有望な見込み顧客を獲得して売上を向上したコンシューマーテクノロジー会社

Wistiki(@TeamWistiki)は、追跡装置を販売するフランスの企業です。この装置はスマートフォンから検出できるため、鍵や自動車などの大事な物がどこにあるかを追跡できるようになります。

キャンペーンの目的

Wistikiは、ブランドの認知度を高め、売上を伸ばすために、自社のウェブサイトへの訪問者を増やしたいと思っていました。これらの目的を達成するために、Twitter広告でウェブサイトクリックキャンペーンとコンバージョンキャンペーンを行うことにしました。

オーディエンス

フランス、スイス、ルクセンブルグのiPhone所有者をターゲティング

結果

20%

ウェブトラフィックの増加率

「簡単に広告を誰に対しても表示できるようになっていたので、Twitterを選びました。形式がシンプルで、効果が高く、コストパークリック(クリックあたりのコスト)が他のソーシャルチャネルの半分ほどであることも気に入りました。」

— ブルーノ・リュサト氏(Wistiki社CEO)

成功のためのポイント

商品を説明するために画像をツイートする

Wistikiは、ユニークな価値を持つ新しいタイプの商品を販売しているため、Twitter広告の画像と本文でその商品の主な使い方を伝える必要がありました。

この鍵束の画像は、商品を一目で理解できるという点で特に優れており、Twitterユーザーからウェブサイトへのクリックスルーが発生しました。

端末ターゲティングで適切なオーディエンスを見つける

Twitter広告キャンペーンを設定するときに、ターゲティングをデスクトップにするかモバイル端末にするかを選べます。モバイルターゲティングでは、さらに細かい設定ができます。AndroidかiOSか、どのOSバージョンか、どの携帯電話会社か、どの種類の端末か、などです。


Wistikiは、自社の商品が主にiOS端末で使用されていることを知っていたので、主にiOSユーザーをターゲティングしました。クリエイティブにiPhoneと追跡プログラムのスクリーンショットを表示することで、ターゲティングを強化しました。

問いかけることで見込み顧客を誘う

Wistikiチームは、オーディエンスが何に最も共感するかを知るために、様々なツイートコピーを試しました。

効果があった方法の1つは、質問をすることでした。この例では、鍵を失くしたことがあるかどうかをユーザーに尋ねることで、Wistikiは自社の商品について説明し、この問題を簡単なわかりやすい方法で解決できることをユーザーに伝えることができました。

Twitter広告を始めませんか?