Twitter広告を利用し、97万以上のインプレッションを達成!虫ケア用品や家庭用品などの製造・販売を行う日用品トータルメーカーのTwitter活用法

虫ケア用品トップクラスの市場シェアを誇る日用品メーカー「アース製薬」。「地球を、キモチいい家に。」というスローガンのもと、安全、安心、快適な生活空間をサポートする同社に、Twitterの活用方法や、導入して感じたメリットについて伺いました。


- まずは、御社が展開するビジネスやターゲット層について教えてください

弊社は、虫ケア用品(殺虫剤)を中心に、オーラルケア用品や入浴剤、消臭芳香剤などを製造・販売している日用品メーカーです。メインターゲットは30~50代の女性で、主婦の方が中心となります。

- 御社のポリシーや、全体におけるマーケティング方針はどのようなものですか

2017年にコーポレート・アイデンティティを制定し、「Act For Life」=「地球を、キモチいい家に。」という新たなスローガンを導入しました。現在は、それを軸にマーケティング活動を行っています。同年の秋より、“殺虫剤”と呼んでいたカテゴリを“虫ケア用品”に改めたのも、その一環です。これには、殺虫剤は「毒性が強そう」「人体に害がありそう」といったマイナスイメージを払拭する意図があります。 “虫を殺す”のではなく“人を守る”ことを重視していると、皆さまにご理解いただけたら幸いです。

- 公式アカウントを開設された理由についてお聞かせください

お客様と接点を持てる場が必要だと考えて、2018年4月にTwitter公式アカウントを開設しました。SNS運用を始めたのは、弊社としてはこれが初。さまざまなSNSの中からTwitterを最初に選んだのは、リアルタイムでコミュニケーションが図れる点に魅力を感じたからです。害虫に関する話題も、以前よりタイムライン上で拝見していました。

- 具体的には、どのような話題をご覧になりましたか

2017年の夏、国内で「ヒアリ」が大量発生した際は、それに関する投稿が多く見受けられました。その中で印象的だったのは、「これはヒアリですか?」「○○(場所)で見ました」といったツイートです。弊社には、そうした疑問に答えられる知識や、駆除に役立つ製品があります。問題を解決に導く情報を発信し、皆さまのお役に立ちたかったことも、アカウントを開設した理由の1つです。

- ツイートする上で、注意されていることはありますか

広告的なツイートを極力避け、一方的な情報発信にならないようにすることです。また、フォロワーの方々にとって、ためになる情報を投稿することを心がけています。その中で、反応が良かったツイートの傾向を見ながら、PDCAサイクルを回すことも重要ですね。

- フォロワーとコミュニケーションを図る上で、注意されていることについてお聞かせください

運用ポリシーとして、フォロワーのリプライには返信していません。代わりに、いただいたご要望を汲み取ったツイートを織り交ぜ、喜んでいただけるよう心がけています。

お話をいただいたアース製薬株式会社  稲積大輔 様

 

- 運用者のキャラクターが出ているツイートが多いのは、意図的なものですか

はい。人気のある企業アカウントを分析したところ、その多くはフランクな雰囲気で運用されていました。それに倣っているから、自然とキャラクターが出ているのかもしれませんね。Twitter運用に関して、弊社はまだまだ新参者。これからも研究を怠らず、効果的な運用方法を模索していきたいと考えています。

- どのような体制でアカウントを運用されていますか

私を含めて3名の「メディア・デジタルチーム」で運用を行っています。社内で投稿ネタを協議して…というよりは、チームでツイートの方向性を決める運用方法です。

- ツイートへのリアクションを増やすために、工夫されている点をお聞かせください

ゴキブリやハエなどの害虫を駆除する製品を紹介する際は、絵文字やアスキーアート(文字や記号を用いた視覚的表現技法のこと)などを使っています。やはり、苦手な方もいらっしゃるので…。こうしたツイートはリアクションが多い傾向にあるので、定期的に投稿しています。

- Twitter広告を利用するようになったきっかけや、成功事例について教えてください

セグメントを細かく設定できる点に魅力を感じ、Twitter広告を利用する前提でアカウントを開設しました。広告配信の成功事例として挙げられるのは、エイプリルフールネタとして投稿した「らくハピお風呂できのこ栽培」というジョーク製品のツイートでしょうか。こちらは、1日で97万以上のインプレッションを達成しました。企業のエイプリルフールネタがお好きそうな、ゲームやアニメファンの方々をターゲティングしたことが、功を奏したのかもしれません。

- Twitterアカウントの運用を通じて感じたメリットはありますか

やはり、拡散力の高さに魅力を感じています。インフルエンサーの方々に弊社の投稿をリツイートしていただいたことで、フォロワーが1日に1,000人以上増えたこともあるんです。改めてメリットを実感しました。

- 最後に、今後の展望をお聞かせください

アカウント運用を始めたばかりなので、トライしてみたいことがたくさんあります。ゆくゆくは、ユーザー参加型のキャンペーンを企画してみたいですね。その中で、弊社アカウントのフォロワー、ひいてはアース製薬のファンを増やしていきたいと思います。

- ありがとうございました

Twitter広告をもっと活用する

Twitterなら、御社のメッセージをあらゆる形で伝えることができます。他社の活用事例を参考に、御社にあった活用方法をぜひ見つけてください。