女性の心に響くビジュアルでファンを獲得。人気ジュエリーブランドのTwitter活用例

70年を超える歴史がありながら常に洗練されたデザインが揃うジュエリーブランドとして知られる、スタージュエリー。日本のジュエリー界の先駆者であり、オリジナルデザインや確かなものづくりと品質で人気の同社にTwitter活用の方法や効果について伺いました。


- 御社のマーケティング活動全体のなかでのTwitterの位置づけを教えてください

弊社のマーケティング活動は、雑誌などの紙媒体とウェブ媒体の大きく2つに分かれています。紙媒体ではファッション誌を中心にタイアップ記事や純広告を掲載し、ウェブ媒体ではウェブ広告のほかSNSを運用しています。そのなかでもTwitterはお客様と親密な距離がとれるメディアですので、情報をいち早く届けたり、お客様の視点により近い投稿をすることを念頭に置いて活用しています。

- Twitterを導入した際のエピソードなどがあれば教えてください

2010年にアカウントを開設し、翌年から本格的に運用を始めました。新しいことにチャレンジするという当社のポリシーもあったため、特に反対もなくスムーズにスタートしました。最初はTwitterをどのように使っていくか、その役割がはっきりと定まっていなかったのですが、オンラインショップの商品紹介から投稿をスタートし、試行錯誤を重ねながら現在の形になりました。

- どのようなツイートを配信していますか、その際に意識している点は

新作情報やフェア、イベント情報を中心に毎日投稿することを心がけています。文章については親しみやすさを出すため、フォーマルになり過ぎず、かつブランドイメージを損なわないようバランスを大切にしています。また、ビジュアルにもとても気を遣っています。Twitterに限らず、商品が美しく写っている写真はやはりユーザーの反応がよいものです。当社のお客様はモデルが商品を着用している写真よりも、商品の特徴がはっきりと分かる商品写真を好む傾向があり、こういったビジュアルを使用した時の方が反響も大きくなります。

株式会社スタージュエリー SNS運用担当の皆様

 

- 導入後の手応え、ユーザーの声は

「大好き」、「かわいい」、「彼からプレゼントされて嬉しかった」、「新作情報をいつもありがとう」といったお客様のコメントは非常に励みになります。Twitterを見て来店される方も多く、非常にありがたく思っています。

- Twitterの利点と、今後の活用法について

Twitterでは「TVドラマで当社の商品をこの女優さんが着用しました」、「この商品が雑誌に掲載されました」など、ほかのツールでは伝えられないようなニュースを迅速に発信することができます。また、Twitterは必ずしもビジュアルが伴わなくてもよいツールなので、店舗の臨時休業といった情報に関してもすぐお知らせできる点が便利ですね。今後はスピード感をより重視し、新作商品やフェアなどの情報だけでなく、さまざまなトピックをいち早くお客様に届けられるようにしたいと思っています。

- Twitter広告導入のきっかけを教えてください

初めて広告の出稿をしたのは、2016年のクリスマスのシーズンです。TVCMの動画3本をTwitter広告として出稿しました。ジュエリーを贈る側、贈られる側、ジュエリーを創る側という3つの異なる視点からストーリーを描いた内容だったのですが、ユーザーから「こんな風に言われてみたい」、「あんな風にプロポーズされたい」といった反応が多く、普段の商品に対するコメントとは異なる予想外の形で情報が拡散していったというエピソードがありました。また、通常のツイートでユーザーの反応のよかったビジュアルを後から広告に利用することもあります。こうすることでさらに「いいね」がついて情報が拡散され、来店数に結びつくという流れができています。

- Twitter広告の利点とは、またターゲット設定は

Twitter広告は操作も簡単で非常に始めやすいと思います。また、利用ガイドのページも充実しています。ターゲティングについては、商品の価格帯に応じて、またブライダルジュエリーかどうか、などによってターゲット設定をしています。当社の商品は女性向けがメインですが、男性がジュエリーを購入して女性にプレゼントする場合も多いです。当社の広告にまず反応するのは女性で、その反応を見た男性が購入のために来店されるというパターンも多いですね。

- TwitterがほかのSNSと違う点は何でしょうか

Twitterの特徴は拡散力とリアルタイム性だと思いますが、特に拡散力は大きな強みだと感じています。自社広告や投稿はもちろんのこと、ほかのユーザーが発信した当社に関する意見についても、どんどん拡散するという性質があります。また「いいね」ボタンやリツイートという機能の使いやすさ、気軽さにおいても優れています。Twitterを利用することでより多くの方に当社の存在を知っていただけると思います。また、Twitter広告はコンバージョン率も高く、ダイレクトマーケティングという点からも有効活用できるツールだと感じています。

- 今後どのようにTwitter広告を活用していきたいですか

「アンケート機能」など、まだ活用していない機能があるので、これらを活用してお客様とのコミュニケーションをさらに密にしていきたいですね。また、Twitterの特性やトレンドを生かした運用をしたいと思っています。

- ありがとうございました。

Twitter広告をもっと活用する

Twitterなら、御社のメッセージをあらゆる形で伝えることができます。他社の活用事例を参考に、御社にあった活用方法をぜひ見つけてください。