効果的なツイート作りのための「Twitterアナリティクス」活用

インパクトのあるツイートを戦略的に打ち出してしていくのに苦労しているという方は少なくないのではないでしょうか。一体どういったタイプのコンテンツならオーディエンス(フォロワーや広告配信対象となるTwitter利用者)の共感を得られるのでしょう?新規のフォロワーを獲得するためには、どんな形でのアプローチが求められるのでしょうか?

今回は「Twitterアナリティクス」を活用してキャンペーンを企画する4つの方法をお伝えします。これらの方法を利用して、オーディエンスの心理に沿った、個性豊かで付加価値のあるコンテツを作成してみましょう。

フォロワーの関心がどこにあるのかを理解する

オーディエンスの関心に寄り添うツイートを行うことが、エンゲージメント(反応)率を高め、ロイヤルティの高いフォロワーを獲得することへつながります。例えばバスケットボールについてツイートしたとしても、フォロワーの大部分がスポーツ好きでない限り、そのコンテンツが共感を得ることはありません。それではどうすれば、フォロワーが求めているものを知ることができるのでしょうか?

単に推測するのではなく、 「オーディエンスインサイト管理画面」を利用して、 フォロワーが関心を寄せるトピックを明確にしてみましょう 。「オーディエンスインサイト管理画面」では、 フォロワーがどういったトピックに関心を示すのかが一目でわかり、憶測に頼る必要がありません。

 

ツイートはフォロワーのオンライン時に

ターゲットとするフォロワーがオンラインの時にツイートすれば、 リツイートやエンゲージメントの可能性が高くなります。「人口特性」タブを使い、国や地域別にオーディエンスの居住地を分類しましょう。この情報を利用すれば、告知やマーケティングキャンペーンなど、より大きなコンテンツをいつツイートするべきかがわかります。 

成果の高かったツイートを再利用

「ツイートアクティビティ管理画面」 を使って反応の良かったツイートを追跡し、 フォロワーが高い関心を示したコンテンツを確認します。オーディエンスが何を求めているか、どんなことに興味があるかを理解できたら、 似たようなコンテンツをツイートしてみましょう。

例えば、当該月の上位3つのツイートすべてにビデオコンテンツが含まれていたなら、様々な種類のビデオコンテンツを他のツイートにも組み込んでみるといった形です。

イベントに関連したキャンペーンを計画する

Twitterは、人々が情熱や意見を共有し、たった今世界で何が起こっているのかを知ることができる場所です。その「瞬間」は、主要な祝日やイベントから、#猫の日#アイスクリームの日といった小規模な盛り上がりまで多岐にわたります。 

そこで、 「Twitterアナリティクス」 にある「イベント」タブを利用して、 近々予定されているイベントやトレンドワードを閲覧してみましょう。この情報を利用すれば、旬のイベントや注目されているトレンドに関連したツイートが作成できます。

Twitter広告キャンペーンを使ってあなたのメッセージをもっと多くの人に届けましょう。

Twitter利用者は、Twitter広告が周囲のコンテンツと関連していた場合、そうでないものに比べて閲覧に割く時間が42%長いことがわかっています(*1)。

「イベント」タブの情報を利用して適切なイベントを特定し、  それらに見合ったキャンペーンと広告コンテンツを作成しましょう。

* EyeSee "Content Impact Study", July 2016

 

 

Twitter広告を活用してビジネスをもっと広げましょう

Twitter広告はビジネスの目的に合わせて最適なプロモーションを設計できる、多数のキャンペーンをご用意しています。Twitter広告を御社のビジネスゴールの達成にぜひお役立てください。