告主様は自社ブランドについて、またTwitter上でそのブランドを効果的にプロモーションする方法について理解を深めることができます。マーケティング担当者や業務担当者は、本ツールを使うことで自社ブランドについて人々が何を語り、最も関心を持つオーディエンス(広告配信対象となるユーザー)が誰なのかをより良く知ることができます。

    TwitterのBrand Hubは、特定のブランドに関連するツイートを自動的に分類し、競合他社のブランドに対する「会話のシェア」を把握するのに最適なツールです。広告主様は、このような情報を入手することでTwitter上の有料キャンペーンについてデータに基づく明確な判断を下すことが可能となります。

  • Brand Hubを使う理由
    下向き矢印アイコン

    Brand Hubでは、追加設定なしで御社ブランドに関連するインプレッション、エンゲージメント、@ツイートなどの会話を俯瞰できます。

    また、この機能では、御社ブランドについて話しているオーディエンス層も確認でき、今後それを広告内容に反映することも可能となります。Brand Hubが提供する情報を用いることで、御社ブランドに関連する会話のシェアを競合他社と比べることができ、さらに御社ブランドについて話しているオーディエンス層も確認でき、今後それを広告内容に反映することが可能となります。

  • Brand Hubにアクセスする方法
    下向き矢印アイコン

    広告主様がこれらの情報にアクセスする方法は2つあります。

    1. 広告主様が広告管理画面にログインすると、[アナリティクス] タブの下にブランド情報につながるリンクが表示される
    2. 広告アカウントを持たない場合には、brandhub.twitter.comに直接アクセス。なお、ユーザーは、特定ブランドの @ユーザー名 でログインする必要がある。
  • Brand Hubで閲覧できる内容
    下向き矢印アイコン

    広告主様は、@ツイートと、@ツイートのインプレッションを表示するチャートを閲覧できます。

    会話のシェア

    広告主様は競合他社トップ5社に対する「会話のシェア」を閲覧できます。

    オーディエンス

    お客様は、オーディエンスインサイトにて自社ブランドについてツイートしているユーザーのオーディエンス層を確認できます。オーディエンスインサイトについて詳しくは、 こちらをご覧ください。

    会話の詳細

    お客様は、自社ブランドと一緒に使われることが多いフレーズと、業種の特定のトピックに関連するツイート数を確認できます。

    ウォッチリスト

    お客様は、本機能を用いて自社ブランドと関連性の高い特定のキーワードやフレーズの@ツイートをトラッキングできます。

  • よくある質問
    下向き矢印アイコン

    ブランドインサイトとオーディエンスインサイトの違いは何ですか?

    お客様は、オーディエンスインサイトを通じてTwitterのオーディエンス、フォロワー、特定のキャンペーンで繋がったユーザーが持つ価値について理解することができます。オーディエンスインサイトは現在ベータ版として限定的に提供されていますが、今四半期中に一般向けにも公開する予定です。

    「ブランドに関する会話」では、特定ブランドに関連するツイートが自動的に分類され、広告主様はブランドに関する通常のツイートを把握できるうえに、競合他社のブランドに対する「会話のシェア」を測ることもできます。なお、「ブランドに関する会話」は @ツイートだけではなく、ブランドについて言及するすべてのツイートを数えます。
     

    Twitterはどのようにして競合他社を選んでいるのですか?

    広告主様自身が自社の競合他社を選ぶことも可能です。適切な競合他社を選ぶにあたり、アカウントチームとご相談ください。


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。

Twitter広告を使ってみる