アカウント運用体制の見直し後にフォロワーが急増!担当者の個性を活かしたツイートで話題を集めるタクシー会社のTwitter活用術

京都を拠点に全国8都市で運行するMKタクシー。写真付きツイートなどで話題を集め、2019年3月時点で39,000超のフォロワー数を誇ります。今回は、アカウント運用担当者さまに、運用が軌道に乗ったきっかけや反響が高いツイートの傾向などについて話を伺いました。


- まずは、御社の企業理念や展開するビジネスについて教えてください

企業理念の1つは、お客様第一主義です。丁寧な接客を心がけており、通常の運転業務以外にも、お客様の移動を高級車でサポートするハイヤーや、海外からの旅行者向けに英語を話せるドライバーの手配ほか、旅行者の方に向けた京都観光ツアーの企画など、さまざまなサービスを行っております。

-どのような目的でTwitterを利用されていますか

タクシーの利用者層は、高齢者や30代~50代のビジネスパーソンが特に多いので、若い方々にご乗車いただけるように、Twitterを利用して認知を広げています。また、タクシードライバーの社会的地位向上も弊社が掲げる企業理念の1つ。そのため、ドライバーの魅力を皆さまに伝えるべく、積極的な情報発信も心がけています。

- 1人でアカウント運用をされているそうですが、担当者になった経緯を教えてください

アカウント自体は2011年に作成していたのですが、4年運用を続けてもフォロワーは70人ほどで……。そこで、私が入社した2015年春より、まずは私を含めた4名のチームでアカウントを運用することに。しかし、複数人でツイートするとアカウントの個性が出にくく、なかなか上手くいなかったんです。当時のフォロワーは1,000人ほどでしょうか。それからチーム内で話し合い、「私が担当します!」と申し出ました。「こうしたら運用が軌道に乗るのでは?」というアイデアがあったんです。

- そのアイデアとはどんなものですか

トレンドを取り入れたツイートや他社アカウントとのコミュニケーション、SNSを活用したツアーの企画などです。多くの方からリアクションをもらえるまで非常に大変でしたが、なんとか1年かけてフォロワー1万人を達成しました。

お話をいただいたMK株式会社  今井様

 

- 今のお話にあった、SNSを活用したツアーについて教えてください

実在する日本の名刀を擬人化した「刀剣乱舞」というゲームに関するツアーです。京都には、同作に登場する刀を納めた神社が複数あり、多くのファンの方々が聖地巡礼されていました。各神社の距離が離れていたこともあり、神社さん側から「ツアーを企画してくれませんか?」とお声がけいただいたき、企画実現に至ったんです。私がツアーの企画担当も兼ねていたため、Twitterでその情報をアナウンスしたところ、4,000件以上もリツイートされて非常に驚きました。

- ツアーの反響はいかがでしたか

お客様が当日の模様を写真付きでツイートしてくださったこともあり、日に日に集客は増えていきました。私もそうしたツイートを目にするたびに、リツイートするようにしていましたね。結果的に、全国から京都に駆けつけてくれたお客様は200名ほど。いくつかツアーを企画してきましたが、ここまで多くの方に来ていただくことはなかなかありません。また、お客様の大半は10代から30代の女性で、普段は弊社を利用されることが少ない層であったことも嬉しかったです。

- Twitterを話題作りに活用されたんですね

それ以降は、定期的に他社様とコラボレーション企画を行っています。弊社の情報を新規のお客様に届けられるので非常に効果的です。Twitterをきっかけに弊社を知っていただけることも多く、嬉しい限り。MKタクシーが運行していない地域の方が京都に来られた際に、「MKタクシーって本当に実在するんですね。初めて乗りました」などと、リプライをくださることも少なくありません。

- Twitter利用者とのコミュニケーションについて何か意識していることはありますか

他の業務が忙しいとリプライに対応できないときがありますが、なるべく返信したいと思っています。場合によっては、「MKタクシー」と検索して見つけたツイートに対して、こちら側からリプライすることも。例えば、お客様が音楽ライブに向かう目的でMKタクシーに乗車されたと分かったときは、そのアーティストが歌う歌詞をツイートに織り交ぜてリプライしたことがありました(笑)。ちょっとしたユーモアを交えながらコミュニケーションすることは大切ですね。

- 反応が良いツイートの傾向があれば教えてください

高いインプレッションを獲得しやすいのは、やはり写真付きツイートです。ドライバーの手元を撮影して、「こういう手元の写真好きな方どれくらいいらっしゃいます?」とツイートした際は、14,000件以上のリツイートを達成しました。白手袋が執事風に見えるということで、ご好評いただいたようです。知る人ぞ知る京都の絶景や、街で出会った猫の写真もリアクションが良いですね。意外にも、タクシーのお得なキャンペーン情報などをツイートしても反応が良くないです。お得な情報であったとしても、そこに面白味がないとダメなのかもしれません。

- 猫は御社のビジネスとは関係がないと思うのですが、ツイートされたのは、カジュアルな話題を通してフォロワーとの距離を縮めたかったからですか

そうですね。4年前から京都で目にした猫の写真をアップし続けていました。結果的に、仕事につながっています。2019年2月22日の猫の日に合わせて、猫のしっぽなどの装飾を施した「MKねこタクシー」を運行するという企画の実現に至ったんです。これも多くのフォロワーの方々が、猫のツイートに対して、いいねやリツイートをしてくださったおかげです。

- 最後に、今後の展望について教えてください

現在は、京都でコスプレツアーを企画しています。Twitterを通じてどれだけ話題が広まるかを計測しながらツアーを続けていきたいです。あとは、Twitterを通じてつながった他社様と、コラボレーションを行いたいですね。上手くタクシーを絡めた企画を考えられればと思います。

- ありがとうございました

Twitter広告をもっと活用する

Twitterなら、御社のメッセージをあらゆる形で伝えることができます。他社の活用事例を参考に、御社にあった活用方法をぜひ見つけてください。