運用開始から半年でフォロワー数が2万に!短期間でブランド認知度を高めた家庭用品公式アカウントのTwitter活用術

日本海側を中心に普及している、袋状のラップ「アイラップ」。製造・販売を手掛ける岩谷マテリアル株式会社は同商品の公式アカウントを開設し、約半年間で2万フォロワーを獲得するなど、積極的な情報発信を行っています。短期間でフォロワーが急増したきっかけや、効果的にブランド認知度をアップさせる方法について、運用担当部署の代表者に話をお伺いしました。    


- まずは、御社が展開するビジネスについて教えてください

弊社は、メーカー機能を有した商社として合成樹脂や金属を中心とするさまざまなマテリアルを用いて、新しい商品やサービス、付加価値を提供しています。インテリア雑貨や生活用品、さらには金属や樹脂といった原材料に至るまで、取り扱う商材はさまざまです。ガス・エネルギー関連事業を展開する、岩谷産業株式会社のグループ会社となります。

- アイラップとはどのような商品ですか

湯せんや電子レンジに対応した、マチ付きのポリ袋です。ロール式ラップフィルムが普及しつつあった約40年前に、袋状のラップとして開発しました。最近話題になっているのは、パッケージがオレンジ色で三角形の「アイラップUF」という家庭用商品です。食材の温めや冷蔵・冷凍保存など、用途はさまざま。業務用のアイラップシリーズも販売しています。

- 公式アカウントを立ち上げに至るまでの経緯を教えてください

商品を販売する上で、やはり宣伝活動は必要不可欠です。しかし商社という立場上、予算に広告宣伝費をなかなか組み込めません。そこで、予算がない中でも、商品認知を拡大するために、Twitterアカウントを開設しました。これまでアイラップは、特に宣伝活動を行ってこなかったのですが、そこにチャレンジする価値がある商品なのではと常々思っていたんです。

- アカウントを開設するにあたって、社内で議論などはありましたか

炎上など、SNSのネガティブな側面を懸念する声もありましたが、アイラップ担当部署の部長を説得して、2018年6月より公式アカウント運用を開始しました。当初は3か月を目途にしたテスト運用という形でスタートしましたが、開始から1か月ほどで、あるツイートが1万件以上もリツイートされたんです。それを機に、テストどころではなくなって現在に至ります。

- そのツイートはどのような内容でしょうか 

「#一般人の方が時々誤解しておられること」という当時のトレンドワードを盛り込んだツイートです。アイラップは全国区商品なのですが、日本海側を中心とした特定の地域に売り上げが集中しています。その現状をボヤキに近い形で投稿したところ、大きな話題に。日頃からご利用いただいている地域の方は、「全国で使われているんじゃないの?」と驚く一方で、商品が普及していない地域からは「初めて知った」という声が多数聞こえてきました。こうした両極端な状況が、さらなる話題を呼んだのではないでしょうか。このツイート以降、お客様からも「どこで購入できるのか?」といったお問い合わせが急増し、多数のメディアから取材を依頼されるなど、かなりの反響がありました。

- アカウントの運用体制について教えてください

運用を管轄しているのは、さまざまな業務に取り組む開発営業課という部署です。誰かは公表していませんが、そこに所属する1人に、アカウント運用を一任しています。他の業務をこなしつつ、その合間にツイートをするという形です。運用担当者の話では、その時々のトレンドをホットなうちに拾い上げ、それを織り交ぜながら、商品の宣伝に生かす…という意識を持ってツイートしているそうです。

- いわゆる「中の人」を公表していない理由を教えてください

運用担当者には、「中の人」の個性が自然に出たツイートをお願いしています。ただ、商品を宣伝する上では、それが「ノイズになってしまうのでは…?」という考えから、人物像がハッキリしすぎないようにバランスを保って運用してもらっています。「こういう人なんじゃないかな?」とフォロワーさんが想像してくれる方が、面白味があるのではないでしょうか。

- ツイートする内容に関して、社内で取り決めはありますか

明文化しているわけではありませんが、政治や宗教に関する話題に触れないことや、ヘイトにつながるようなツイートをしないということくらいです。あとは、運用担当者を信頼して全て任せています。

- どのようなツイートが好まれるのか、傾向があれば教えてください

他社様の公式アカウントと交流すると、大きな反響がありますね。例えば、他社製品を使った感想のツイートが好評のようです。あとは、おいしかった食べ物を紹介するなどの個人的なツイートもリアクションが良く、インプレッションにも成果が表れています。

- Twitter広告を始めたきっかけについて教えてください

Twitter主催のセミナーに参加した際、5,000円分のクーポンをいただきました。それを使って、試験的に広告を配信したのがきっかけです。フォロー&リツイートで非売品グッズなどが当たる、プレゼントキャンペーンを告知するために広告を利用しました。最終的に、31万件ほどのインプレッションを獲得でき、かなりの効果が得られたので、今後も有効活用していきたいですね。

- Twitterを利用したプレゼントキャンペーンはどれくらい行っていますか

他社様とのコラボレーションという形で、月1、2回のペースで実施しています。さまざまな分野の企業からお声がけいただき、嬉しい限りです。最近は「クリスタルガイザー」の公式Twitterアカウントと、共同でキャンペーンを行いました。

- キャンペーン内容について詳しく教えてください

両方のアカウントをフォローし、対象ツイートをリツイートしていただいた方に、抽選で商品などをプレゼントするという内容です。クリスタルガイザーとアイラップ、かなり変わった組み合わせですが、数字的にはかなりの効果が得られました。全く違う分野のお客様に自社商品を知っていただける機会となる点にありがたみを感じています。

- 最後に、今後の展望をお聞かせください

アイラップは、約40年もの間、お客様にご愛用いただいている商品です。ファンの方々に喜んでいただけるよう、これからもさまざまな企画を展開したいと考えています。異業種間コラボレーションを中心に、商品の認知度をより一層高められたら幸いです。

- ありがとうございました

Twitter広告をもっと活用する

Twitterなら、御社のメッセージをあらゆる形で伝えることができます。他社の活用事例を参考に、御社にあった活用方法をぜひ見つけてください。