Twitter上でのブランドセーフティ

ブランドセーフティ

Twitterの目的は、公共の会話の場を提供することです

公共の会話の健全性を高めることはTwitterにとって最優先事項です。暴力、嫌がらせ、およびその他の類似行為は、ユーザーの自己表現を抑制し、安全性を脅かす環境を醸成します。Twitter上では、こうした行為は一切容認されません。Twitterでは、プラットフォーム全体でこのようなふさわしくない行動を阻止するための取り組みを行っていますが、それに加え、すべてのTwitterユーザーに安全な広告環境を提供することを目的とした、一連のソリューションへの投資も実施してきました。

 

Twitterルール

Twitterでは、すべてのユーザーが自由に、安心して公共の会話に参加できるよう、Twitterルールを設けています。こうしたポリシーはすべてのTwitterユーザーに適用され、Twitter上で禁止されるコンテンツや行為を定める基準となっています。Twiiterのポリシーは、暴力、テロ行為/暴力的過激主義、児童の性的搾取、攻撃的な行為/嫌がらせ、差別的言動、自殺または自傷行為、センシティブなメディア、違法または特定の規制物品/サービス、個人情報、合意のない裸体の描写、プラットフォームの操作とスパム、市民の清廉性、なりすまし、合成または操作されたメディア、著作権および商標に適用されます。Twitterルールの詳細についてはこちらを、同ルールの適用レベルと適用範囲の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

ブランドセーフティに関するTwitterポリシー

ブランドセーフティに関するTwitterのポリシーと、Twitterユーザーや広告主の皆様が利用できる管理機能は、すべてのユーザーとブランドにとって安全な広告環境を推進するため、Twitterルールに基づいて作成されています。ブランドセーフティに関するポリシーでは、広告が配信される条件や、以下に挙げる禁止事項(ただし、これらに限定されません)が含まれています。

  • 写実的な暴力描写を含むコンテンツ

  • ヘイト表現を伴うコンテンツ、攻撃的なコンテンツ、センシティブなコンテンツ

  • 法律で禁止または規制されている商品とサービス

  • 成人向けの性的なコンテンツ

  • 過激で攻撃的な言葉使い

ブランドセーフティに関するポリシーがTwitterでどのように適用されるかについての詳細は、以下の「Twitter上の広告環境の保護」をご覧ください。ブランドセーフティに関するポリシーと、Amplifyプレロールにおける同ポリシーの適用についての詳細はこちらをご覧ください。

ブランドセーフティに関するポリシーは、Twitter上の広告配信について定めたものですが、Twitterでは、広告のコンテンツや広告主の行為の可否を定めた広告ポリシーも設けています。Twitter広告ポリシーの詳細については、こちらをご覧ください。

 

広告主様向けの管理機能

Twitterは、広告主様がご自身でTwitter広告の配信を管理できるようにするため、果敢に取り組んでおり、利用可能な管理機能の拡充に積極的に努めています。現在Twitterでは、次に挙げる機能を提供しています。

Amplifyプレロールにおけるブランドセーフティの管理
広告主様は、すべての標準的なIABカテゴリーと、最大で100件のコンテンツ配信パートナーのユーザー名を除外することができます。

広告キャンペーンの配信管理
広告主様は、AmplifyプレロールやAmplifyスポンサーシップのほかにも、すべての目的において、プロフィールに基づいて広告配信を停止したり、検索結果内への広告配信を停止したりすることで、広告キャンペーンの配信対象を管理することができます。TwitterではAmplifyキャンペーンを対象に、こうした機能を優先して提供できるよう積極的に取り組んでいます。

Twitterオーディエンスプラットフォームの管理
Twitterオーディエンスプラットフォーム(TAP)で広告キャンペーンを展開している広告主様は、広告の配信先から除外するアプリを最大2、000件まで選択することができます。TAPプレースメントは、目的がウェブサイトのクリック数、アプリのインストール数、またはアプリのリエンゲージメント数の場合のオプションとしてのみ利用することができます。

 

ユーザー向けの管理機能

Twitterでは、ユーザーが会話をどのように開始するか選べる新たな機能のテストを行っており、現在そのうちのいくつかが利用できます。

返信の非表示
すべてのTwitterユーザーは、自身のツイートに対する返信が攻撃的または会話に無関係であると判断する場合、その返信を非表示にすることができます。詳細はこちらをご覧ください。Twitterでは2020年8月に、この機能のためのAPIエンドポイントを公開しました。

会話の管理
Twitterでは、ユーザーが自身のツイートに返信できるアカウントを選択することで、会話をより管理できるようになる新たなツイートの設定を公開しました。詳細はこちらをご覧ください。

 

Twitter上の広告環境の保護

すべてのTwitterユーザーが利用できる管理機能や広告主様向けにブランドセーフティに関する管理機能に加えて、Twitterでは、広告が不快なコンテンツとして配信されないようにするため、機械学習と人の目による審査を組み合わせた手法を活用しています。

タイムライン上のセンシティブなメディアとの隣接
Twitterでは、サービスチームが「センシティブなコンテンツ」とみなしたツイートと共に広告が配信されないようにしています。センシティブなメディアに関するポリシーは、過度にグロテスクなメディアや、強姦及び性的暴行の描写を含むメディアに適用されます。またTwitterユーザー自らが、自身のツイートをセンシティブなコンテンツとして分類することもできます。

Amplifyプレロールプログラム内でのブランドセーフティの確保
パートナーによるすべてのツイートは、Amplifyプレロールプログラムを通じて収益を得る前に、次の二段階にわたる厳格な審査が行われます。

  1. ツイート文言をスキャンし、安全でない言葉が含まれているか確認するアルゴリズムによるチェック

  2. 収益を得るために投稿されたすべての動画について、ブランドセーフティの基準が満たされていることを確認する、人の目による審査

またTwitterでは、予防策としてパートナーとの定期的な教育セッションを実施し、Twitterのブランドセーフティに関する基準の範疇で、コンテンツの収益を確実に挙げられるよう支援しています。

ブランドセーフな検索の推進
Twitterは全世界で1日24時間にわたり、会話とトレンドトピックを監視し、安全でないと判断された検索結果に広告を配信しないようにしています。Twitterのキーワード拒否リストは定期的に更新されており、全世界のあらゆるキャンペーンに適用されます。検索が実施されると、この拒否リストが参照され、検索キーワードがこのリストに記載されている場合、プロモツイートはそのキーワードの検索結果ページには表示されません。この拒否リストは、ユーザーがトレンドトピックをクリックし、そのトレンドの検索結果ページにアクセスする場合にも適用されます。

プロフィールに基づく広告配信に関するブランドセーフティ管理
Twitterでは、プロフィールが更新されるたびに、プロフィールページのコンテンツの調査を機械学習モデルにより、実施しています。これはプロモツイートの配信前に、そのコンテンツがブランドセーフであることを、ブランドセーフティに関するポリシーに照らして確認することを目的としています。プロフィールに基づく広告は、プロフィールが広告にとって安全であると判断される場合にのみ配信されます。アカウントのコンテンツや行動、そしてブランドセーフティに関するポリシーに準拠していないことを根拠に、個人ユーザーのプロフィールに基づく広告の配信をブロックする場合もあります。

キーワードターゲティングの制限事項
Twitterでは、ポジティブキーワードターゲティングのパラメーターとしての使用が禁止されているキーワードの拒否リストを世界規模で管理しています(こうしたキーワードに関連付けられているオーディエンスは、ネガティブキーワードターゲティングを通じて除外される場合もあります)。継続的に更新されているこの拒否リストには、大多数のブランドが安全でないとみなすさまざまなキーワードや、Twitterの広告ポリシーでターゲティングが禁止されているキーワードが記載されています。Twitterのキーワードターゲティングのポリシーについての詳細はこちらをご覧ください。

オーディエンスのフィルタリングと検証
Twitterでは収益目的のオーディエンス内で自動化の疑いのあるアカウントを除外し、正当な広告トラフィックの確保に努めています。また、MRCの認可を受けた複数のサードパーティーとの統合を通じた再生率測定サービスも提供しています。

プライベートな会話
Twitterは公共のプラットフォームであり、私たちはTwitterポリシーやプラットフォームの機能を通じて、この開かれた環境の健全性を維持すべく取り組んでいます。ダイレクトメッセージは、送信者と(最大で50人の)受信者にのみ送信されるプライベートなものですが、Twitter上のユーザーまたはコンテンツであることに変わりはないため、Twitterルールの適用対象となります。ダイレクトメッセージによる会話では、会話の相手の違反を報告した場合、Twitterは違反者が報告者にメッセージを送信できなくなるようにします。また、報告者の受信トレイから当該会話が削除されます。Twitterでは、報告や行動についての審査を適宜実施しています。

 

透明性と測定

2012年7月以来、年2回発行している「Twitterの透明性に関するレポート」を通じて、Twitterに寄せられる法的請求、知的財産に関する異議申し立て、Twitterルールに基づく強制的対応、プラットフォームの操作、メールのプライバシーに関するベストプラクティスについて、その動向を公表しています。報告書をご覧いただくと、Twitterが請求に対してどのような対応をしたのかも分かります。最新の報告書はこちらをご覧ください。

広告における透明性も、Twitterの基本的信条の1つです。Twitterでは、広告主様の目的に応じた測定ソリューションやサードパーティーの調査を通じて、広告キャンペーンにおけるパフォーマンスの透明性の向上に取り組んでいます。私たちの目標は、広告主様に測定ソリューションを提供し、広告キャンペーンがマーケティングやビジネスの目標実現にどのように役立っているか理解していただくことです。測定ソリューションの詳細については、こちらをご覧ください。

 

Twitterのこれまでの健全性への取り組み

Twitterではここ数年にわたり、健全性とブランドセーフティに関する取り組みを大幅に改善しました。Twitterにとって健全性は常に最優先で取り組むべき課題であり、その取り組みは進化し続けています。この数年間に行った大幅な変更の一部を以下にご紹介します。

2020年

9月

  • 投票の抑制や、その他の市民活動の阻害につながるおそれのある方法でTwitterを悪用する行為に対し、より効果的に対処できるように、市民の清廉性に関するポリシーの適用範囲を拡大しました。選挙やその他の市民活動において、投票率を低下させたり、市民の信頼を損ねたりすることを目的とした誤情報や誤解を招く情報について、今後はこれにラベルを表示するか、またはこれを削除します。
  • Twitterは、TAG(Trustworthy Accountability Group)の新しいBrand Safety Certified Programの一環であるBrand Safety Certified Sealを、その発足時から保持する企業の1つであり、このことは、英国においてブランドセーフティのため、業界が設けた規制の枠組みの順守に必要なすべての要件を、Twitterが満たしていることを示しています。

8月

  • Twitter透明性センターを導入し、これまで「Twitterの透明性に関するレポート」で共有してきた情報よりもさらに多岐にわたるトピックに基づいて、Twitterの取り組みを紹介しています。ここでは情報開示請求、削除請求、著作権に関する通知、商標に関する通知、メールのセキュリティ、Twitterルールに基づく強制的対応、プラットフォームの操作、国家が支援する情報操作について、直感的でインタラクティブな手法を用いて情報を公開しています。また、さまざまな活動をコンテンツの種類や地域ごとに分類したレポートも新たに導入しました。
  • 会話の健全性を高め、Twitterをすべてのユーザーにとって安全な場所にするという目標に向けた取り組みの一環として、Twitterでは、ユーザーが自身のツイートに返信できるアカウントを選択することで、会話をより管理できるようになる新たなツイートの設定を公開しました。
  • 米国、英国、フランス、ロシア、中国の国家当局関係報道機関や公式代表者に帰属するアカウントのラベル付けを開始しました。また、国家当局関係報道機関のアカウントは、Twitterのタイムライン、通知、検索において、今後はおすすめアカウントとして表示されなくなります。

7月

  • 差別的言動や暴力的な内容を含むウェブサイトへのリンクに対処するため、Twitterポリシーの適用範囲を拡大しました。私たちは、Twitterルールに違反するツイートを削除する取り組みに相応した方法でこうしたリンクをブロックし、外部ソースに由来するTwitter上の有害コンテンツを抑制することを目指しています。

6月

  • 国家が支援する情報操作に関するTwitterアーカイブ内にある、3万件を超えるアカウントに関する情報を新たに開示しました。こうした情報開示の取り組みは、業界で他に例がありません。今回公開された、明確な情報操作が認められる3つの事例には、中華人民共和国(PRC)、ロシア、トルコがそれぞれ関与しているものと思われます。

5月

  • ツイートに返信したり、会話に参加したりできるユーザーを選択できる新しい設定のテストを開始しました。
  • 真偽が問われている情報や誤解を招く情報を含むツイートについて、背景情報などの補足情報を提供する新しいラベルや警告メッセージを導入しました。

3月

  • 年齢、障がい、病気を理由に、相手の人間性を否定する言葉使いを禁止するため、相手の人間性を否定する発言に対するTwitterルールの適用範囲をさらに拡大しました。

  • 世界および地域の信頼できる公衆衛生情報源に基づく、新型コロナウイルス感染症に関するガイダンスを直接否定するコンテンツに対処するため、危害についての定義を拡大しました。

2月

  • 一般から寄せられたフィードバックに基づき、合成された情報と操作されたメディアに関するポリシーを公開し、こうしたコンテンツを特定した際の取り扱いの要綱を提示しました。

1月

  • 新型コロナウイルス感染症について、公共の会話を保護し、ユーザーが信頼の置ける医療情報を見つけられるように、新型コロナウイルス感染症に特化したトピックが検索画面に表示されるようにしました。この取り組みは常に進化し続けています。最新の情報についてはこちらをご覧ください。

2019年

12月

  • Twitterプライバシーセンターを公開し、ユーザーが共有する情報を保護するためにTwitterが実施している取り組みについて、より明確な情報を提供しています。企業は、自社の個人情報の取り扱いに信頼を寄せるユーザーに対して説明責任を果たし、情報を保護するだけでなく、その方法を説明する義務も負う必要があると私たちは考えています。

11月

  • 政治に関するコンテンツをプロモーションすることを全世界で禁止する決定を下しました。この決定は、政治に関するメッセージのリーチは購入するものではなく獲得するものであるという信念に基づいています。

  • ツイートへの返信を非表示にするオプションを全世界のユーザーに公開しました。

  • TwitterがDTSG Good Practice Principles(DTSG善良実務原則)に対する認定をJICWEBSより受けました。

  • 合成されたメディアや操作されたメディアに対処するための新しいルールについて、フィードバックを一般に募集しました。

10月

  • 世界の指導者からのツイートの報告の確認について、その原則と取り組みを明確化しました。

  • 2019年上半期を対象とした最新の透明性レポートを公開しました。

  • 検索結果に対するブランドセーフティを向上させるため、24時間365日にわたるトレンドトピックの内部監視を開始しました。

8月

  • 国家当局が管理する報道機関の広告を今後は受け付けないよう、広告ポリシーを更新しました。

7月

  • 一般から寄せられたフィードバックに基づき、宗教を理由に相手の人間性を否定する発言を禁止するポリシーを公開しました。

6月

4月

  • 公共の会話の健全性の改善を企業としての最優先課題に掲げてから1年が経過したことを踏まえ、取り組みの進捗状況に関する最新情報を公開しました。

2018年

10月

  • 2016年以降にTwitterサービス上で確認された、情報操作の疑いのある事例に関与したすべてのアカウントと関連するコンテンツを公開しました。Twitterではこれを皮切りに、国家が支援する情報操作に関する公共アーカイブの情報開示を数多く実施しています。

9月

  • 相手の人間性を否定する発言を禁止対象に含めるためのポリシーの適用範囲拡大に先立ち、一般からのフィードバックを募集し、ルールの改正にあたりその意見を考慮しました。

5月

  • Twitterでは、収益目的のオーディエンスに紛れた自動化の疑いのあるアカウントを除外することを決定したため、こうしたアカウントに広告が配信されることはありません。自動化アカウントを特定する方法に関する詳細はこちらをご覧ください。

3月

  • Amplifyプレロールの収益を得るすべてのパブリッシャーコンテンツを、24時間365日にわたり人の目で確認する取り組みを開始するとともに、同プログラムを対象とした最新のブランドセーフティに関するポリシーを公開しました。

  • ジャック・ドーシーが、安心して利用できる環境作りへの決意表明と取り組みを公式に発表しました。

 

機会

Twitterは、効果が測定できるブランドセーフな広告配信の重要性を認識しており、広告主様が利用できる管理機能、Twitterの測定機能、サードパーティーによる広告レポート機能の拡充を図る機会を積極的に模索しています。

始めましょう