お問い合わせ先

Twitter広告ヘルプセンターで詳細を確認できます。

Twitter広告の仕組み

Twitterは、利用者の役に立ち興味を引くと思われる広告を表示しようと努めています。ここでは、Twitter広告の仕組み、特定の広告が表示される理由、アカウントのプライバシー設定、その他のオプションについて概要を説明します。


Twitter広告とは何ですか?

Twitterでは、プロモツイートプロモアカウントプロモトレンドなど、さまざまな種類の広告が表示されます。これらの広告は、利用者がTwitterにログインしているときまたはログアウトしているときに表示されます。広告は「プロモーション」アイコンによって他のツイートとはっきり区別できます。これらのプロモコンテンツのほとんどに対して、通常のコンテンツとほぼ同じようにアクションを行えます。他のTwitterのコンテンツ同様、フォロー、いいね、リツイートなどの反応をすると、そのコンテンツとともにアカウントの名前がフォロワーに表示されます。


特定のTwitter広告が表示される理由

利用者がTwitter上で行ったアクティビティ、Twitterに提供した情報、Twitterと広告パートナーとの関係はすべて、利用者の興味を反映したプロモコンテンツを表示するのに役立ちます。

Twitterでフォロー、ツイート、検索、閲覧、ツイートまたはTwitterアカウントへの反応などを行うと、それに基づいてTwitter広告がカスタマイズされます。たとえば、特定の用語を検索すると、そのトピックに関連したプロモコンテンツが表示されます。また、プロフィール情報、モバイル端末の位置(位置情報サービスが有効な場合)、IPアドレス、端末にインストールされているアプリなど、アカウントに関する情報を使って広告をカスタマイズすることもできます。これによって、利用者がいる場所に対応した広告や利用者の興味が高そうな広告を表示できます。

ハッシュ化されたメールアドレス、モバイル端末の識別情報、ブラウザ関連の情報(ブラウザのCookie ID)など、Twitterと関連会社が収集する情報や広告パートナーによって共有された情報に基づいて、Twitterが広告をカスタマイズすることもあります。

これらの情報は利用者が興味関心を示したものに応じて、利用者の好むブランドや企業の広告をTwitterで表示するのに役立ちます。たとえば、利用者が普段見るウェブサイトの企業やニュースレターを購読しているブランドの特典や宣伝を含むプロモツイートが表示されることがあります。また、こういった企業がプロモアカウントとして [おすすめユーザー] に表示されることもあります。カスタマイズされた広告のプライバシー制限についての詳細は、こちらをご覧ください。


プライバシー設定を変更する方法

Twitterでは、個人情報の利用方法を利用者が選択できます。

  • 利用者の興味関心に基づく広告をTwitter内外で表示させたくない場合は、いくつかの方法でこの機能をオフにできます。

    • Twitterの設定で [カスタマイズとデータ] 設定に移動して、[広告をカスタマイズ] 設定を変更します。

    • twitter.comを閲覧している場合、ブラウザでoptout.aboutads.infoを開き、Digital Advertising Allianceによる消費者選択ツールを使って、Twitterからの興味関心に基づいた広告配信を停止します。

  • 現在のモバイル端末のTwitter for iOSで興味関心に基づく広告を表示したくない場合は、iOSの [追跡型広告を制限] の設定をオンにします。 
  • 現在のモバイル端末のTwitter for Androidで興味関心に基づく広告を表示したくない場合は、Androidの [広告のパーソナライズをオプトアウトする] の設定をオンにします。

注記:Twitterアカウントのウェブ設定を表示または変更する場合は、必ずログインした状態で行ってください。ログアウトした状態で設定を変更すると、そのブラウザでTwitterにログインしていない間の動作のみが変更されます。Twitterモバイルアプリなどでの [カスタマイズとデータ] 設定の利用方法については、こちらをご覧ください。

  • Twitterはサードパーティーの広告プロバイダー(Googleを含む)とも連携し、興味関心に基づいた広告配信などを通じて、Twitter独自のサービスを宣伝したりTwitter広告主に代わって広告を配信したりします。ここで説明しているプライバシー設定は、Twitterが実施するかTwitter上で実施される興味関心に基づいた広告配信に適用され、Twitter以外の他社による広告配信(Twitterに代わって行われる広告配信を含む)には適用されません。他社からの興味関心に基づいた広告の受け取り停止の詳細については、optout.aboutads.info www.networkadvertising.org/choicesをご覧ください。またウェブブラウザでは、GoogleのオプトアウトアドオンをインストールしてGoogleアナリティクスをオフに、Googleの広告設定を使用して興味関心に基づいたGoogle広告をオフにできます。

  • また、Twitterはサードパーティーの広告プロバイダー(Google Doubleclick Bid ManagerThe Trade DeskGroupM UK LimitedCriteoを含む)とも連携し、Twitter for iOSやTwitter for Androidに広告を配信します。こうしたパートナーからの興味関心に基づいた広告をTwitterに表示するかどうかは、上記のように、Twitterの設定やモバイル端末の設定を使って管理できます。広告パートナーが興味関心に基づいた広告をTwitterや他のサービスに表示する場合、他の表示オプションを用意していることもあります。このようなオプションの詳細については、各パートナーのウェブサイトをご覧ください。Twitterは一部の広告パートナーについて、追加の表示オプションを用意しています。これら一部のパートナーについては、こちらをご覧ください。

  • また、ログイン時、ログアウト時にかかわらず、興味のないプロモツイートやプロモアカウントをいつでも「非表示」にできます。この設定はフィードバックされて、より適切なプロモコンテンツを表示するために利用されます。

最適なソリューションを活用しましょう