Twitterをビジネスに活用

Twitterは、人々の思いがつながる場です。Twitterを活用して、意見を共有したり、世界で今何が起きているかを調べたりできます。人々は何かを知りたいと思いながらTwitterを利用しており、Twitterユーザーには、御社のビジネスに関する情報を受け入れる余地があるといえます。

Twitterから御社のメッセージを届ける対象を増やし、新しいお客様や既存のお客様とつながることができます。たとえば、次のような方法で、御社のビジネスにTwitterを活用できます。

  • 「いま」起きていることを知る
    Twitterでは、御社のいる業界や地域の情報、また世界で起こっていることの情報を得られます。Twitter検索を使って、御社のビジネスと関連性の高い話題をリアルタイムで調べ、そこに参加することで御社の価値をアピールできます。
  • ブランドの認知度を高める
    Twitterを使って定期的にフォロワーとコミュニケーションすることにより、御社の認知度を高め、より効果的に営業できるようになります。さらに御社のメッセージを届ける対象を広げたい場合は、 Twitter広告を使うこともできます。
  • 迅速なカスタマーサービスを実現する
    Twitterユーザーは自分の使っている商品やサービスを話題にすることが多く、カスタマーサービスにTwitterを活用することは非常に有効です。実際に、Twitterを使っている中小ビジネス企業の85%が、Twitter上でカスタマーサポートを提供するのは重要なことだと答えています。Twitterなら、御社のお客様からの問い合わせに素早く手軽に回答できます。迅速なカスタマーサービスは、御社の評判を高め、お客様との関係性を強めることにつながります。
  • 見込み顧客、御社の支持者、影響力のあるTwitterユーザーとつながる
    Twitterでは、これまでのネットワークではつながることのなかった人々をフォローし、交流できます。他のユーザーへの影響力が強いTwitterユーザーや業界の専門家との会話に参加したり、話題を持ちかけたりすることで、御社の認知度を高め、価値のあるつながりを築くことができます。

 

Twitterの仕組み

Twitterで使われる言葉について知ることで、ユーザーと交流し、スムーズに会話に参加できます。以下では、基本的な用語とその意味を紹介します。

基本的なツイート
  1. ツイート

    ツイートは、Twitterに投稿される情報を指し、ここには、テキスト、画像、リンク、ビデオを含めることができます。

  2. 返信

    [返信] ボタンをクリックして、あらゆるツイートに返信できます。ツイートに返信することで、そのツイートを読んだことを相手に伝えたり、役立つ回答を知らせたりします。

  3. リツイート

    リツイートとは、他のユーザーのツイートを自分のフォロワーに共有することです。他のユーザーのツイートをそのまま共有する場合は [リツイート] ボタンをクリックします。自分のコメントを加えて共有する場合は引用ツイートを使います。 

  4. いいね

    「いいね」を使えば、簡単にツイートに同意を示すことができます。後からすぐにツイートを見つけられるように、ブックマーク代わりに「いいね」を使うのも便利です。ツイートを「いいね」するには、ハートのアイコンをタップします。御社のアカウントがそのツイートを気に入ったことが、ツイート作成者に表示されます。

  5. ハッシュタグ

    ハッシュタグは、#記号で始まる文字列です。スペースは省きます。ハッシュタグの利用により、会話がまとまり、特定のトピックに関するツイートが見つけやすくなります。ハッシュタグをクリックすると、そのハッシュタグの検索結果画面に直接移動します。非常に人気の高いハッシュタグのキーワードは、多くの場合トレンドトピックとなります。

  6. @ツイート

    ツイートに@ユーザー名を含めることにより、ツイートがそのユーザーの目に留まるようにできます。特定のユーザーに質問したり感謝したりする場合や、ツイートの一部を強調するために使うことができます。 

*Twitter + Research Now『Twitterのビジネス活用に関する研究』(2016年)

Twitter広告を始めませんか?