BRAIN MAGIC

あくまでゴールはクリエーターの課題解決。左手デバイス「Orbital2」を開発・販売する株式会社BRAIN MAGICのTwitter活用術

製品を通してクリエーターを取り巻く環境向上をミッションとする株式会社BRAIN MAGIC。コミュニケーションツールとしてのTwitter活用のノウハウを伺いました。

ビジネスとマーケティングの概要

- 貴社ビジネスの概要を教えてください

BRAIN MAGICは、Orbital2(オービタルツー)を開発・販売しているハードウェアスタートアップです。Orbital2は、イラストレーター、映像クリエイター、フォトグラファー、デザイナーなど、クリエイターのクリエイティブシーンにおける、キーボード操作をなくすことを目的に開発されたクリエイターのための入力デバイスです。独自の機構を採用することにより、過去に類を見ない水準で高機能性と小型化の両立を実現しています。

またマウスやタブレットの最高の相棒として、様々なクリエイティブアプリケーションに対応し、「ショートカットキーを用いる以上の作業時間の 短縮」と「疲労の緩和」を実現した製品です。

- 貴社全体のマーケティングの取り組みはどのようなものですか

Orbital2が購入されるまでの流れは、デジタルチャネルで製品を知り興味を持っていただいた方がECサイトで購入するか、もしくはデジタルチャネルで製品を知り、実際に触れてみて、良いと思ったら店舗かECサイトで購買するケースが多いです。

デジタルがメインですが、 いままで世の中になかった新しいデバイスなので、店舗でのタッチポイントにも重点を置き、目に触れる機会、お手に取っていただく機会を設けています。

また新しいデバイスだからこそ、購入してどう使えばいいかわからない方も多くいらっしゃいます。そういった方々のために、プロクリエイターが制作現場でどのようにOrbital2を活用しているかをまとめたコンテンツの展開や、実際にプロクリエイターが制作現場でOrbital2を活用できるように事前に設定したプロファイルを無償で配布したりもしています。

お客様がはじめてさわる体験から実際に利用する体験までの中で少しでも障壁低く、最高のクリエイティブ体験ができるようにするにはどうすべきかを考えながら、マーケティング活動を行なっています。

Twitterの位置付けとオーガニック運用

- 御社の事業において、Twitterの役割はどのようなものでしょうか

描いた絵をTwitterに投稿しているイラストレーターが多いなど、弊社のターゲット層とTwitterの相性は非常に良いと感じています。そういった方々と関係性を深めていくためのコミュニケーションチャネルとして位置づけています。

私たちはOrbital2を販売することで、多くのクリエイターの作業効率化や、腱鞘炎の方向けに手へかかるストレスの軽減の力になりたいという思いで開発・販売していますが、これは一つの方法論にすぎません。より大きなミッションとして、クリエイターの課題解決や取り巻く環境をより良いものにしていくことを掲げており、そのためにクリエイターに関わるニュースをリツイートでシェアしたり、場合によっては他社製品をご紹介することもあります。

一方的な情報発信ではなく、コミュニティ作りや相互のコミュニケーションには Twitterが最も適していると考えています。企業から顧客へという一方的な関係性でなく、 横並びのコミュニケーションの過程で、 弊社も製品をより良いものにしていけたらと考えています。

- どのような体制でTwitterを運用されていますか

メインは3名ですが、プラス複数の社員も比較的自由に関わる形で運用しています。あらかじめ決めたスケジュールに沿うより、瞬発的にフォロワーさんやお客様のニーズに応じて発信をしていくというスタイルを取っています。

私、甲斐は運用全般を広く見る形で担当しています。

弊社代表の神成は、もともとプロのイラストレーターとして活躍しており、自分の悩みを解決するためにOrbital2を開発しました。そのため、自身の経験から推測できるクリエーターの課題や悩みをTwitter上で拾い、積極的にリプライするなどのサポートを行っています。

ディレクターの齋藤は創業初期からの参画メンバーで、コンテストやプレゼント企画などのキャンペーン企画全般を担当しています。Orbital2の販売当初からずっと関わっているからこそわかる、お客様の気持ちに寄り添った製品サポートや、クリエイターの方々に喜んでいただける企画の立案と実行を行っています。

あとは有志の社員で日々の役立つ情報の発信を行なっています。 開始当初は複数メンバーで運用することによってトンマナが合わないことなどを懸念していましたが、そこを気にするよりも機会損失を極力減らすことの方が重要だと考え、各自がお客様にとって役に立つ情報であるかどうかをきちんと考えることを前提に、自由に投稿してよいという現在の形になりました。

お話を伺った株式会社BRAIN MAGIC 甲斐様 神成様 齋藤様 

- 日頃のツイートで工夫されていることはありますか

TwitterでのエゴサーチやIFTTTを使って、製品名やクリエーター関連のワードが含まれたツイートを社内で共有できるようにしています。そうすることで製品を知っている方に対しては、困りごとの解決や使い方の説明などのアプローチをし、製品をまだご存知ない方に対しては知っていただけるようなアプローチができています。Twitterには、わざわざメーカーに連絡するほどでもないちょっとした不満や疑問がツイートされることが多く、こうした地道な対応を大切にしています。

ネガティブなコメントに対してもなるべく返信するようにしています。「使えなかった」「高すぎる」などの声にも、どの点が使えないと思ったのかなど、聞ける範囲で具体的にヒアリングし、「また機会があったら試してみてくださいね」といったトーンで返信するようにしています。 マイナスのイメージを持っている方にどうコミュニケーションするかがむしろ重要だと思っており、コミュニケーションツールとしてのTwitterの活かし所だと考えています。

扱っている製品がガジェットなので、どうしてもアップデートなどに伴い不具合が起きることがあります。 そういった時は、製品をおすすめする便利な使い方などのツイートをすると、やはりお客様目線では印象がよいとは言えないので、不具合の解消に重点を置いたツイートや、場合によってはツイートをしないようにしています。

- ビジネスでTwitterをやっていてよかったと実感したことや始めてからの新たな発見、オーガニックの運用がビジネスゴールにつながったと感じたことはありますか

前述のネガティブコメントに対するコミュニケーションに関連しますが、過去に 「Orbital2高すぎる」というコメントを頂いた方に対して、値段に対する価値や製品の詳しい説明などをしたところ、ご購買につながったことがあります。 実際に高価な製品な上に機能が多く、一朝一夕に魅力が伝わらないところがあります。耐久性や使用しているパーツの質などをお伝えして値段には納得感を感じていただけたのが嬉しかったです。

また、4月末から5月末までの1ヶ月で実施したイラストコンテストでは広告を利用せずオーガニックのみでの展開をしましたが、応募のあったツイートをリツイートするなどで周知を高め、合計で90以上の応募をいただきました。

コンテスト系に関してはプロモーションを使わない方針なのですが、理由はすでにフォロワーの質がよいからです。以前に行ったフォロー&リツイートキャンペーンで、ターゲットにマッチしたクリエーターの方たちにフォローいただけたのが奏功しました。このコンテストキャンペーンを通して、自分の絵をみてもらえたら嬉しいというクリエーターの思いと、クリエーター同士が横でつながるきっかけ作りができたと感じています。

Twitter広告の成果

- Twitter広告を始められたきっかけは何ですか

Twitter利用者と弊社のターゲット層の相性が非常に良いため、もっと多くの方に製品を知っていただきたき、興味をもってもらえればという思いから広告を始めました。実際に他のプラットフォームと並列で広告を配信しましたが、 Twitterの効果が一番よかったですね。

- Twitter広告はどのような目的で実施されていますか

主に動画広告を配信しているのですが、動画の再生数よりクリック数に着目しています。認知の面では再生数も大事な指標ですが、最終的には製品の詳細をご覧いただき購入に近づけることが目的のため、送客数を見ています。

実販売数に関しては、販売チャネルがオンライン・オフライン含め多岐に渡り、直接的な販売台数との相関は見えないため、指標としていません。

- ターゲティングやクリエイティブにどのような工夫をされましたか

ターゲティングはクリエーターのフォロワーや関連キーワードを中心に設定しています。

クリエイティブは見せ方を少しずつ変えて効果を見ながら最適化しており徐々に改善してきています。製品の特徴に特化した内容をずっと広告にしても、受ける側は面白いと感じないと思いました。広告であっても、利用者同士のコミュニケーション発生させるのがよいと考え、実際にクリエイターの方がどのようにOrbital2を使用しているか書いた記事を広告に展開させています。

製品に興味を持ってもらうことはもちろんですが、クリエイターにスポットライトを当てることによって、 クリエイター目線での製品の活用ポイントや、 作品を作るうえで役に立つ話を発信してもらい、 見る人たちにより親近感を持ってもらえていると思います。

- Twitter広告で特にうまくいったキャンペーンの事例はありますか

伝わりやすいクリエイティブとはどんなものかを熟考し、下記をポイントに制作した動画広告は多くの流入に繋がりました。

  • 動画下にキャラクターイラストを配置して目線を集め、その中にアクションを促すボタンを配置する
  • 動画内で製品のメッセージを大きく表示
  • 積極的なアニメーションの使用でタイムラインで目立つようにすること
  • イラストを描いている様子を動画に含めることで、誰向けの広告かを視覚的に伝えること

また別のキャンペーンで、初心者にも受け入れやすい動画編集に関する内容でクリエーターコンテンツを展開したものも、9%近いクリック率を達成でき、非常によい結果となりました。

コンテンツの内容やクリエイティブの作り方が広告の結果に大きく影響を与えるということを実感していますね。

- ありがとうございました

Twitter広告スペシャリストに相談する

御社にあったTwitter広告の活用方法にお悩みなら、ぜひ弊社の広告スペシャリストにご相談ください。