アプリのダウンロード数アップに成功したインド企業

BillBachao(@billbachao)は、インドを拠点とする企業で、ニーズに適った携帯電話プランを検索するためのアプリを開発・提供しています。インドの携帯電話ユーザーの70%以上が通信サービスに割高な料金を払っていると言われる中、同社のアプリは、そんなユーザーの利用パターンをビッグデータ分析の結果に照らして、割安な料金プランを提示します。

キャンペーンの目的

キャンペーンの目的

BillBachaoは、プロモーションの共有や関連性の高い会話のキャッチ、そしてユーザーとの関係の構築に、Twitterを利用しています。今回、モバイルアプリのダウンロード数を促進するにあたっては、広告代理店の@befoxyと提携し、アプリインストールキャンペーンないしエンゲージメントキャンペーンを展開することにしました。

オーディエンス

携帯電話を使いこなしコストに敏感な16~25歳のインドの大学生をターゲティング

56%

キャンペーン期間中のアプリのインストール数増加率

「Twitterは、他のソーシャルメディアプラットフォームに比べて、より自然にターゲット層にリーチできます。スピードと効率の点で、見込み顧客と対話し、また影響力のあるユーザーとつながるための最も優れたツールと言えるでしょう。」

— アミーヤ・コーランベッカ氏(BillBachao社マーケティング部長)
ツイートで質問を投げかける

ツイートで質問を投げかける

BillBachaoはツイートの本文で質問を投げかけることで、ユーザーに会話に加わっているように感じてもらい、クリックしてみようという気にさせました。実際、キャンペーンのツイートにクエスチョンマーク(?)が含まれていると、クリック数が8%増加するというデータがあります*。

成功のためのポイント

キーワードターゲティングで強い関心を持つオーディエンスにリーチする

BillBachaoのターゲット層のオーディエンスは、モバイル端末や関連する話題について頻繁にツイートしていることがわかりました。そこでBillBachaoはキーワードターゲティングを採用。それにより、携帯電話プランに強い関心を示すオーディエンスにリーチすることができました。さらにそこから地域ターゲティングで、同社が事業を展開している地域のユーザーのみにキャンペーンの対象を絞りました。

コンバージョントラッキングでキャンペーンを最適化する

BillBachaoは、キャンペーン管理画面でエンゲージメントやコストパークリック(クリックあたりのコスト、CPC)などの重要なデータをトラッキングしました。キャンペーンにコンバージョントラッキングを組み込んだおかげで、インストール数の増加に最も効果のあるキャンペーンを調べたり、好調なキャンペーンを強化したりといったことも、すばやく簡単にできました。

「Twitterで獲得したユーザーの定着率は非常に良好でした。また、Twitter以外のプラットフォームと比較して2倍から3倍のエンゲージメントを獲得できました。」

— ニランジャン・ムカジー氏(BillBachao社社長)

Twitter広告を始めませんか?