予測ツール

概要

  • 予測ツールとは
    下向き矢印アイコン

    予測ツールは、設定されたターゲティングオプションとキャンペーンの入札単価に基づいて、オーディエンス(広告配信対象のユーザー)の総数と現在の入札金額で広告を表示できるユーザーの月ごとの総数を概算するツールです。このツールを利用することで、キャンペーンの推定リーチ数を確認し、広告を表示できるオーディエンスが最大になるよう、必要に応じてキャンペーンを修正できます。

    推定リーチは月ごとのリーチであり、プロモーションされたキャンペーン(プロモツイートなど)を初めて見たユーザー数で決まります。表示される推定リーチが、キャンペーンで設定した総予算によって変動することはありません。

  • 予測ツールの使い方
    下向き矢印アイコン

    ads.twitter.comでキャンペーンを作成する際に、キャンペーンのターゲットとして特定のターゲティングオプションを選ぶだけです。フォロワーや言語といったターゲティングオプションを選ぶと、画面の右側に推定オーディエンスサイズが表示されます。

    Twitterオーディエンスプラットフォームでも予測ツールの機能を利用できます。現時点では、テレビターゲティング、キーワードターゲティング、イベントターゲティングではこの機能はサポートされていません。

  • 予測ツールで「N/A」と表示される場合
    下向き矢印アイコン

    キャンペーンの作成中に「N/A」と表示される場合がありますが、これはキャンペーンに含まれるキーワードターゲティング、イベントターゲティング、テレビターゲティング、または複数のターゲティングの条件が細かすぎることから、正確なオーディエンスサイズを予測できないためです。


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。

Twitter広告を使ってみる