10代の若者によるインストール数の増加に成功した教育アプリ

Aceable(@Aceable)は、iPhoneまたはiPadで自動車教習を受けられるアプリを開発した教育コンテンツ関連企業です。このアプリは現在、テキサス州の若者向け自動車教習カリキュラムとして公式承認され、他の州への拡大も計画中です。また、事故防止運転などの追加コースについても検討しています。

キャンペーンの目的

キャンペーンの目的

Aceableは、自動車教習について話題にしているユーザーと繋がり、教習カリキュラムを便利かつ楽しい方法で修了できるというサービスのメリットを広く伝えるために、Twitter広告を使い始めました。

その後、告知対象である10代の若者に対して自社のアプリのインストール数を増やすために、アプリインストールキャンペーンを開始しました。

オーディエンス

テキサス州在住の10代の若者をターゲティング

結果

33%

Twitterを使った場合のコストパーインストールの削減率(競合他社に比較)

「実際のユーザーの写真を使用したので、情報がよりリアルで魅力的なものになりました。」

— ブレーク・ガレット氏(Aceable設立者)

成功のためのポイント

ユーザーの声を載せる

ユーザーの声を載せる

Aceableは、様々な情報の伝え方を試して、どのようなアプローチがアプリのインストール増に効果的なのかを調べてきました。成功した方法の1つは、ユーザーからコンテンツを集めるというものでした。たとえば、10代の若者に免許試験に合格した後でDMV (運転免許試験場) の外で撮った、喜びのセルフィー写真を共有するように依頼しました。Aceable は、ユーザーの許可を得た上で、それらの写真をアプリインストールカードに使用しました。

リアルタイムで確認する

Aceableは、画像やキャッチコピーが異なるアプリインストールカードを複数使用して、いくつかのキャンペーンを並行して行いました。どのカードのパフォーマンスが最高であったかを特定するために、毎日1度か2度、キャンペーン管理画面を確認して、Twitterのリアルタイム分析を活用しました。次に、費用対効果が最も良かったカードに重点的に予算を追加して、ROIを最大化しました。こうすることで、予算を最も効率的に利用することができました。

適切なメディアを選ぶ

適切なメディアを選ぶ

Aceableは、アプリインストールカードを使ったTwitter広告をどうターゲティングして配信するか検討しました。そこで、ユーザー名ターゲティングを使用して、10代の若者に人気のある特定分野のコンテンツメーカー(@SMOSH@CameronDallasなど)を設定し、それらのフォロワーに似たユーザーにリーチしました。アプリの教習カリキュラムは新しいドライバー向けなので、成功するためにはより若いオーディエンスにリーチすることが重要でした。

Twitter広告を始めませんか?