ブランドを発信するためにTwitterを大活用。ユーザーと新しい接点を持つことに成功したアパレル企業のTwitter活用術

ビーチカルチャーとアクティブなライフスタイルを愛する女性のためのブランド「ROXY(ロキシー)」。1990年にカリフォルニアで誕生し、スイムウェアを始め、スノーウェアやフィットネスウェアなど豊富なラインナップを取り揃えています。Twitter広告を活用する同社に、活用方法や導入後の効果を伺いました。


- まずはROXYというブランドについて教えてください

ROXYはサーフアパレルやスイムウェアから始まったブランドです。そのほかにスノーウェアも取り扱っていますし、2015年よりフィットネスウェアやシューズも展開しています。ターゲットは25歳を中心に10代から30代までを視野に入れていますが、基本的にはエイジレスで、サーフやスノー(雪)といったテイストや当社のカルチャーが好きな方をターゲットにしています。そのような方に寄り添っていただけるブランドとして、アクティブライフスタイルのブランドを目指しています。

- どのようなマーケティング活動をされていますか

ブランディングの1つとして、Eコマース寄りのデジタルメディアやイベントなどでマーケティングをしていますが、お客様は最終的にSNSに辿り着きますので、SNSを中心的な役割として運用しています。キャンペーンをする際にも、お客様がSNS上でどのようにどれだけ動いたか結果を見て、それを指標に企画を考えます。もちろんリーチは取りたいですが、それよりもシナジーがとても大事で、お客様が欲しいだろうと思われる情報をTwitterを始めとするSNSでリアルタイムで出すように心がけています。

- Twitterのアカウントはいつから運用していますか

2011年の東日本大震災の前ぐらいにアカウントを作り、ツイートを多くし始めたのは震災後です。震災が起こって人々がTwitter上でコミュニティを作り、会話をするようになりましたので、私たちもブランドの発信をするために積極的にTwitterを利用するようになりました。インフルエンサーの方がROXYのことをツイートしてくれて、私たちもそのインフルエンサーのアカウントを含んだツイートをしたりしながら3年間ほど運用したところ、比較的若いフォロワーが増え、Twitterでの運用が1つの形になりました。

お話をいただいたボードライダーズジャパン株式会社 花村様

 

- 日々のツイートで工夫していることはありますか

ツイートする時間は特に気をつけています。学生の反応が多いので、通学時や学校から帰宅しスマートフォンを扱うだろうと思われる時間帯を狙ってツイートしています。ツイート後の反応は気になりますので、予約投稿 は利用せず、アナログにこだわってツイートしています。また、ROXYの商品に関してツイートしている方に「いいね」をしたり、フォロー返しをしたりして、積極的にコミュニケーションを取るようにもしています。

- リツイートも積極的にしていますね

そうですね。ROXYは各国と日本とそれぞれのアカウントがあるブランドなので、海外の方をリツイートすることもあります。例えば海外に住むプロのサーファーをリツイートしたり、ROXYのファンが好きそうな情報を引っ張り出してリツイートしたりしています。本来であれば、ランニングにはランナー、サーフィンはサーファーに情報を届けたいのですが、弊社の商品は多岐にわたっていて、ランナーにもサーフィンやスノーボードのブランドを知って欲しいという思いがあるため、そういった情報も配信するようにしています。

- 写真の投稿が多いですが、気を付けていることはありますか

画像とテキストの両方が大事だと思いますので、必ず写真を付けて投稿するようにしています。使用するすべての写真は、世の中に出していいビジュアルかどうか、またブランドの世界観を表すものかどうか、それらを事前に確認してツイートするか判断します。

- Twitterの広告を始めたきっかけは何でしたか

ツイートが日課になりフォロワーが増え始め、リーチがもっと欲しいと思ったことから広告も始めることになりました。潜在的なお客様にROXYというブランドと接点を新しく持ってもらうためには、どうしても広告が必要だと判断しました。

- 広告はどのようなターゲティングをされていますか

リターゲティング、フォロワー、キーワード、興味関心の4つに分けて、それぞれ広告を作って運用しています。

- 特にうまくいったキャンペーンや反応が良かったものは何ですか

今までで一番うまくいったのは、2013年ごろのお正月に行ったプレゼントキャンペーンです。リツイートしたらコラボのヘッドフォンをプレゼントするという内容でした。お正月というタイミングが良かったのか、1日で1000ぐらいのリツイート数となりました。

- ほかのSNSとのすみ分けはどのようにしていますか

実名による投稿が主体のSNSはどちらかというとホームページの代わりのような役割として使うことが多いですが、Twitterではもう少し小出しにして、簡易的な方法で情報を出すために利用しています。また、ROXYのTwitterのフォロワーはほかのSNSよりも若いため、ツイートする内容は若年層に共感を持ってもらえるように努めています。

- 今後チャレンジしてみたいTwitterの施策はありますか

Twitterをお使いの方々との会話を開始してみたいと思っています。ROXYアカウントを含んでツイートをしてくださった方に返信をしたり、コミュニケーションを積極的にとったりして、もっと活発にTwitterを利用していきたいです。TwitterはほかのSNSと違ってテキストだけのやりとりができるので、そのような特徴をうまく利用していきたいと思います。

- ありがとうございました

Twitter広告をもっと活用する

Twitterなら、御社のメッセージをあらゆる形で伝えることができます。他社の活用事例を参考に、御社にあった活用方法をぜひ見つけてください。