キーワードターゲティング

キーワードターゲティングを活用すると、ユーザーの検索クエリ、最近のツイート、および最近反応を示したツイートのキーワードに基づき、Twitterユーザーに広告を表示することができます。このターゲティングオプションでは、御社のメッセージとの関連性が最も高く、そのトピックに最も関心のあるユーザーに広告を表示できるため、リード、コンバージョン、およびエンゲージメントをより容易に獲得できるようになります。

概要

  • マッチタイプ
    下向き矢印アイコン

    キーワードごとにマッチタイプを選択できます。初期設定では、入力したキーワードとその関連用語を含む検索およびツイートがターゲティングされるようになっています。キーワードの語順は影響しません。また、キーワードの間に別のワードが入っていても問題ありません。初期設定は変更でき、キャンペーンのニーズに合うように他のマッチタイプを指定することが可能です。

    部分一致 - キーワードが語順に関係なく含まれるツイートが対象です。キーワードの間に別のワードが入っているものも含まれます。キーワードの関連用語、活用形、類義語、スペルミス、および俗語も含まれます。句読点を除外して指定します。たとえば、"コーヒーが好き" と指定すると、"私はコーヒーが好き" や "私はモーニングラテが大好き" などのツイートも一致していると見なされます。

    フレーズ一致 - 条件に指定された語順どおりにキーワードが含まれるツイートのみが対象になります。キーワードを二重引用符で囲んで指定します。例: "コーヒーが好き"

    除外(順不同) - 除外するキーワードが語順に関係なく含まれるツイート(キーワードの間に別のワードが入っているものを含む)がマッチの対象から除外されます。例: -コーヒーケーキ

    除外(フレーズ一致) - 除外するキーワードが、条件に指定されたとおりの語順で含まれるツイート(キーワードの間に別のワードが入っていないもの)が、マッチの対象から除外されます。例: -"コーヒーケーキ"

    キーワードを入力すると、すべてのターゲティングの種類の説明が表示され、ターゲティングの種類を手動で選択できます。

    キーワードターゲティングに関するキャンペーンのヒント

    1. 関連性を最大限に高める: 少なくとも1つのターゲティングキーワードを含めてツイートすることで、パフォーマンスを向上させましょう。

    2. より効果的なキーワードを使用する: ターゲティングするキーワードとして、キーワードと関連性のあるハッシュタグおよび@ユーザー名を検討しましょう。これには、イベント固有のハッシュタグや該当する業界でよく使われるハッシュタグなどが含まれます。Twitter.comの簡単検索を使って、ターゲティングしたいキーワードの出現数や関連性を測定できます。

    3. 無駄な労力を費やさない: 検索広告キャンペーンで効果があったキーワードを選んで、そのキーワードをTwitterで試します。ユーザーの行動はツイートするときと検索するときで異なるため、選んだキーワードをTwitter.comで検索してみてください。その際、必要に応じて除外するキーワードを追加します。この方法を利用すれば、最も関連性のある会話にだけ確実に参加することができます。

    アドバイス: Twitter広告管理画面では、手間を省くため、タイムラインキャンペーンのキーワードをコピーして検索キャンペーンのキーワードに設定することができます。

  • キーワードターゲティングの種類の調整
    下向き矢印アイコン

    キーワードを選択した後、各キーワードの横の矢印をクリックしてドロップダウンメニューを表示すれば、マッチタイプを簡単に選択できます。

    ネガティブな感情の除外

    この機能は、ユーザーのタイムラインに表示されるキーワードターゲティングキャンペーンだけで利用できます。キャンペーンが開始されると、指定されたキーワードを含む最近のツイートが継続的に検索されますが、この機能を有効にすると、感情をモニタリングするTwitterのテクノロジーによって、ネガティブな感情を含むツイート(英語のツイートのみ)は除外されます。その結果、好意的な反応を示す可能性が高いユーザーだけにメッセージが表示されます。ネガティブな感情の除外を有効にするには、選択したキーワードの下にある [マッチオプション] ボタンをクリックし、ボックスをチェックしてください。

    おすすめのキーワード

    入力されたキーワードに基づいて、御社のオーディエンスに関連性があると思われるおすすめの追加キーワードが表示されます。おすすめは、入力されたキーワードから判断されるため、キーワードが入力されるまで表示されません。キーワードを入力すると、その下におすすめのキーワードが表示されます。

     

    [リーチを拡げましょう] をクリックすると、おすすめのキーワードの全リストが表示されます。メニューから追加したいキーワードを選択できます。

    キーワードの量の見積もり

    ユーザーのタイムラインに表示されるキーワードターゲティングキャンペーンでは、各ターゲットキーワードを含むツイートの推定数が提供されます。これらの推定数は、各キーワードが全世界で1日あたりに出現する数を表しています。除外の対象とする検索キーワードの場合は、キーワードの数は推定されません。

    アドバイス: 特殊なキーワードをターゲティングすると、エンゲージメント率は上がりますが、キャンペーンのオーディエンスの範囲が限定されることにもなります。高いエンゲージメント率を維持しつつキャンペーンのパフォーマンスを高めるには、一般的なキーワードと特殊なキーワードを組み合わせて使用することがおすすめです。
     

    複数のキーワードをインポート

    多数のキーワードを入力する場合は、手間を省くため、"複数のキーワードをインポート" ツールの使用をおすすめします。この機能を使用すると、複数のキーワードをカンマまたは行で区切って入力し、まとめてインポートできます。スプレッドシートなどの他のツールからキーワードをコピーして、検索キャンペーンに直接貼り付けることもできます。そのため、すでにあるキーワードをTwitterで簡単に活用できます。

  • キーワードはどこに表示されますか?
    下向き矢印アイコン

    初期設定では、メッセージをできるだけ幅広く届けるため、キーワードは検索結果とタイムラインの両方に表示されます。キーワードのターゲティングをタイムラインまたは検索のどちらかに絞りたい場合は、[プロモツイートを表示させる場所をカスタマイズします] オプションを使用して設定します。

    以下の場合は、キーワードのターゲティングをタイムラインに限定すると効果的です。

    • ダイレクトレスポンスを促進する - キーワードに最も興味のあるユーザーに広告を表示し、直接的なアクションを促します。

    • ニーズに柔軟に対応する - ユーザーが特定のコンテンツを求めているときに、そのニーズにタイムリーに応えてユーザーを引き込みます。

    • ブランド認知度を高める - さまざまなシグナルを検知することで、適切なタイミングとコンテキストで信頼性のある魅力的なメッセージを発信し、ユーザーに届けることができます。

    • 具体的に的を絞ったメッセージを使用する - 既存のマーケティングキャンペーンに関するキーフレーズや他の関連要素に基づいてターゲティングします。

    以下の場合は、キーワードのターゲティングを検索結果に限定すると効果的です。

    • イベント、テレビ番組、会議などの開催タイミングに合わせて、そのトピックに関わる会話を活用する。

    • ユーザーがキーワードやハッシュタグを検索するときに、コンテンツを表示する。

    • 独自のブランド用語やハッシュタグを使って、会話の主導権を握る。

    キーワードターゲティングに関するキャンペーンのヒント

    1. 関連性を最大限に高める: 少なくとも1つのターゲティングキーワードを含めてツイートすることで、パフォーマンスを向上させましょう。

    2. より効果的なキーワードを使用する: ターゲティングするキーワードとして、キーワードと関連性のあるハッシュタグおよび@ユーザー名を検討しましょう。これには、イベント固有のハッシュタグや該当する業界でよく使われるハッシュタグなどが含まれます。Twitter.comの簡単検索を使って、ターゲティングしたいキーワードの出現数や関連性を測定できます。

    3. 無駄な労力を費やさない: 検索広告キャンペーンで効果があったキーワードを選んで、そのキーワードをTwitterで試します。ユーザーの行動はツイートするときと検索するときで異なるため、選んだキーワードをTwitter.comで検索してみてください。その際、必要に応じて除外するキーワードを追加します。この方法を利用すれば、最も関連性のある会話にだけ確実に参加することができます。

    #アドバイス: Twitter広告管理画面では、手間を省くため、タイムラインキャンペーンのキーワードをコピーして検索キャンペーンのキーワードに設定することができます。


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。

Twitter広告を使ってみる