Twitter広告で全世界にビジネスを宣伝しましょう。Twitterの優れたターゲティングで世界市場とつながることができます。

地域に密着し続けるにしても、海外のオーディエンス(広告配信対象となるTwitterユーザー)にリーチするにしても、ビジネスとの関連性の高い市場、国、地域、都市部、郵便番号を選択できます。また、言語でターゲティングを絞り込むことで、どこの地域の見込み顧客にも理解される広告を表示することができます。

キャンペーンを再開するには、再生アイコンをクリックします。

 国レベルのターゲティング

 詳細なターゲティング(地域、都道府県/州、都市、郵便番号)

Twitterの充実した地域ターゲティングと言語によるオーディエンスの絞り込みについての詳細をご覧ください。

Twitterで世界に進出するための5つのベストプラクティス

  1. 地域の特色を強調する

    「カナダのメープルシロップ」、「スイスの時計」のように、商品が特定の地域のものであることを強調して品質や特性を際立たせることで、世界市場でアピールします。Twitter広告では、世界中の見込み顧客が御社の商品に出会い、購入することができるようになります。

  2. 国際的なイベントと連動する

    Twitterには、日常や特別なイベントでの会話の自然な波がリアルタイムで現れます。ハッシュタグやキーワードがこの波の中心になっていることがよくあります。マーケティング担当者は、このキーワードやハッシュタグを使って世界中の関連する会話に参加することができます。Search.twitter.comを使うことで、スモールビジネスサタデー(アメリカとイギリス)、ユーロビジョンソングコンテスト(ヨーロッパ)、ギビングチューズデー(全世界)など、複数地域で展開する文化交流の機会を見つけることができます。

  3. 近接する地域や言語でキャンペーンをセグメント化する

    たとえば、アメリカとカナダをまとめて北アメリカ向けキャンペーンを作成したり、北欧諸国をまとめたキャンペーンを作成したりできます。こうすることで、キャンペーンが整理しやすくなり、キャンペーンの効果の著しい場所を正確に把握することができます。

  4. コンテンツを市場に合わせて調整する

    商品が何であれ、1種類の広告で全世界の消費者に訴求することはできません。キャンペーンを地域や言語でセグメント化したら、それぞれの文化や興味に合わせて、画像やツイートの内容、オファーを調整しましょう。分析し、テストするのです。

  5. Twitterへの露出をオーディエンスに合わせて国際化する

    国際的な企業でも、1つのTwitterアカウントで1、2の言語でしかツイートしていないことがあります。様々な国のユーザーのツイートをリツイートして、コミュニティの国際性を強調したり、タイムラインを多様化したりしてみましょう。最大のマーケット向けに独立したアカウントがある場合は、それぞれのアカウントにテイラードコンテンツを作成して、地域ごとの特色を反映しましょう。


目的を選ぶ

Twitter広告キャンペーンは、世界のどこからでもビジネスの目標を実現できるよう、お手伝いをします。

世界中のオーディエンスとつながるためのTwitterの活用事例

Twitter広告を始めませんか?