フォローの対象に基づくTwitterユーザーのターゲティング 

フォロワーターゲティングでは、御社のビジネスに関心の高そうなTwitterユーザーを広告配信の対象にすることができます。

選んだユーザー名のフォロワーに似ている人たちにTwitter広告キャンペーンが表示されます。

フォロワーターゲティングは、追加のターゲティングセクションの [フォロワー(選択したアカウントのフォロワーとその類似ユーザーで絞り込む)] から設定できます。

フォロワーターゲティングの使い方

  1. 対象とするユーザー名を選ぶときに、御社のビジネスに関連性がある複数のユーザー名(Twitterアカウント)を指定して、テイラードオーディエンス(独自の対象ユーザーリスト)を作ることができます。

フォロワーをターゲティングするときは、次のカテゴリーのいずれかに焦点を絞ります。

  • 競合他社: 御社と同じような商品やサービスを提供している会社のユーザー名をターゲティングします。
  • 関連ブランド: オーディエンスは御社が求めているものと同じであるものの、商品やサービス自体は競合しない会社のユーザー名を指定します。たとえば、フィットネスアプリのオーディエンスは、スポーツウェア、ランニングシューズ、トレーニングジムなどの会社のフォロワーと属性が重なります。
  • メディア: 自社フォロワーやターゲティングしたいユーザーが集まっていそうなニュースサイト、ブログ、テレビ番組、雑誌などのユーザー名をターゲティングします。これらのメディアの読者、視聴者、ファン等の層にも御社の広告が配信されるようになります。
  • インフルエンサー: 業界に影響力がある個人のオピニオンリーダーのユーザー名を指定します。たとえば、ファッションEコマースの企業は、有名ファッションブロガーのフォロワーをターゲティングするとよいでしょう。
  • 似ているユーザー: 既に自社をフォローしている人に似ているユーザーも、チェックボタンひとつで簡単にターゲティングすることができます。

ターゲティングのポイント

  • 効果があるターゲティングをすばやく探す。対象ユーザー数が十分に多くなるように、1つのキャンペーンで30件ほどのユーザー名をターゲティングします。フォロワーキャンペーンの予測対象者数は、キャンペーン管理画面で確認できます。  フォロワー数が少なくとも5万以上になるようにユーザー名の設定を足していきます。
  • 具体的に指定する。御社のビジネスにより関連性の深いユーザー名をターゲティングします。 有名人や大企業には数百万のフォロワーがいますが、その全てが御社のビジネスに関連性を持つ人たちであるとは限りません。フォロワー数自体は少ないアカウントでも、御社のビジネスと関連があるフォロワーが多いアカウントを選ぶ方がより効果的です。
  • セグメント化してみる。キャンペーンをセグメント化すると、どのターゲティングが効果的であるかを特定しやすくなります。 キャンペーン管理画面を確認して次のように対処すると、より良い結果が得られます。
    - ユーザー名をターゲティングしたキャンペーンにインタレストターゲティングを追加しないことをお勧めします。インタレストターゲティングを使うときには、別のキャンペーンを新たに作って設定します。
    - ユーザー名キャンペーンをカテゴリーでセグメント化します(たとえば、キャンペーンAで競合他社のユーザー名をターゲティングし、キャンペーンBでメディアのユーザー名をターゲティングします)。
  • Twitter検索を使う。Twitter検索(search.twitter.com)を使うと、多くの有名人や業界大手のユーザー名を見つけることができます。  管理画面でいくつかのユーザー名を追加した後、[リーチを広げる] をクリックすると、さらに多くのユーザー名を見つけられます。 

Twitter広告のその他の種類のターゲティングについては、Twitter広告のターゲティングのページをご覧ください。

Twitter広告を始めませんか?