親しみやすいツイートやゲーム関連情報を積極的に投稿。ファンとのコミュニケーションを大切にするゲームソフト開発会社のTwitter活用術

各種ゲームソフトの企画・開発・販売を中心とするビジネスを手掛ける「株式会社ライドオンジャパン」。家庭用ゲーム機向けのゲーム発売をきっかけにTwitterアカウントを立ち上げた同社に、運用方針や広告を利用する目的について伺いました。


- まずは、御社が手掛けるビジネスやターゲット層についてお聞かせください

弊社は、RPG(ロールプレイングゲーム)を中心に、ゲームソフトの製作・販売を行っています。ターゲット層はもちろん、日頃からゲームをプレイする習慣がおありの方々。中でも、ドット絵で描かれたレトロなグラフィックがお好きな方々が中心です。最近は、ドット絵がさらにきれいになったり、ドット絵と3Dの背景が混合したゲームをリリースしました。若い方には新しく、古参のプレイヤーには懐かしく感じていただけたら幸いです。

- 御社がTwitterを利用する理由について教えてください

ユーザーの方々と交流するために、プラットフォームとして利用しています。最近は、ゲーム機とTwitterの連携機能を利用してツイートされる方が増えているのが印象的です。そうした投稿には、積極的に「いいね」したり、リツイートしたりするよう心がけています。

- アカウント立ち上げのきっかけはなんですか

2014年に初めて、ニンテンドー3DSでゲームを発売したことがきっかけです。それまではスマートフォンやガラケー向けのゲームを開発していましたが、以降は家庭用ゲーム機でも作品を継続してリリースすることに。宣伝の重要性を感じて、SNS運用を始めました。

お話をいただいた株式会社ライドオンジャパン 斉藤淳美 様と ホシクイ

 

- アカウントの運用体制や運用方針について教えてください

現在は、広報担当の私が基本的に1名で運営しています。ただし、ゲームに関する最新情報を投稿する際は、社長やプロデューサーにも相談するという形です。業務とは関係ないツイートを交えつつ、フォロワーとの会話を楽しめるよう心がけて運用しています。トレンドワードや「○○の日」などのネタを盛り込むことが多く、ゲームに関連するツイートがない日もあります(笑)。

- そうした運用を続ける中で、ツイートを見てくれる人が増えたという実感はありますか?

結構ありますね。フォロワー外の方から「いいね」などのリアクションをいただいたり、フォローしていただける機会が増えました。あまり企業らしさを出しすぎず、あくまで1ユーザーとしてゲームの攻略情報や個人的なツイートを発信していきたいです。また、いただいたコメントの文体に雰囲気を寄せたり、極力早めに返信したりすることも心がけています。

-反響が大きいツイートの傾向があれば教えてください

やはり、最も反応が良いのは新しいゲームの情報です。昨秋に発売した新作の情報をツイートした際は、100以上の「いいね」をいただけて、とても嬉しく思いました。「#○○の日」などのハッシュタグとゲームのキャラクターや情報をリンクさせた投稿も、リアクションが多い傾向です。

- Twitter広告を利用された理由はなんですか

Twitterアカウント運用の公式セミナーに参加させていただき、広告のクーポンをいただいたことがきっかけです。ちょうど新作ゲームを発売するタイミングだったので、ダウンロードページに誘導する広告を配信したら、インプレッションやアクセスが増えました。また、フォローされていないユーザー認知を上げるために、ツイートが自動的に広告として配信されるオートプロモートも利用しています。1日に1~2人程度、フォロワーが増えているようです。

- 今後、チャレンジしたいことはありますか

セミナーで紹介していただいたアンケート機能を利用してみたいと思います。多くのユーザーを巻き込んで、積極的にコミュニケーションを楽しみながら運用していけたら幸いです。

- ありがとうございました

Twitter広告をもっと活用する

Twitterなら、御社のメッセージをあらゆる形で伝えることができます。他社の活用事例を参考に、御社にあった活用方法をぜひ見つけてください。