Twitterのフォロワー数を増やすには: 基本ガイド

Camilla Dudley
Camilla Dudley
ベストプラクティス

ブランドがオーディエンスとつながるためにTwitterは最適です。Twitter利用者の53%は、新しい商品をいち早く購入する可能性が高いからです。1

Twitter上のオーディエンスが増えると、単にブランドの人気が高まるだけでなく、より多くの効果があります。企業は見込み客からの信頼を得やすくなり、業界において存在感を高めることができます。また、現在のお客様、見込み客、そして競合他社に、本格的なブランドであることを示せます。

では、ブランドがオーガニックツイートでTwitterのフォロワーを獲得する方法を考えましょう。以下に、シンプルなヒントを7つ示します。

関連があり役立つコンテンツを共有する

利用者は会話に参加し、興味のあるコンテンツを見つけるためにTwitterにやって来ます。そのため、フォロワー数を増やすには、セール情報、商品のチュートリアル、現在開催中のイベントなど、オーディエンスの興味を引き、コンテンツの価値が際立つツイートをする必要があります。

どんなコンテンツを公開すればよいかが分からない場合、Twitterアナリティクスを活用すると、オーディエンスがどのようなコンテンツに最も興味を示しているかを確認できます。

[話題を検索] ページをチェックし、業界やオーディエンスに関連するキーワードやハッシュタグを使うことにより、トレンドトピックを活用しましょう。トレンドトピックをTwitter戦略に取り入れる方法については、こちらでさまざまなヒントを紹介しています。

ビジュアルコンテンツを投稿する

Twitter利用者の97%がビジュアルを重視しているため2、メディアを追加すると目を引くツイートを作成することができます。さまざまなビジュアルや動画を追加して、コンテンツをさらに魅力的で記憶に残るものにしましょう。

Twitterで画像を使用する際にすべきことと、すべきでないことこちらからご確認ください。

ツイートに一貫性を持たせる

一定の頻度で発信し、オーディエンスが期待し、待ち遠しくなるようなコンテンツにすることが大切です。コンテンツカレンダーを作成して計画を練り、重要なシーズンやイベント中に必ずツイートしましょう。

計画を始める方法については、「オーガニックツイートのスターターキット」と「ツイートブレインストーミングキット」をダウンロードしてご覧ください。

他の利用者と交流する

Twitterで大切なのは、つながりをつくることです。ツイートするだけで終わらないでください。同じ業界の他の利用者をフォローし、インフルエンサーをリツイートし、コミュニティ内のオピニオンリーダーと関わり、@ツイートやお客様に返信することにより、エンゲージメントを高め、つながりを深めることができます。

可能な場所すべてでTwitterユーザー名をプロモーションする

ブランドをできるだけ人目につくところに配置しましょう。自社のウェブサイトに [フォロー] ボタンを追加し、メールの署名やニュースレターにTwitterプロフィールへのリンクを含めましょう。また、名刺やメニューなど、アナログの媒体でもブランドをプロモーションしましょう。

既存のお得意様に働きかける

お客様のメールを活用して、既にTwitterを使っている既存のお客様を見つけることができることをご存知でしたか?既存のメール連絡先をアップロードし、アカウントをフォローして、Twitterを通じて交流できるようになったことを知らせましょう。

フォロワー数キャンペーンを実施する

オーガニックツイートでフォロワーを増やすことと並行して、フォロワー数キャンペーンを実施することで、フォロワー数の増加を加速できます。フォロワー数キャンペーンでは、ターゲットオーディエンスに対してアカウントのプロモーションを行うことができ、利用者が広告を見た後でフォローした場合にのみ料金が発生します。

短期的な広告キャンペーンを実施して、フォロワー数の増加を後押しするか、長期的な広告キャンペーンを実施して、常に一定数の新規フォロワーを獲得するか検討しましょう。

ブランドのTwitterフォロワーを増やすには、試行錯誤と時間が必要ですが、長い目で見れば大きな見返りが期待できます。Twitterでフォロワーを獲得する方法を学んだ後には、@TwitterBizJPをフォローして、存在感を高める方法に関するその他のヒントをご覧ください。

出典一覧

1. 出典: Kantar、『News Discovery & Influence on Twitter』(2017年、グローバル)。

2. 出典: Kantar Millward Brown、『"Why Twitter" Competitive Research』(2017年)。

Twitter広告を始めませんか?