TwitterでAmplifyプレロールを活用する6つのベストプラクティス

リズ・アルトン
投稿者 リズ・アルトン
Solutions

今日のメディアにおいて消費者は受け身ではなく、自分の好きなときに好きな場所を訪れ、能動的にコンテンツに触れています。マーケターはそうした人々の注意を引く方法を見つけ出さねばなりません。インストリーム動画広告を活用すれば、トップパブリッシャーの動画を見ている感度の高いオーディエンスとつながることができます。インストリーム動画広告はブランドを際立たせ、効果的にメッセージを伝え、これまでにない方法でストーリーとキャンペーンを見せるのに一役買ってくれます。

繰り返しになりますが、インストリーム動画広告キャンペーンは広告主のブランド認知を測る主要なデータでも良い成果が出ています。米国のNielsen Brand Effect社の調査によれば、インストリーム動画広告を見たTwitter利用者は、見ていない人に比べて、広告をもう一度再生する率が70%上がり、28%が広告主のブランドを認知し、購入の意思が6%高いというデータが出ています。

この記事では、Twitterでインストリーム動画広告を活用する6つのポイントを紹介します。

短い方が効果的

Twitterでは短めの動画の方が効果が高い傾向があります。 Kantar Millward Brown社との共同調査によれば、消費者の88%はインストリーム動画広告が15秒未満であることを望んでいます。広告主への親近感を最も高めるには6秒が最適です。

メッセージに焦点を当てる

6秒で大きなインパクトを与えるには、端的な表現が不可欠です。1つの動画に盛り込むべきコアメッセージは1つ。視聴者がインストリーム動画を見る時間は短いため、重要な1点だけに光を当てましょう。 新しい機能の紹介からオーディエンスがくすっとするジョークまで、とにかく方向性をぶれさせないことです。最初の3秒でシンプルなメッセージを伝える動画広告は、そうでないものに比べて、最後まで視聴される確率が13%も高くなります。

適切なコンテンツカテゴリーをターゲティングする

ブランドに合ったコンテンツカテゴリーをターゲティングします。たとえば、ファッションに関する広告であれば、ファッションショーのハイライトクリップの前に表示させた方がブランドデータ全体を通してパフォーマンスがよくなります。ブランドにフィットするコンテンツカテゴリーを選び、ターゲットとの関連性が高い広告を作成しましょう。Twitterの調査では、特定のターゲットに絞った広告の方が、ブランド好感度が40%、購入の意思が30%も高くなります。

ブランディングは大胆に

視聴者は、パブリッシャーの動画が始まる前に、インストリーム動画広告を見ることになります。ブランディングにより、視聴者は広告のメッセージに注目します。広告の最初の数フレームにブランドのロゴを入れ、動画の最後までそれを表示させます。Twitterの内部調査では、動画の最後までロゴを配置し続けた場合(画面上か下の隅など)、広告想起率は60%も高くなります。

映像で見せる — 音声はオフで

モバイルユーザーの多くは音声なしで広告を見ています。音声なしで広告主のメッセージを伝えるにはいつくかの方法があります。

  • ブランディングを明確に打ち出す映像を組みこむ
  • わかりやすく鮮明な映像作りを心がける
  • 動きのある、躍動感のある映像を
  • キャプションを工夫して興味をかきたてる

同時に複数配信も効果的

新たに作成したインストリーム動画広告と既存のTwitter動画広告キャンペーンを組み合わせることもできます。当社は電通イージス社(@DentsuAegis)、Kantar Millward Brown社(@K_MillwardBrown)と提携し、数種の動画広告の表示頻度が上ると(インストリーム動画広告+プロモビデオなど)、ファネル全体でブランドデータが向上することを発見しました。米国では、2つの動画広告が表示された場合、1つの動画広告の表示と比べて、広告想起が19%、ブランド認知度が4.7%、購入の意思が3.1%向上しています。

Twitterの内部調査では、以上のポイントがメッセージとブランドの想起率を向上させるという結果が出ています。では、インストリーム動画広告の準備ができましたか?キャンペーンを始めるにはこちら

 

Twitter広告を始めませんか?