ブランド認知度の向上キャンペーンを作る

「ブランド認知度の向上」キャンペーンは、より多くのお客様にメッセージを届けてブランド認知度を向上するために有効です。

ブランド認知度の向上キャンペーンでは、1,000インプレッション(広告の表示回数)あたりの入札額(CPM: インプレッション単価)を指定します。その入札額と設定した予算、ターゲティング、クリエイティブの中で、広告がより多くの利用者に表示されるように最適化されます。

概要

  • ブランド認知度の向上キャンペーンの設定
    下向き矢印アイコン

    Twitter広告管理画面にログインします。まだ最初のキャンペーンを設定していない場合、キャンペーンの種類を選ぶように求められます。既存のキャンペーンが存在する場合は、[キャンペーン] タブの [目的別のレポート] 画面で青色の [新規作成(目的を選ぶ)] ボタンをクリックします。 

    表示される選択肢から [ブランド認知度の向上] キャンペーンを選びます。

    キャンペーンに名前を付けて期間を設定する

    キャンペーンに名前を付けます。このキャンペーンでターゲティングするオーディエンス(広告配信対象となるTwitter利用者)に関連した名前にしておくと、今後作る他のキャンペーンと区別しやすくなります。

    キャンペーンの開始日と終了日を入力します。オプションとして、[今すぐ開始して、継続的に実施] を選んで1日の上限予算金額を設定すると、フォロワーを安定的に増やすことができます。これらの詳細とオプション設定のヒントについては「キャンペーンの期間と予算」をご覧ください。

     

  • ブランド認知度の向上キャンペーンのターゲティングの設定
    下向き矢印アイコン

    ブランド認知度の向上キャンペーンでは、すべてのターゲティングタイプがサポートされています。詳細については「ツイートエンゲージメントキャンペーンを作る」のターゲティングについてのセクションをご覧ください。

    ブランド認知度の向上キャンペーンの予算と入札額を設定する

    Twitter広告の価格は自動のオークション形式で決まります。ブランド認知度の向上キャンペーンでは、1,000インプレッションあたりの入札額(CPM)を設定します。インプレッションの定価は決まっておらず、キャンペーンの設定時に、そのキャンペーンを通じて獲得したインプレッション1,000件ごとに支払う金額の上限を指定します。この金額が入札額です。

    このときのポイントは、それぞれのキャンペーンが貴社にもたらす価値を十分に検討して、その最低限の対価を入札額として設定することです。たとえば広告を表示したいアカウントの数など、そのキャンペーンの目的を達成するために必要となる金額を入札額に設定するのがおすすめです。入札額を超える金額が請求されることはありません。また通常、支払う料金は入札額より少なくなります。

    キャンペーンで広告が表示される範囲は入札額に比例し、入札額を高くすればより多くのアカウントに広告が表示されます。他の広告主と比べて入札額が低いと、自社のキャンペーンが表示されないこともあります。

    また、キャンペーンの日別予算と任意で予算総額も入力するように求められます。指定した予算総額に到達すると、その予算を増額するまでキャンペーンは停止します。指定した日別予算に到達すると、いったんキャンペーンは停止されて次の日に再開します。

     

    上記の項目の下に、入札額を設定する項目があります。

  • ブランド認知度の向上キャンペーンの最適化
    下向き矢印アイコン

    [予算総額を設定する] セクションには、[リーチが最大になるように最適化] と [エンゲージメントを伴うリーチ用に最適化] という選択項目があります。デフォルトでは [リーチが最大になるように最適化] に設定されています。

  • クリエイティブの選択
    下向き矢印アイコン

    ブランド認知度の向上キャンペーンでは、すべての形式のクリエイティブがサポートされています。ただし、動画クリエイティブを使ってブランド認知度の向上キャンペーンを行うと、「動画の再生数」キャンペーンよりも動画が視聴される確率が下がる可能性があります。ブランド認知度の向上キャンペーンでは、メディアの表示や視聴ではなく、広告の表示される対象と回数が最大化されるためです。


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。

Twitter広告を使う