Amplifyプレロールパブリッシャープログラムに関するよくある質問

新型コロナウイルス感染症に関する更新

[2020年6月12日(金)午前10時(東部標準時)] 新型コロナウイルス感染症のパンデミックに関連するTwitterポリシーを改訂しています。新型コロナウイルス感染症のパンデミックに焦点を当てたコンテンツ(感染率や死者数、その他の慎重な扱いを要するトピックを含みますが、これらに限定されません)は、現在もなおセンシティブであるとみなされるため、こうしたコンテンツで収益を得ることは禁止されています。この指針は、話題性のあるコンテンツにも適用されます。

新型コロナウイルス感染症に関連する副次的なテーマおよび議論(地域の閉鎖の解除、ビジネス、スポーツ活動の再開を含みますが、これらに限定されません)については、Amplifyパブリッシャープログラムを通じて収益が得られるようになりました。

広告の隣接に関する懸念が高まっていることを受け、Twitterでは収益目的の動画の関連ツイートの本文において新型コロナウイルスや新型コロナウイルス感染症について言及することを禁止しています。この禁止事項については、前回のTwitterポリシーの更新以降の変更はありません。

Twitterは、センシティブであるとみなし得る、あらゆる新型コロナウイルス感染症関連コンテンツ(動画およびその関連ツイート)の収益化を停止する権利を留保するものとします。また、以下に記載するその他すべてのポリシーも適用されます。

[2020年3月20日(金)午後2時(東部標準時)] Twitterでは、新型コロナウイルス感染症のパンデミックはセンシティブな出来事とみなされます。そのため、COVID-19パンデミックについて議論したり、焦点を当てたりしているコンテンツは、Amplifyパブリッシャープログラムを通じた収益受け取りの対象外となります。この指針は、話題性のあるコンテンツにも適用されます。

 

 

広告の安全性におけるコンテンツガイドライン

Twitterで動画コンテンツを共有するパブリッシャーは、毎日繰り広げられる会話を推進してくれる大切な存在です。Amplifyパブリッシャープログラムは、Twitter上の動画コンテンツで収益を簡単に得られるよう、また、広告主にとっては、ブランドセーフなコンテンツとマッチングできるように作られたプログラムです。すべてのパブリッシャーコンテンツが、Amplifyパブリッシャープログラムを通じた収益の受け取りに適しているわけではありません。以下に記載するガイドラインでは、パブリッシャーが理解を深めることができるように、どのようなコンテンツが収益の受け取りの対象外となるかを説明しています。

Amplifyパブリッシャープログラムを通じて収益を得るすべての動画およびその関連ツイートは、以下のガイドラインに準拠している必要があります。Twitterは、広告主にとって不利益になるとTwitterが判断したコンテンツに広告を表示しない権利、ならびにそのコンテンツの収益化を停止する権利を留保するものとします。

 

 

収益目的のパブリッシャーコンテンツの審査方法

審査にあたっては、以下の通り、収益を得るツイートを構成するあらゆる要素が考慮されます。

  • 動画コンテンツ
  • ツイート本文
  • 音声
  • 画像
  • テキストオーバーレイ
  • 状況

Amplifyパブリッシャープログラムを利用し、動画およびその関連ツイートによって収益を得る場合、以下のガイドラインを遵守してください。 

以下のカテゴリーに記載されているコンテンツは、収益受け取りの対象にならないコンテンツの例です。

  • 成人向けの性的なコンテンツ
  • 著作権と商標
  • ヘイト表現を伴うコンテンツや過激主義のコンテンツ
  • 過激で攻撃的な言葉使い
  • 法律で禁止または規制されている商品とサービス
  • センシティブなコンテンツ
  • スパムおよび悪意ある詐欺的コンテンツ
  • 暴力描写を含むコンテンツ、不快なコンテンツ、刺激の強いコンテンツ

こうしたカテゴリーに関する詳細については、「ブランドセーフティに関するポリシー」をご覧ください。

 

上記のガイドラインに明らかに違反するコンテンツが含まれている動画や、プログラム利用規約の違反が認められる動画で収益を得ている広告主様のアカウントには、Twitterの「三振法」が適用されます。ストライク数によって以下のように制限されます。

  • 1ストライク: その動画から収益を得られなくなり、Media Studioに警告メールが送られます。
  • 2ストライク: その動画の収益受け取りを解除され、他の動画からの収益受け取りも1週間停止されます。
  • 3ストライク: Amplifyパブリッシャープログラムを解除され、以後6か月間、動画から収益を受け取ることができなくなります。

 

 

プログラムへの参加に関するよくある質問

どうすればプログラムに参加できますか?

現在、Twitterのパートナーマネージャーが担当しているパブリッシャーのみがAmplifyプログラムに参加することができます。参加申請書の提出にご興味をお持ちの場合は、パートナーマネージャーまで直接お問い合わせください。

プログラム参加の条件はありますか?

  • 18歳以上に限ります。
  • 凍結などされていない、正常な状態のTwitterアカウントが必要です。
  • 認証バッジが必要です。
  • 「広告の安全性におけるコンテンツガイドライン」(上記参照)に従って、ブランドセーフなコンテンツを公開する必要があります。 
  • Twitter動画パブリッシャーとしてアクティブである必要があります。
  • 承認されたら、Twitterのコンテンツガイドラインを遵守し、プログラムの利用規約に同意する必要があります。

支払い先の登録方法を教えてください。

利用規約に同意すると、お支払い情報の入力画面に移ります。

支払い方法にはどのようなものがありますか?

銀行振り込み、ACH送金、PayPalのいずれかの方法を選ぶことができます。Media Studio設定時にお支払い方法を選択できます。

いつ、どのように支払われますか?

広告収入は月末締めの60日後払いで支払われます。たとえば、6月分の広告収入は8月末に支払われます。広告収入は自動的に送金され、お支払い情報に登録されたメールアドレスにメール通知が届きます。

消費税に関する情報の入力方法を教えてください。

認証のために該当する消費税の情報を入力する必要があります。入力する会社名は、現地当局への提出書類に記載される名称と同一である必要があります。(例: 正式名称はInc.またはIncorporated.のどちらであるか確認)

請求書は送付されますか?

請求書は送付されません。広告収入が支払われた時点でメール通知が送信されます。メールには投稿者のアカウントID、広告収入金額、請求日が記載されています。処理が終わると、Media Studioの [収益を得る] タブにも広告収入が表示されます。

支払い画面が表示される前に広告収入についての情報を得られますか?

[アナリティクス] タブで広告収入の概算を表示できます。反映されるのは2日後になります。この金額は推計値であり、最終的なお支払い額と差異が生じる場合があります。詳細はパートナー規約をご覧ください。

ユーザー名ごとに情報を入力しなければならないのはなぜですか?個人ではなく組織として支払いを受けられますか?

ユーザー名ごとにお支払い先を設定する必要があります。Media Studioを使って自分のアカウントに管理者権限を割り当てることで、専用の認証情報を使って各ユーザー名のアカウントを利用できるようになります。

支払いについての情報にアクセスできるのは誰ですか?

そのユーザー名の認証情報を持っている投稿者です。支払い先の情報は入力後に非表示となり、支払い手続きは第三者機関の手で行われます。支払い手続きを管轄するTwitterの財務部が、ビジネスの手続きをサポートするために支払い情報を確認することがあります。

まだ支払われないのはなぜですか?

支払いが処理されるのは、100米ドル(または現地市場でそれに相当する金額)からです。広告収入額が100ドル以上に達した時点で、支払いが行われます。

支払いに関する問い合わせ先を教えてください。

未処理のお支払いの最新状況は、Twitterまでメール(contentpaymentsupport@twitter.com)でお問い合わせください。

 

 

投稿に関するよくある質問

どうしたら動画で収益を得られますか?

動画をアップロードする際に、[この動画で収益を得る] チェックボックスをオンにして、本プログラムにオプトインします。動画の内容を表すカテゴリーを1つ選択する必要があります。

動画を投稿するたびにオプトインしなければなりませんか?

いいえ。プログラムにオプトインする動画はパブリッシャーが選択できます。動画ごとに選択することも、アカウント設定で基本設定にしておくこともできます。

スマートフォンから動画をアップロードできますか?

はい。iOSとAndroidのどちらの端末でも、Amplifyパブリッシャープログラムに動画をアップロードできます。

特定のブランドまたはカテゴリーを拒否リストに登録できますか?

パブリッシャーはユーザー名ごと、またはカテゴリーごとに拒否リストを作成できます。広告主も同様に、ユーザー名ごと、またはカテゴリーごとに拒否リストを作成できます。

 

始める準備はできましたか?