Twitterコンテンツ戦略の作成

魅力的なツイートは新しいフォロワーの獲得に役立ち、既存のフォロワーを長期にわたって惹きつけます。  

1日にツイートすべき回数や、ツイートすべき曜日、時間といったものに正解はありません。むしろ、御社がターゲティングしたユーザーに関連し、御社の信頼性を高めるツイートを定期的に投稿することに注力しましょう。

以下では、Twitterユーザーの興味を惹きつけ、ユーザー間で話題になるようなツイートを生む5つのヒントを紹介します。

  1. 内容を短くまとめる

    簡潔なツイートにはインパクトがあります。1つのツイートで複数のことを伝えるのではなく、1つの情報のみを扱うようにしましょう。より長い文章を伝えるには、ブログやウェブサイトへのリンクを追加します。

  2. 視覚イメージをツイートに含める

    見た人に強い印象を与える画像、ビデオ、GIF画像をツイートに足して、雰囲気が伝わるようにすることで、エンゲージメント率(ユーザーがツイートに反応する割合)が高まります。実際に、ビデオや画像付きのツイートにユーザーが反応する割合は、文章だけのツイートの場合の3倍です。*使う画像を絞り込めなくても構いません。1つのツイートに、最大4枚の画像を追加できます。

  3. 関連するハッシュタグを付ける

    ハッシュタグは非常に便利な機能で、御社のメッセージを届ける対象を広げ、御社のビジネスと関連性の高い会話に参加するために利用できます。御社のビジネスに関連するキーワードに注目しましょう。1つのツイートに付けるハッシュタグの数は、2つ以下にすることをおすすめします。

    まずは、御社のビジネスとつながりのあるイベント向けのツイートでハッシュタグを取り入れましょう。ランチタイムや通勤のような日常的なイベントのほか、お正月やバレンタインデーのような文化的なイベントなど、どのようなイベントでもハッシュタグにできます。

  4. ユーザーへの質問や投票を行う

    Twitterでユーザーに質問を投げかければ、効果的に人々を会話に呼び込んだり、意見を集めたりできます。選択肢を設けずに質問をツイートするか、Twitterの投票機能を使って特定の項目について調べましょう。

  5. リツイートや返信で注目を集める

    御社のビジネスに関連するツイートのリツイートや返信を通じて、Twitterにおける御社の存在感を高めることができます。御社のお客様からの高評価、役立つ情報の記事、御社を代弁するメッセージなど、影響力の強いコンテンツはリツイートしましょう。御社のアカウントのリツイートは、御社のビジネスを反映するものです。リツイートするか迷う場合は、御社の理念と価値に沿っているかどうかを考えてください。

    Twitterでは、企業に対する生の声が飛び交います。ユーザーから寄せられる様々な疑問、コメント、批判に対応できるようにしましょう。会話が長くならないようにダイレクトメッセージに切り替えて、複雑な問題に対処することもできます。ツイートに [メッセージで返信] のアクション誘導ボタンを表示する ディープリンクを付けられます。このボタンから、御社のお客様が御社にダイレクトメッセージを送信できます。 

    様々なタイプの情報をツイートできるようになった後は、無料のTwitterアナリティクス機能を使い、御社のどのツイートがTwitterユーザーの反応を引き起こしているのかを調べましょう。ツイートアクティビティ管理画面では、エンゲージメント率(ユーザーが反応した割合)を見ることができます。このデータは、御社のツイートを見ているユーザーが何に興味があるのかを把握するのに役立ちます。    様々なタイプのクリエイティブを試して、どのようなツイートが効果的か探り出しましょう。

*Twitterの内部データ

Twitter広告を始めませんか?