政治に関するコンテンツ

このポリシーは、Twitterの有料広告商品に適用されます。

このポリシーについて

Twitterでは、政治に関するコンテンツを広告に掲載することを全世界で禁止しています。この決定は、政治に関するメッセージのリーチは購入するものではなく獲得するものであるという信念に基づいています。  

このポリシーの対象

Twitterでは、政治に関するコンテンツとは、候補者、政党、選出または任命された政府関係者、選挙、国民投票、住民投票、法律、規制、指令、または裁判に関する結果に言及するコンテンツであると定義しています。

このポリシーでは、投票の呼びかけ、財政支援の要請、上記の類の政治に関するコンテンツに対する賛成または反対意見など、政治に関するコンテンツへの言及を含む広告を禁止しています。

また、候補者、政党、選出または任命された政府関係者によるいかなる種類の広告も禁止しています。

このポリシーの適用除外

適用除外の条件を満たしたニュースパブリッシャーは、政治に関するコンテンツのポリシーで禁止されている広告主や政治に関するコンテンツに言及する広告を配信できますが、そうした広告主やトピックに対する賛成または反対意見を含めることはできません。

国によるこのポリシーの違い

米国では、以下の広告主は禁止されています。

  • PACおよびスーパーPAC
  • 501(c)(4)団体

このポリシーに関連する他のTwitterの情報

広告主様がこのポリシーに関して知っておくべき情報

Twitterのガイドラインを確認し、自社のブランドとビジネスで重視すべき要件をよく理解しておきましょう。Twitterに掲載されるすべてのプロモーションに関する責任は、広告主様が負うことになります。さらに、広告に適用される関連法令や規制に従うことも求められます。

アカウントまたはツイートが調査対象となっている広告主様で、調査の状況を確認したい場合または迅速な調査を希望する場合は、ads.twitter.comにログインし、広告管理画面右上の [お問い合わせ] をご利用ください。