ニュースレター購読者数のアップに成功した人材採用プラットフォーム

Greenhouse(@Greenhouse)は、人材採用と新人研修のプラットフォームであり、企業のより効率的な求人・面接・採用を可能にする体系的な採用プロセス構築を支援しています。

キャンペーンの目的

Greenhouseのマーケティングチームは、週刊のニュースレター「The Modern Recruiter Roundup」の購読者数を増やしたいと考えていました。ニュースレタープログラムはブランド認知度向上と販売促進を目的としていたため、顧客獲得あたりのコストを低く抑えることが重要でした。そこで同社は、Twitter広告でウェブサイトコンバージョンキャンペーンを展開して、ターゲットオーディエンスをニュースレターの購読申込ページに誘導することにしました。
 

オーディエンス

米国とカナダの企業の採用担当者をターゲティング

結果

62%

コンバージョン率(サイト訪問からニュースレター購読申込)
15%

1か月後のニュースレター購読者の増加率

「情報の利用と共有に関して、Twitterは最高のプラットフォームです。Twitterなら、すばやくターゲティングして適切なオーディエンスに適切な情報を届けられます。だから私たちはTwitterを選びました。」

— スザンヌ・ホロウェイ氏(Greenhouse Software社シニアマーケティングマネージャー)

成功のためのポイント

ブランドイメージを一貫させる

Greenhouseのマーケティングチームは、広告クリエイティブから購読申込ページにいたるまで、すべての要素について一貫したブランディングを行いました。このアプローチにより、ブランドのアイデンティティを確立させ、またユーザーが広告をクリックして購読申込ページに移動する際も、一貫性のあるブランドイメージを伝えることができました。

テイラードオーディエンスで効果的なキャンペーンを作る

また、Greenhouseのビジネスに以前、興味関心を示したことがあるユーザーに改めて働きかけるために、テイラードオーディエンスを活用、彼らに向けて広告を配信しました。同社の連絡先データベースのリストをアップロードすることで、主だった人事のプロたちや、有望な見込み客にリーチすることができました。

何が効果的かを試して見極め、最適化する

Greenhouseのマーケティングチームは、それぞれ異なるキャッチコピーを含むツイートをいくつか試し、クリック数が多くなるようにキャンペーンを調整しました。結果的に、ユーザーに期待する次なるアクションと、ニュースレター購読のメリットが明確に伝わるキャッチコピーを含んだツイートが一番有効だということがわかりました。クリック数が向上するようにツイートを調整した後は、誘導先のページから確実にコンバージョン(ニュースレターの購読申込)に繋がるようにページを改良しました。

Twitter広告を始めませんか?