準備は整いましたか?

アプリのインストール数または起動回数キャンペーンを開始しましょう。

アプリのインストール数または起動回数キャンペーンを作る

アプリのインストール数または起動回数キャンペーンでは、モバイル端末を利用するオーディエンスをターゲティングし、アプリのインストールや起動回数を増やします。モバイル市場向けに最適化されたツイートを表示することで、利用者はタイムラインから直接アプリをインストールしたり起動したりできるようになります。


アプリのインストール数または起動回数キャンペーンを設定する

始めるには、Twitter広告アカウントを作成してログインします。   

  1. 広告マネージャーの右上にある [キャンペーンを作成] をクリックします。
  2. キャンペーン目的の一覧から [アプリインストール数] または [アプリの起動回数] を選択します。
  3. [詳細] タブにキャンペーン設定フォームが表示されます。ここでは、キャンペーンの名前の指定お支払い方法の選択プロモーションするアプリの選択キャンペーンの期間と予算の設定を行うことができます。
  4. 最初の広告グループを設定します。希望する広告グループの開始時間と終了時間を設定します。
  5. キャンペーンで使う入札タイプを選択します。 
    • 自動入札: 最小限の費用(予算内)で最高の結果が得られるように入札額が最適化されます。自動入札は、すばやく簡単にキャンペーンを実施してプラットフォームでインプレッションを得るのに適した方法です。
    • 目標コスト: アプリのクリックまたはアプリのインストールあたりに支払う入札額を指定できます。設定すると、その目標額を下回ることなく1日あたりの平均コストパークリックまたはコストパーインストールが達成されるようにキャンペーンの入札額が最適化されます。広告主様は、1日に発生したすべてのクリックまたはインストールについて実際の平均コストを支払います。1日の途中で入札額を変更した場合、最も高い目標コストに合わせて平均額が達成されます。
    • 上限入札単価: アプリのクリックまたはインストールごとに支払う金額を細かく管理できます。この入札タイプでは、アプリのクリックまたはインストールに支払ってもよい金額(上限入札単価)を正確に選択でき、この金額を超えて課金されることはありません。この入札タイプは、数多くのクリックまたはインストールごとに支払う金額を正確に予想できる経験豊富な広告主様に役立ちます。
  6. 最適化設定と、課金対象を選択することもできます。
    • アプリのインストール: (ターゲティング内で)アプリをインストールする可能性の高い利用者に広告が表示されます。課金対象としてこれを選択すると、利用者がアプリをインストールした場合にのみ課金されます。
    • アプリのクリック: (ターゲティング内で)アプリをクリックする可能性の高い利用者に広告が表示されます。課金対象としてこれを選択すると、利用者がクリックしてアプリストアに、または直接アプリに誘導された場合にのみ課金されます。
  7. キャンペーン設定の [ターゲティング] タブで、広告を表示するオーディエンスを選択します。ターゲティングオプションの詳細は、こちらをご覧ください。
  8. キャンペーンで使うツイートを選択します。この手順では、ツイートを表示するTwitterとTAP上の場所をカスタマイズすることもできます。
  9. [レビューして完了] タブで最終的なキャンペーン設定を確認します。キャンペーンに広告グループを追加する場合は、この画面で追加できます。
  10. アプリのインストール数または起動回数キャンペーンを開始します!

入札オプション

モバイルアプリプロモーションのキャンペーンには、ROIをできるだけ高めるうえで役立つ、いくつかの入札オプションがあります。キャンペーンを作った後、または下書きを保存した後は、入札タイプ(CPAC、OAB、CPI)を変更することはできませんのでご注意ください。

コストパーアプリクリック(CPAC)入札

  • アプリクリックあたりの入札と課金を行います。
  • この入札オプションをオンにするために、モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)は必要ありません。

アプリのクリックとは、アプリストアに誘導した、または直接アプリに誘導したクリックです。利用者がこの行動をとった場合にのみ課金されます。この入札オプションでは、アプリのクリック数(および価値の高いアプリのクリック数)ができる限り多くなるよう最適化されます。1日あたりの平均CPCは、設定した目標入札単価以下になります。キャンペーン期間中、目標入札単価の20%を超えて課金されることはありません。

最適化されたアクション入札(OAB)

  • アプリインストールあたりの入札をし、アプリクリックあたりの課金を行います。 
  • この入札オプションをオンにするには、モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)が必要です。MACTの詳細は、こちらをご覧ください。

OABはCPACと同様ですが、アプリクリックの代わりにアプリインストールあたりで入札を行います。アプリのクリック数のみに基づいて課金されますが、上限入札単価がインストールあたりのおおよその支払い額となります。このオプションでは、入札額を大きく超える金額が請求されることはありませんが、支払う料金が入札額より低い場合や、若干高くなる場合もあります。OABキャンペーンは予測インストール数に基づきますので、上限入札単価はあくまでも目安となります。

コストパーインストール(CPI)の入札

  • アプリインストールあたりの入札と課金を行います。
  • この入札オプションをオンにするために、モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)は必要ありません。MACTの詳細は、こちらをご覧ください。   

CPIは、OABの考え方を一歩進めたもので、アプリのインストールに対して入札と課金を行います。Twitter広告からアプリがインストールされた場合にのみ支払いが発生します。このオプションでは、入札額を超える金額が請求されることはありません。また通常、支払う料金は入札額より少なくなります。

入札タイプは、御社のアプリプロモーション目標に応じて選んでください。

新しくTwitter広告を始める場合は、入札タイプごとにキャンペーンを作って3種類すべてをテストすることをおすすめします。

フローチャートを参考にして、キャンペーンの入札タイプを決定してください。  

注記: CPI入札(アプリインストールあたりの入札と課金)のキャンペーンを行う際は、以下の点に注意してください。 

  1. CPI入札のキャンペーンを作った後、予算を減らすことはできません。ただし、増やすことはできます。
  2. キャンペーンを作った後、または下書きを保存した後は、入札タイプ(CPAC、OAB、CPI)を変更することができません。
  3. CPI入札では、Twitterの初期設定のアトリビューション期間(30日間)中の1日あたりのクリック数に基づいて支払いが行われます。
  4. Twitterは利用者がアプリをインストールしたとき(表示したときではない)に対して課金を行うため、キャンペーンの一時停止後に課金額が増える場合があります。

アプリのインストール数または起動回数キャンペーンを配信する

アプリのインストール数または起動回数キャンペーンのツイートは、次の場所に表示されます。

  • 利用者のタイムライン(オプション): プロモーションされているツイートが特定の利用者に関連する場合、その利用者のタイムラインにキャンペーンのツイートが表示されることがあります。
  • プロフィールとツイートの詳細ページ(オプション): ターゲティングしている利用者がTwitterプロフィールやツイートの詳細ページに移動した場合、インプレッションが表示されることがあります。
  • twitter.comの関連する検索結果ページの上部(オプション): 広告パートナーのアプリキャンペーンは、Twitter.comの一部の検索結果ページの上部と、Hootsuiteなどの選ばれたエコシステムパートナーに表示されます。
  • Twitterオーディエンスプラットフォームのパートナーアプリケーション(オプション): Twitterオーディエンスプラットフォームを利用すると、毎日使われている多数のアプリとウェブサイトのオーディエンス(広告配信対象となるTwitter利用者)にリーチできるため、キャンペーンの規模を拡大できます。注記: Twitterオーディエンスプラットフォームにキャンペーンを拡大する際は、貴社の広告に最も当てはまるカテゴリーを選ぶよう求められます。カテゴリーは1つだけ選ぶことをおすすめします。また、広告を配信するカスタムクリエイティブの形式を選択することもできます。カスタムクリエイティブの詳細については、こちらをご覧ください。

モバイルアプリプロモーションキャンペーンでは、広告を表示するTwitterとTAP上の場所を完全にカスタマイズできます。このカスタマイズは、キャンペーン設定フォームの [クリエイティブ] タブで行うことができます。


結果を確認する

広告マネージャーでは、アプリのインストール数および起動回数キャンペーンの結果を確認できます。右上で日付範囲を絞り込むと、ご利用金額の合計結果結果あたりのコスト結果レートなどの主なデータが表示されます。"結果" は、キャンペーンの設定時に選択した内容に応じて、アプリのクリックとインストールのどちらかになります。

アプリのクリックは、アプリのインストールまたは起動につながったクリックの合計数です。インストールは、利用者がアプリストアからアプリをインストールした回数です。

広告マネージャーを使ってデータを表示し、ダウンロードする方法の詳細は、こちらをご覧ください。   

アプリのインストール数または起動回数キャンペーンについてのよくある質問

  • アプリのインストール数または起動回数キャンペーンを使う理由とタイミングを教えてください。
    下向き矢印アイコン

    アプリのインストール数キャンペーン

    理由 

    ほとんどのTwitter利用者はモバイル端末でTwitterを使っています。アプリのインストール数キャンペーンは、Twitterアプリに表示された広告からアプリストアにシームレスにコンバージョンする可能性のあるモバイル端末の利用者とつながるための最適な方法です。 

    タイミング

    新しいアプリをプロモーションする場合や、アプリの新しい利用者にリーチしたい場合、実施するキャンペーンの目的はアプリのインストール数です。 

     

    アプリの起動回数キャンペーン

    その理由は?

    人々は何かを知りたいと思ってTwitterを利用しています。起動回数キャンペーンでアプリをプロモーションすると、アプリの印象を継続的に与え、ブランドロイヤリティを向上させたり、アプリ内アクションを促したりすることができます。

    タイミング

    アプリの起動回数キャンペーンは、既存のアプリ利用者を維持するのに最適です。既存の利用者がアプリ内アクションを実行するように誘導したい場合は、起動回数キャンペーンが最適です。 


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • アプリのインストール数または起動回数キャンペーンにかかるコストを教えてください。
    下向き矢印アイコン

    Twitterの顧客獲得単価についての価格設定では、キャンペーンで促進したい特定のアクションについてのみ支払いが発生します。     

    アプリのインストール数または起動回数キャンペーンの場合は、キャンペーンの設定時に選択した内容に応じて、アプリのクリック数またはアプリのインストール数に対してのみ課金されます。対象のアクションが発生しなかったインプレッションは無料となります。

    アプリキャンペーンでアプリのクリックまたはアプリのインストールあたりに支払うコストは、キャンペーンで設定した予算と入札額、選択したターゲティングによって決まります。キャンペーン設定には、ターゲティングに基づいてリアルタイムの入札ガイダンスが表示されます。Twitter広告の料金の詳細は、こちらをご覧ください。

    詳細

    アプリのインストール数または起動回数キャンペーンを設定するとき、入札タイプとして自動入札、上限入札単価、または目標コストを選択できます。目標入札単価では、目標のコストを達成しながら、アプリを特に使う可能性が高いアカウントからのアプリのクリックまたはアプリのインストールに対し入札できるようになるため、このオプションをおすすめします。キャンペーンを設定して入札額を入力するときは、目標入札単価をアプリのクリックまたはアプリのインストールあたりに支払ってもよい金額と考えてください。

    それぞれのアプリのクリックまたはアプリのインストールが貴社にもたらす価値を十分に検討してください。キャンペーンの目的を達成するために必要となる金額を入札額に設定するのがおすすめです。入札額を超える金額が請求されることはありません。また通常、支払う料金は入札額より少なくなります。ただし、他の広告主様と比べて入札額が低いと、自社のキャンペーンが表示されないこともあります。

    アクションごとに支払う入札額の管理だけでなく、キャンペーンの総予算の管理もできます。入札額を設定したら、キャンペーンの総予算とオプションの日別予算を入力するよう促すメッセージが表示されます。指定した予算総額に到達すると、その予算を増額するまでキャンペーンは停止します。指定した日別予算に到達すると、次の日になるまでキャンペーンは停止します。 


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • アプリのインストール数または起動回数キャンペーンで使えるツイートの種類を教えてください。
    下向き矢印アイコン

     

    アプリのインストール数および起動回数キャンペーンでは、アプリプロモーションカードを使う必要があります。カードは以下の4種類があり、すべて [クリエイティブ] < [カード] タブで作ることができます。

    • 縦横比1:1のイメージアプリカード
    • 縦横比1.91:1のイメージアプリカード
    • 縦横比16:9のビデオアプリカード
    • 縦横比1:1のビデオアプリカード

    アプリカードを設定する方法の詳細は、こちらをご覧ください。 

     

    上記のすべてのカードの特徴については、Twitter広告で使える各カードの特徴のページをご覧ください。   

    使うツイートの種類にかかわらず、キャンペーン設定で選択した内容に応じて、アプリのクリック数またはアプリのインストール数に対してのみ課金されます。

    広告主様とそのプロモツイートの内容はすべて、Twitter広告ポリシーに準拠している必要があります。  


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • サードパーティーのモバイルアプリのコンバージョントラッキングを設定する方法を教えてください。
    下向き矢印アイコン

    MACTは、モバイルアプリのコンバージョントラッキング(Mobile App Conversion Tracking)の略です。MACTの概要、選択できるパートナー、Twitter広告アカウントでMACTパートナーを設定する方法の詳細については、こちらをご覧ください。


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • モバイルアプリプロモーションキャンペーンでどの入札タイプを使えばよいかわかりません。
    下向き矢印アイコン

    アプリのインストール数キャンペーンの3つの入札オプションは、ROIをできるだけ高めるうえで役立ちます。どのオプションを選ぶかは、具体的な目標によって決まります。キャンペーンを作った後、または下書きを保存した後は、入札タイプ(CPAC、OAB、CPI)を変更することができません。

    キャンペーンに適した入札オプションを選ぶのに役立つ#アドバイス をいくつかご紹介します。

    コストパーアプリクリック(CPAC)入札

    – アプリクリックあたりの入札と課金を行います。
    – この入札オプションをオンにするために、モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)は必要ありません。

    このオプションは、すばやく規模を拡大したい広告主様に最適です。特定のユーザー名やキーワードでターゲティングした主要なオーディエンスなど、ターゲットを絞り込んだキャンペーンで使います。パフォーマンスが下がり始めた場合は、他の入札タイプに拡張することをおすすめします。

    最適化されたアクション入札(OAB)

    – アプリインストールあたりの入札をし、アプリクリックあたりの課金を行います。 
    – この入札オプションをオンにするには、モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)が必要です。 

    このオプションは、キャンペーンのパフォーマンスを高める場合に最適です。クリエイティブの形式とターゲティングオプションをテストして、ROIが最も高くなる組み合わせを見つけることができます。地域ターゲティングやさまざまな興味関心カテゴリーのみを使ったキャンペーンなど、ターゲティング範囲の広いキャンペーンで使います。

    コストパーインストール(CPI)の入札

    – アプリインストールあたりの入札と課金を行います。
    – この入札オプションをオンにするには、モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)が必要です。 

    このオプションは、コスト効率が一番重要な場合に最適です。Twitter広告からアプリがインストールされた場合にのみ支払いが発生します。この入札タイプは、新しいオーディエンスセグメントやターゲティング戦略を試す際のコストのトレードオフが少ないため、テストに適しています。 

    注記: CPI入札のキャンペーンを行う際は、以下の点に注意してください。

    1. CPI入札のキャンペーンを作った後、予算を減らすことはできません。ただし、増やすことはできます。
    2. キャンペーンを作った後、または下書きを保存した後は、入札タイプ(CPAC、OAB、CPI)を変更することができません。
    3. CPI入札では、Twitterの初期設定のアトリビューション期間(30日間)中の1日あたりのクリック数に基づいて支払いが行われます。
    4. Twitterは利用者がアプリをインストールしたとき(表示したときではない)に対して課金を行うため、キャンペーンの一時停止後に課金額が増える場合があります。

    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • アプリを広告アカウントに追加する方法を教えてください。
    下向き矢印アイコン

    広告アカウントでアプリを追加、グループ化、編集する方法の詳細については、アプリマネージャーのページをご覧ください。 


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。

この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。

Twitter広告を利用する