ツイートのアイデア

ツイートをレベルアップさせるためのヒント
ツイートのアイデア

Twitter広告でメッセージを拡散させましょう

ツイートに役立つベストプラクティス

コンテンツが良ければ得られる成果も良いというのは周知の事実ですが、ツイートでパフォーマンスを高めるにはどうすればよいのでしょうか。

Twitterは数年にわたり内部調査を積み重ね、どんな場合にもハイパフォーマンスを引き出せる基本戦略をまとめました。これらのヒントをTwitter戦略に取り入れることで、会話が盛り上がり、オーディエンスのエンゲージメントを維持することができます。

ひねりを加えつつさまざまなテストを繰り返しながら、あなたのビジネスのオーディエンスに何が有効なのかを探っていきましょう。デジタル広告は移り変わりの激しい世界であるため、最適なコンテンツ戦略も日進月歩で変化します。

ツイートのアイデア

簡単にできるTwitter活用のヒント

  • 1つのツイートに入れるハッシュタグは1~2個
  • 会話調に
  • 短く興味を引く表現を使う
  • できる限り画像/GIF画像/動画を使用する
  • テストを繰り返す(アナリティクスを使用してパフォーマンスを確認)
  • イベントやトレンドの会話をモニタリングする
内容を短くまとめる

ツイートには最大140文字含めることができますが、簡潔であることがTwitterの基本であり、マーケティング的にも良いとされています。1つのツイートで複数のことを伝えるのではなく、1つの情報のみを扱うようにしましょう。盛り込めなかった情報については、ウェブサイトへのリンクを貼るか、ツイートスレッドを活用して対応します。

次に起こしてほしい行動を明確に記載する

ツイートする際は常に「これを見た人に何をしてもらいたいか?」と自問しながら書き上げるようにしてください。オーディエンスにコメントしてほしいのか、フォローしてほしいのか、今すぐ登録してほしいのかを伝え、緊急であればその旨を記載します。遠慮せずに、次のステップを明確に示しましょう。

動画などを用いて視覚に訴える

目を引く画像、GIF画像、動画を用いることによりツイートに個性が加わり、成果が高まります。Twitterの内部データによると、Twitterプラットフォームでの1日あたりの動画の再生数は20億回を超えています。動画の効果を高め、記憶に残るようにするには、会社のロゴを入れ、音声なしでもわかるように字幕を付け、動画を短くします(6~15秒が最適)。

リツイートや返信でつながり、注目を集める

あなたのビジネスに関連するコンテンツをリツイートしたり、ツイートに返信したりすることで、Twitter上での存在感を高めることができます。お客様からの高評価、役立つ情報の記事、あなたのビジネスを代弁するアイデアなどをリツイートしましょう。@ツイートには敏感に反応し、問題が複雑な場合は、ダイレクトメッセージに切り替えて対応します。

ユーザーに対して質問や投票を行う

Twitterで日々行われるのは会話です。質問を投げかけることで、オーディエンスの反応を見ながらブランドの個性を伝え、フィードバックを集められます。新商品についてのフィードバックを得る、ユーモアのある質問を投げかける、フォロワーに決選投票をしてもらうなどの使い方ができます。

タイムリーかつ関連するハッシュタグを付ける

ハッシュタグを利用することで、リーチを広げ、関連性の高い会話に参加できます。あなたのビジネスに関連するキーワードに注目しつつ、1つのツイートに付けるハッシュタグの数は1~2つにします。[話題を検索] タブでトレンドを日々確認し、ブランドと確かに結びつく人気のトピックを見つけましょう。

立ち上げをツイートする

Twitterはブランドが新しいことを立ち上げるのにうってつけのプラットフォームです。新ブランドや新商品のようなビッグプロジェクトである必要はありません。季節のプロモーション、セール、イベントの立ち上げや新たなパートナーシップを結ぶ時、タイムライン上でライブ放送する際にTwitterを発表の場にしましょう。

伝え方をテストする

Twitterではオーディエンスも企業も大胆になってみましょう。アイデアをテストし、多少のリスクも取りながら、Twitterでの伝え方を工夫してみてください。絵文字を入れる、少し強気な表現やくだけた口調にしてみるなど、エンゲージメントの状況を見ながら調整してみましょう。

Twitterではスピーディーに対応することができ、旬なコンテンツをすばやく効果的に届けることができます。

キアラ・ラディニ氏(Kano社、パフォーマンスマーケティングマネージャー)

Twitter広告でメッセージを拡散させましょう