マティアス・トンボリーニ

Twitterのフォロワーキャンペーンでインフルエンサーとしての地位を確立した執筆家

マティアス・トンボリーニ氏(@matiastombolini)は、アルゼンチンの著名な経済学者・教授・執筆家です。

キャンペーンの目的

トンボリーニ氏は、中南米の政治・経済に関するインフルエンサー(影響力のある有名人)としての地位を確立したいと考えていました。氏は元々、自分の意見を述べたり、同じトピックに関心のある人々と交流したりするのに、Twitterを頻繁に利用しています。

そこでフォロワーキャンペーンでそうしたオーガニックツイート(広告でない通常のツイート)を補完して、フォロワーの拡大とエンゲージメント(ユーザーの反応)の向上を図ることにしました。
 

オーディエンス

経済、社会、政治問題に関心のある中南米のTwitterユーザーをターゲティング

結果

7倍

業界標準に比較したフォロー率

成功のためのポイント

ツイート本文でメリットを簡潔に述べる

トンボリーニ氏は、ツイート本文で質問を投げかけると同時に、自分をフォローするメリットを伝えて、人々の注意を引きました。オーディエンス(広告配信対象となるTwitterユーザー)の意識が [フォロー] ボタンを押すことに向くように、ツイートに「フォロー」という言葉を含め、ハッシュタグや画像は省きました。そうしてツイートの内容をわかりやすく簡潔にすることで、最大限の成果が引き出されました。

フォロワーターゲティングで適切なオーディエンスに広告を表示する

トンボリーニ氏は、フォロワーターゲティングで自分の投稿に関心を示すと思われるユーザーにリーチしました。そのために、@CarlosMelconian、@andyfreire、@Cronistacomなど、氏とタイプが似ている著名人、識者、各種メディアをフォローしているTwitterユーザーをターゲティングしました。

効果的なオーガニックツイートでTwitter広告キャンペーンを後押しする

フォロワー数が増えるということは、興味関心が一致するオーディエンスが拡大しているということであり、彼らと徐々につながりを深めていくことができるということです。トンボリーニ氏は、予約投稿ツイートと、最新の政治トピックを扱うリアルタイムのツイートの両方を共有して、多くのフォロワーと交流しました。充実した内容のオーガニックツイートが追い風となり、結果として氏のフォロワーキャンペーンは大成功を収めました。

Twitter広告を始めませんか?