Twitter以外でのアクションに基づくターゲティング

行動ターゲティングでは、Twitterユーザーのショッピング履歴やライフスタイルの傾向に基づいて、適切なオーディエンス(広告配信対象となるTwitterユーザー)に広告を表示できます。

このターゲティングでは、Twitter以外の場所で特定のサービスや商品に強い関心を示しているユーザーも広告の表示対象にできるので、ベストな投資効果を期待できます。
 

行動ターゲティングのしくみ

行動ターゲティングでは、Twitterパートナーから情報を得て、ユーザーがオンラインやオフラインでどのように行動しているかに基づいて、適切なオーディエンスに広告を表示します。

たとえば、ペットフード会社は特定のブランドのドッグフードを購入している犬の飼い主を対象に広告を配信できます。また、NPO団体が特定の目的で寄付を行った人をキャンペーンの対象にしたり、高級ブランド企業が所得が一定以上のユーザーだけにキャンペーンを行ったりすることができます。
 

行動ターゲティングの設定方法

米国でキャンペーンを実施する広告主様は、ターゲティング条件を設定するときに「行動を追加」できます。

[ユーザーの行動履歴](現在は地域をUSに設定した場合に利用可能)オプションをクリックすると、目的のオーディエンスに最もよくあてはまる行動を検索して選ぶことができます。特定のブランドの購入、ライフスタイル、世帯の特色など、様々な行動カテゴリーがあります。

行動ターゲティングは、現在、米国および英国内でキャンペーンを実施する場合に活用できます。ご利用いただく場合は、ads.twitter.comにログインしてください。 

Twitter広告のその他の種類のターゲティングについては、Twitter広告のターゲティングのページをご覧ください。

 

Twitter広告を始めませんか?