スレッドの効果的な使い方

動画、GIF画像、ステッカー、写真など、1つのツイートで表現できることはたくさんあります。でもときには過去のツイートについて続報を伝えたり、関連するツイートをタイムラインの上位に再浮上させたいこともあるはず。そんなときは、ツイートのスレッド化が便利です。最新のアップデートにより、ツイートのスレッド機能がより使いやすくなりました。

スレッドを作る2つの方法について学び、Twitterの公式アカウントの1つである@TwitterOpenを例にスレッド作成のヒントを見ていきましょう。

スレッドを作る方法

1. [ツイート] ボタンをクリックして、新しいツイートの下書きを作成します。

2. スレッドの最初のツイートを作成します。[ツイートを追加] ボタンをクリックすると、2つ目のツイートウィンドウが表示されます。

3. スレッドに含めるすべてのツイートを追加し終わったら、[すべてツイート] ボタンで同時に投稿できます。また、[ツイートを追加] ボタンを使えば、過去のツイートにスレッドに追加することもできます。

1つのツイートをスレッドとして投稿すると、フォロワーにストーリーが続くという期待感をもたせることができるため、ライブイベントや話題の展開に適しています。また、複数のツイートを含むスレッド全体を同時に投稿することで、フォロワーに完結されたストーリーを見せることができます。これは、企業からの告知など、メッセージをコントロールして伝えたいときに有効です。ストーリーをさらにまとめたい場合は、貴社の(または他アカウントの)過去のツイートをカスタマイズしてTwitterモーメントを作成しましょう。

ツイートをスレッドで投稿する理由
 

驚かせ、引きつけ、魅せる

ツイートは簡潔かつ個別に作成し、各ツイートを連動させるのがベストです。上記を例にすると、1つ目のツイートから数時間後に2つ目のツイートを投稿して期待感を高め、その15分後に3つ目のツイートをしています。そうすると、投稿のたびにタイムラインの上位に表示されることになります。

以下の活用例では、スレッドで期待感を高めながらストーリーを展開しています。

@TwitterOpen — LGBTQコミュニティの支援に取り組むTwitterのリソースグループ — はカミングアウトデーを祝うスレッドをツイートしました。

彼らは複数のツイートでこの日の重要性について説明し、オフィシャルハッシュタグを作成しました。それぞれの投稿は独立したツイートですが、スレッド化することでより強いメッセージを生み出しています。理想的な使い方と言えるでしょう。このスレッドでは、ツイートごとにカミングアウトに対する応援メッセージの勢いが増し、強いメッセージで締めくくっています。メッセージが刺さったユーザーは、もしそれがスレッドの途中だったとしてもスレッドを遡って全体を読みたくなるというわけです。

タイムラインの上位に浮上させる/フォローアップ

ツイートを追加することで、過去のツイートをタイムラインの上位に浮上させるたり、フォローアップすることができます。

この例では、@TwitterOpenは投票機能を取り入れて金曜の午後をどう過ごしているかアンケートを取りました。一番多い回答は「疲れた」だったことから、@TwitterOpenはコーヒーの絵文字を交えて「Us too(私たちもです)」と返信しました。こうすることで、投票ツイートはユーザーのタイムラインの上位に再浮上し、より多くのユーザーに投票を促すことができるのです。絵文字を交えた返信はトーンを軽く、楽しくしてくれます。

投票終了後、投票ツイートに対して投票結果の感想を返信することができます。イベントをスレッドでライブツイートした場合は、イベント翌日に返信することで、楽しかったかどうかや、感想をユーザーに聞くことができます。また、スレッドのフォローアップをすることで、フォロワーに対して配慮をみせることができます。

スレッドを作成せずにツイートをフォロワーのタイムラインの上位に再浮上させるには、該当するツイートをリツイートしてください。

スレッドを上手に活用すれば、より大きな話題やモーメントを生み出す手段として役立ちます。Twitterの最新情報やヒント、商品アップデートについては、@TwitterBizJPをぜひフォローしてください。

 

 

Twitter広告を活用してビジネスをもっと広げましょう

Twitter広告はビジネスの目的に合わせて最適なプロモーションを設計できる、多数のキャンペーンをご用意しています。Twitter広告を御社のビジネスゴールの達成にぜひお役立てください。