キャンペーンを一時停止、または削除する

Twitter広告キャンペーンはいつでも一時停止して広告料の支払いを取りやめたり、Twitter広告キャンペーンそのものを削除したりすることもできます。キャンペーンを削除すると、広告アカウント履歴データの一部が消去されますのでご注意ください。 


広告マネージャーでのキャンペーン一時停止

キャンペーンのステータスが [実行中] の場合は一時停止できます。一時停止の設定はいつでも解除できます。ステータスが期限切れ、残額なし、下書き、停止中のキャンペーンは一時停止できませんので、削除してください。 

  1. Twitter広告アカウントにログインします
  2. 一時停止したいキャンペーン名までスクロールします
  3. キャンペーンのステータスが [実行中] の場合、[ステータス] 列の一時停止ボタンをクリックできます。キャンペーンが一時停止されます
  4. キャンペーン名をクリックしてキャンペーン管理画面を開くこともできます
  5. この画面の右上にある [一時停止] ボタンをクリックして、キャンペーンを一時停止します。

一時停止したキャンペーンは [ステータス] 列に [一時停止] と表示され、インプレッションのトラッキングを停止します。一時停止の設定は [再生] ボタンをクリックすればいつでも解除され、インプレッションのトラッキングが再開します。


広告マネージャーからのキャンペーン削除

広告アカウントからキャンペーンを削除すると、キャンペーンで収集した一部履歴データが消去されます。注記: クレジットカード情報を広告アカウントから削除するには、まず、キャンペーンのステータスを [停止中] に変更してください。 

  1. Twitter広告アカウントにログインします
  2. 削除したいキャンペーン名までスクロールし、キャンペーン名をクリックします。キャンペーン管理画面が開き、このキャンペーンの具体的なデータが確認できます。広告マネージャーの左上端にキャンペーン名と [キャンペーン:] と表示され、キャンペーン管理画面が開いたことを確認してください。
  3. キャンペーン管理画面の上右端にある [キャンペーンのアクション] ボタンをクリックします 
  4. [キャンペーンを削除] を選択します。
  5. 削除を確認するウインドウが開くので [削除] をクリックします

キャンペーンのステータスが [削除] に変更されたことを広告マネージャーで確認します。これまでのご利用金額やインプレッション、エンゲージメントのデータは削除後も表示されますが、オーディエンスの詳細データにアクセスできない場合があります。

キャンペーンの一時停止や削除についてのよくある質問

  • 一時停止や削除したキャンペーンはどうなりますか?
    下向き矢印アイコン

    キャンペーンを一時停止するとインプレッションはすぐトラッキングを停止します。一時停止したキャンペーンはいつでも再開(一時停止を解除)できます。ターゲティングとキャンペーンの編集は [クイック編集] を選択し、引き続き行えます。 

    キャンペーンを削除するとインプレッションはすぐトラッキングを停止します。一度削除したキャンペーンを復活させることはできません。ターゲティングとキャンペーンの編集もできません。 


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • 一時停止や削除したキャンペーンの利用金額がまだ表示されています
    下向き矢印アイコン

    キャンペーンを一時停止または削除すると、インプレッションはすぐトラッキングを停止します。キャンペーンからすでにインプレッションを配信し、支払請求を設定したアカウントの場合、キャンペーンへの請求は継続されます。そのため、キャンペーンを一時停止または削除した後に少額の料金が発生する可能性があります。これは想定内の料金であり、高額には達しません。 

    注記: アプリのインストールや起動回数のキャンペーンでは、1日あたりのポストエンゲージメントや1日あたりのポストビューアトリビューション期間として30日分を請求するため、キャンペーンを一時停止または削除後、最長30日間の請求が発生する場合があります。 


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。