Twitter広告のフォロワーキャンペーンで広告規模を拡大した卸売業者

Ferguson Bath, Kitchen & Lighting Gallery(@Ferguson_FEI)は、米国最大の配管卸売業者であるFerguson Enterprises Inc.の1部門です。

キャンペーンの目的

Fergusonチームは、Twitterを使って専門家や住宅所有者に自社のショールームの最新情報を伝えています。お客様からの質問に回答したり、商品のトレンドを知らせたりするだけでなく、見込み顧客や業界の有名人との関係を築くためにTwitterでの会話に参加することもよくあります。

さらにオーガニックなツイート(有料でない通常のツイート)を増やし、広告規模を拡大して自社のコミュニティを成長させるために、FergusonはTwitter広告でフォロワーキャンペーンを実施することにしました。

オーディエンス

米国のインテリアデザイナー、建築者、請負業者をターゲティング

結果

3,000%

新しいアカウントのフォロワー増加数

「キャンペーンを実施してから、Twitterでのエンゲージメント(広告に対するユーザーの反応)が104%増加しただけでなく、Twitter以外でも新しいフォロワーによる効果が見られました。他のSNSからの訪問者と比較して、Twitterからの訪問者はウェブサイトでの滞在時間が長く、表示ページ数も多いようです。」

— ホイットニー・ポーター氏(Ferguson社シニアマーケティングマネージャー)

成功のためのポイント

ツイート本文で直接アクションを誘導する

Fergusonは、ツイート本文に「Follow us」(フォローしてください)という言葉を入れ、フォローした場合のメリットを説明して、ユーザーにアクションを促しました。ユーザーの注意を引きつけ、どのようなアクションをして欲しいかをわかりやすく伝えることで、広告の効果を最大化できました。

ターゲティングでキャンペーンをセグメント化する

Fergusonは、特定のTwitterユーザーに広告を配信するために、フォロワーターゲティングを使いました。インテリアデザイナー向けと建設業者向けのキャンペーンを作り、それぞれのキャンペーンで、@BuildersMagazin、@NAHBhome、@InteriorDesignといった30~40の業界誌アカウントのフォロワーや、それらのフォロワーに似たユーザーをターゲティングしました。このようにキャンペーンをセグメント化することで、ツイートをオーディエンス(広告配信対象となるTwitterユーザー)に合わせて調整でき、どちらのオーディエンスから新しいフォロワーが増えたかを簡単に判別できました。

パフォーマンスに基づいてキャンペーンを最適化する

ツイート本文の違いによる成果の比較や、ターゲティング対象アカウントのフォロー率のモニタリングによって、どのクリエイティブとターゲティングがより効果があるかを判断しました。キャンペーンを頻繁に確認し、あまり効果がないツイートとターゲティング設定は削除して、キャンペーンを最適化しました。

 

Twitter広告を始めませんか?