イベントターゲティング

概要

  • イベントターゲティングとは何ですか?
    下向き矢印アイコン

    イベントターゲティングは、Twitter上でイベントを見つけたり、イベント計画を練ったり、イベントの進行が簡単に行えるターゲティングです。

  • 仕組み
    下向き矢印アイコン

    イベントカレンダーでイベントを見つけ、計画を立てる

    まず、analytics.twitter.comにアクセスしてください。次に [イベント] タブをクリックします。

    カレンダーは日付、イベントの種類、および地域で絞り込むことができます。
     

    イベント分析を利用して、広告を配信するユーザーの詳細を確認する

    イベントをクリックして [詳細を表示] を選択すると、イベントの詳細を閲覧できます。

    移動先のイベント分析ページでは、イベントごとのユーザー層の詳細やリーチデータを確認できます。
     

    キャンペーンを有効にする

    [​新規作成(目的を選ぶ)] をクリックし、目的に基づいたキャンペーンを選択すると、そのイベントをターゲティングしたキャンペーンをすぐに開始できます。

  • よくある質問
    下向き矢印アイコン

    イベントターゲティングに他のターゲティングを追加できますか?

    はい。ただし、地域、性別、言語、年齢、端末に限られます。
     

    イベントターゲティングを利用する場合、ターゲティングされているキーワード/ユーザー名の個々の詳細をレポートで確認できますか?

    いいえ。テレビターゲティング同様、ターゲティングしているイベント全体で個々のキーワード/ユーザー名を閲覧することはできません。
     

    テレビ放映されるイベントをターゲティングする場合、テレビターゲティングとイベントターゲティングのどちらを利用すべきでしょうか?

    テレビ放映されるイベントがイベントターゲティングとテレビターゲティングの両方に含まれる場合は、イベントターゲティングのご利用をおすすめします。その方が、オーディエンス(広告配信対象となるTwitterユーザー)の精度を維持しながら、より多くのユーザーに広告を配信できます。


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。

Twitter広告を使ってみる