データが語る5つのヒント:思わずスクロールの手が止まり、夢中になる動画とは

コンテンツ戦略に動画を組み込むことで、メッセージが印象深いものになり、エンゲージメントを向上させることができます。事実、動画を含むツイートは、動画なしのツイートの10倍超のエンゲージメントを引き出します。また、動画を含むプロモツイートは、エンゲージメントあたりのコストを50%以上削減できるというデータもあります。つまり、キャンペーンに動画を用いると、リーズナブルにプロモーションができる可能性もあるのです。**

優れた動画にはいったいどんな要素が必要なのでしょうか?いつまでも記憶に残る動画を作るために、以下のポイントを踏まえて作成してみましょう。

オーディエンスを惹きつける

最初の数秒で視聴者を惹きつけるには、興味をそそる設定や動きのある映像が必要です。

では魅力的な動画のためのアイディアをいくつかご紹介します。

  • 興味をひく設定
  • クローズアップショット
  • 好奇心を刺激するようなグラフィック
  • 素早い動きやアクション

ロゴを強調させる

動画の冒頭でブランドロゴや商品を示すことで、まずはブランドの印象を高めます。

人に注目させる

人は自然と人間の顔に引き付けられます。最初の数フレームに人を登場させることで、視聴率が劇的に上り、記憶力も2倍になることが証明されています。**

魅力的なストーリーを

初めに視聴者が抱いた疑問への答えがエンディングでわかるなど、視聴者がついてきやすいシーン展開になるように意識します。

キャプションを入れる

Twitter動画の93%がモバイル端末で視聴されているため、音声オフでも楽しんでもらえる戦略が重要になってきます。* 通勤通学時やカフェの列に並んでいてイヤホンを持っていないときなど、音声が聞けない状況で見たときにどうかを考えましょう。キャプションや視覚的な刺激を使って、視聴者を動画に引き込み、先に進めるよう促しましょう。

Twitterの動画コンテンツを活用したブランドの具体的な成功事例を見てみましょう。

化粧品メーカーの@glossierは短い動画の中で自社商品の使い方を実演しました。 展開される力強いストーリーをテキストが彩り、明快なブランディングがなされています。

眼鏡メーカーの@WarbyParkerは求人情報を公開する動画を作成。動画にはチームメンバーが登場し、キャプションが入り、楽しいストーリーが展開されます。

動画作成アプリ開発の@Animotoはインタビュー撮影のヒントを紹介する動画を作成。最初の数フレームには人を登場させ、視聴者の注意を引いています。また、キャプションをつけて理解しやすくしています。

視聴者の記憶に残りやすい動画を利用して、ぜひビジネスの認知度アップを図りましょう。

さらなるマーケティングのヒントについては、@TwitterBizJPをフォローしてください。

*Twitterの内部データ(2018年)
**Nielsen, DAN + Twitter Video Content Best Practices Research

 

Twitter広告を活用してビジネスをもっと広げましょう

Twitter広告はビジネスの目的に合わせて最適なプロモーションを設計できる、多数のキャンペーンをご用意しています。Twitter広告を御社のビジネスゴールの達成にぜひお役立てください。