付加価値税情報

概要

  • VAT登録番号とは
    下向き矢印アイコン

    EU圏内のほとんどの企業は、付加価値税(VAT)を登録する必要があります。VAT登録番号(VAT ID)は、VATの徴収と税務当局への納付に使用される固有の識別番号です。登録が必要となる条件および登録手続きは、国によって異なります。

  • VAT情報を入力するにはどうすればよいですか?
    下向き矢印アイコン
    1. ads.twitter.comにログイン。

    2. 国およびタイムゾーンを選択。

    3. 最上部のナビゲーションバーにあるアカウント名をクリック。

    4. [アカウント設定] を選択。

    5. アカウントの用途として [ビジネス] または [個人(個人事業主除く)] を選択。

    6. VAT情報および住所を入力。

      Twitter広告の購入に際してVATが請求されるかどうかは、広告の購入がビジネス目的のためであるか、またその企業がどの国に所在しているかによって決まります。よくあるシナリオを以下にまとめています。

    1. 課税ステータスを [個人] に設定できないのはなぜですか?
      下向き矢印アイコン

      下記の国と地域では、Twitterは適切なビジネス関係者(Twitterが適切と判断するビジネス関係者)にのみ広告を販売しています。

      • アルバニア
      • アルジェリア
      • アンドラ
      • アゼルバイジャン
      • バハマ
      • ブルンジ
      • カメルーン
      • 中央アフリカ共和国
      • グアドループ
      • アイスランド
      • ケニア
      • マケドニア
      • マルチニーク島
      • モザンビーク
      • コンゴ共和国
      • レユニオン
      • セネガル
      • セルビア
      • スリナム
      • タンザニア
      • ポーランド
      • ハンガリー
      • ルーマニア
      • クロアチア
      • ブルガリア
      • チェコ

      上記の国と地域では、課税ステータスで [個人] を選ぶことはできません。適切なビジネス関係者が課税ステータスで [ビジネス] を選ぶには、次の要件を満たす必要があります。

      適切なビジネス関係者の定義: Twitterで自社の商品・サービスをプロモーションして経済的利益を得るために、Twitterのサービスを購入しているビジネス関係者を指します。個人的な目的でサービスを購入しているビジネス関係者は該当しません。EU指令に基づく適切なビジネス関係者の場合、VAT登録の義務はありませんが、上記の条件を満たさなければなりません。

    2. 国/地域: ヨーロッパ連合(EU)
      下向き矢印アイコン

      個人的な目的

      収集されるユーザー情報: 広告を購入する目的がビジネスなのか個人目的なのか。個人目的と回答した場合、VAT IDの入力は求められません。

      VATの請求: Twitter広告の購入は、アイルランドを拠点とするTwitter International Companyを通して行われます。2015年1月1日以降の支払いについては、EU法に沿って、ユーザーの所在国の現行標準税率でVATが請求されます。自動支払いを利用している場合は、VATを加算した料金が請求されます。2015年1月1日以前の支払いについては、アイルランドの法律に沿って、アイルランドの現行標準税率でVATが請求されます。
       

      ビジネス目的

      収集されるユーザー情報: 広告を購入する目的がビジネスなのか個人目的なのか。ビジネス目的と回答した場合、VAT IDの入力が求められます。所在地がフランスの場合、広告主の代理として購入を行っているかも尋ねられます。

      VATの請求: Twitter広告の購入は、アイルランドを拠点とするTwitter International Companyを通して行われます。アカウントにVAT税額が請求されることはありません。広告主様自身が所在地のEU加盟国の税率でVATを計算し、納税する義務があります。

    3. 国: アイルランド
      下向き矢印アイコン

      個人的な目的

      収集されるユーザー情報: 広告を購入する目的がビジネスなのか個人目的なのか。個人目的と回答した場合、VAT IDの入力は求められません。

      VATの請求: Twitter広告の購入は、アイルランドを拠点とするTwitter International Companyを通して行われます。アイルランドの法律に沿って、アイルランドの現行標準税率でVATが請求されます。自動支払いを利用している場合は、VATを加算した料金が請求されます。
       

      ビジネス目的

      収集されるユーザー情報: 広告を購入する目的がビジネスなのか個人目的なのか。ビジネス目的と回答した場合、VAT IDの入力が求められます。

      VATの請求: Twitter広告の購入は、アイルランドを拠点とするTwitter International Companyを通して行われます。アイルランドの法律に沿って、アイルランドの現行標準税率でVATが請求されます。アカウントをビジネス目的で使っているが、VAT13b免税の対象になっている場合は、そのように説明してください。VATを加算した料金が請求されます。

    4. 国: その他の国(米国以外、EU加盟国以外)
      下向き矢印アイコン

      個人的な目的、ビジネス目的の両方

      収集されるユーザー情報: 広告を購入する目的がビジネスなのか個人的な目的なのかについての情報は収集されません。VAT情報の入力も不要です。

      VATの請求: Twitter広告の購入は、アイルランドを拠点とするTwitter International Companyを通して行われます。所在地がEU加盟国以外の場合、アカウントにVAT税額が請求されません。所在国でVATを自分で計算する必要があるかどうかについては、現地の税務当局にお問い合わせください。

      TwitterがVATに関してアドバイスすることはありません。VAT登録に関するご質問については、自社の税務顧問または歳入監査官にお問い合わせください。


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。

    Twitter広告を使ってみる