オンライン通販の売上を拡大したリテール企業

UNTUCKit(@UNTUCKit)はニューヨークを拠点とするリテール企業で、裾の長さにこだわったシャツを販売しています。

キャンペーンの目的

UNTUCKitでは、ブランドの認知度を高め、オンライン通販の売上を拡大したいと考えていました。同社の最優先事項は、顧客獲得あたりのコスト(CPA)を予算内に収めつつ売上を増加させることでした。同社は、ターゲット層をUNTUCKitのウェブサイトに誘導するべく、Twitter広告でウェブサイトクリックキャンペーンないしコンバージョンキャンペーンを実施することにしました。

オーディエンス

米国の25~60歳の男女をターゲティング

結果

12%

コストカット率(CPAを基準目標と比較)

成功のためのポイント

商品とともにメディア記事をアピールする

UNTUCKitでは広告のイメージ画像を使って、ブランドの旗艦商品であるシャツにスポットライトをあて、同時に新作コレクションの一部を紹介しました。インパクトのあるイメージ画像を採用したことにより、うまく自社ブランドを表現し、UNTUCKitに馴染みのないオーディエンス(広告配信対象となるTwitterユーザー)を惹きつけることができました。

また、UNTUCKitに関する注目のメディア記事やおすすめをツイート本文に記載。有名雑誌や有名人など、よく知られた名前を出すことで、オーディエンスの注意を引き、信頼性を高めました。

年間戦略と季節販促を組み合わせる

UNTUCKitは、通年広告と、クリスマスやバレンタインデーといった特別な日に合わせた単発広告のどちらも実施しました。季節に応じたキャンペーンを打つことで、ギフト市場にも進出しました。

また、季節限定のキャンペーンと年中行うキャンペーンをバランスよく展開することで、季節が生むビジネスチャンスをものにしながら、継続的に売上を伸ばすことができました。

ウェブサイトタグでコンバージョントラッキングとリマーケティングを行う

UNTUCKitは、ウェブサイトタグというコードスニペットを自社のサイトに埋め込み、サイト訪問数とコンバージョン(最終目的とするアクション)をトラッキングしました。また、ウェブサイトタグのおかげで、UNTUCKitのサイトを以前訪れたことがある人や、UNTUCKitの商品を購入したことがある人を対象にリマーケティングも行えました。そうした購買意欲の高い人々をターゲティングするという効率的な方法で、サイト訪問数と売上は向上しました。

Twitter広告を始めませんか?