広告アカウントのクレジット限度額

「クレジット限度額」とは、キャンペーンが停止されるまで、広告アカウントが費やすことができる上限予算金額です。

広告アカウントのクレジット限度額は、[請求履歴] タブで確認できます。次が表示されます。

  1. クレジット限度額合計
  2. クレジット限度額をどれくらい使用しているか

右の画像は$200.00のクレジット限度額を表示しています。


請求頻度

どれくらい請求されるかは、広告アカウントのクレジット限度額と、キャンペーンがどれくらいの早さでクレジット限度額の25% に達するかによります。たとえば、クレジット限度額が$200なら、クレジット限度額の25% は$50です。 

3つのシナリオに応じて、Twitterは自動的に請求を行います。

  1. 一日でクレジット限度額の25%以上を使用する。 この場合、その日のうちに請求が即座に行われます。たとえば、クレジット限度額が$200で、キャンペーンに一日で$50以上を使った場合、その日のうちに使用した金額分の請求が即座に行われます。 
  2. 一日でクレジット限度額の25%未満を使用する。 この場合、7日間ごとに請求が行われます。 たとえば、クレジット限度額が$200で、キャンペーンで一日に$0.00~$49.99を7日間連続で使用した場合、1日目から7日目までの合計金額が7日目に請求されます。 
  3. 支払額が日ごとに変わる。  たとえば、クレジット限度額が$200で、1日目にキャンペーンで$49.99を使用します(クレジット限度額の25%未満 )。そして2日目にキャンペーンで$55を使用します(クレジット限度額の25%以上 )。2日目に1日目と2日目の合計使用金額($104.99 + 税金)が、即座に請求されます。 

申し訳ございませんが、請求日を選択することはできません。上記のルールに基づいて、Twitterのシステムは自動的に請求を行います。 

請求が行われた期間は、課金期間と呼ばれています。[請求履歴] ページで、課金期間にアカウントに請求されたすべてのトランザクションを確認できます。このページでは、課金期間の正確な日付を確認できます。ページ内にあるPDF形式の請求書にも日付情報が記載されています。

クレジット限度額についてのよくある質問

  • クレジット限度額はどうすればわかりますか?
    下向き矢印アイコン

    アカウントのクレジット限度額を表示するには、広告アカウントにログインして [請求履歴] タブに移動します。 

    そのタブの左端にあるボックスで、(1)クレジット限度額と(2)使用したクレジット限度額を確認できます。 


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • クレジット限度額は引き上げることはできますか?
    下向き矢印アイコン

    Twitterは特定の条件に基づいて、クレジット限度額を自動的に増額しています。しかし、自動的に増額される前にクレジット限度額を増やす必要がある場合、ads.twitter.com/help からサポートに問い合わせることができます。Twitter広告サポートチームは、アカウントが一定の基準を満たしていれば、リクエストに対応できます。


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • なぜキャンペーンが停止中と表示されているのですか?
    下向き矢印アイコン

    キャンペーンがクレジット限度額に達すると、請求が行われ料金が支払われるまで、キャンペーンは [停止中] と表示されます。キャンペーンを再開するには、クレジットカードで請求額を支払います。 

    Twitterは特定の条件に基づいて、クレジット限度額を自動的に増額しています。しかし、自動的に増額される前にクレジット限度額を増やす必要がある場合、ads.twitter.com/helpからサポートに問い合わせることができます。Twitterチームは、アカウントが一定の基準を満たしていれば、リクエストに対応できます。

さらに請求情報やよくある質問を探していますか?

他のお支払いに関するページをご覧ください。クレジットカードへの請求の基本ルール | VAT税 | 広告主クーポン | Twitter広告の通貨


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。