幅広い興味や関心に基づいてターゲティングする

Twitterユーザーは、強い関心があるトピックの最新情報を入手したり、周りに拡散することを楽しんだりしています。

Twitterのインタレストターゲティングなら、ユーザーがTwitterで関心を持ったり反応を示したりしたトピックに基づいて、そんなTwitterの盛り上がりを見せる無数のコミュニティの中から対象を絞って語りかけることができます。

インタレストターゲティングでは、御社のビジネスに関連する幅広い事柄に関心を持っているユーザーをターゲティングの対象にすることができます。御社の商品やサービスが持つ魅力的な情報をアピールすることで、関連する話題に興味を示しているお客様の注目をより強く集めることができます。

インタレストターゲティングのしくみ

インタレストターゲティングでは、教育からスポーツまでにわたる25種類のカテゴリーと、350種類のサブトピックから御社ビジネスとの関連性が高いトピックを選ぶことで、大きなユーザーグループを広告の対象にすることができます。たとえば、ウェブデザイン会社がキャンペーンや営業活動をTwitter広告を使って実施する場合は、対象として [ビジネス] カテゴリーの [テクノロジ] を選択し、[テクノロジ] の下の [ウェブデザイン] を選択します。

インタレストターゲティングのポイント

  • 1つのキャンペーンで選択するインタレストカテゴリーは、1つか2つに限定する。インタレストカテゴリーを指定すると、そのサブインタレストも選択されます。キャンペーンの実施中は、サブインタレストのうちで効果があるものとないものを頻繁に確認し、有効なものだけに絞り込みます。1つのキャンペーンで対象にするサブカテゴリーは、10個以内にするようにします。
  • 関連する興味関心をターゲティングする: リーチしたいオーディエンスが興味関心を持ちそうなカテゴリーを指定します。御社のビジネスカテゴリーに直結する必要はありませんが、何らかの関連は必要です(自転車ショップのキャンペーンで、スキーやカヤックを趣味に持つユーザーをターゲティングに含めることもできます)。

Twitter広告のその他の種類のターゲティングについては、Twitter広告のターゲティングのページをご覧ください。

Twitter広告を始めませんか?