オーディエンスの概要

概要

オーディエンスの概要セクションでは、設定されたターゲティングオプションとキャンペーンの入札単価に基づいて、オーディエンスの推定総数を概算できます。このツールを利用することで、キャンペーンの推定オーディエンス数を確認し、広告を表示できるオーディエンスが最大になるよう、必要に応じてキャンペーンを修正できます。

ads.twitter.comでキャンペーンを作成する際に、キャンペーンのターゲットとして特定のターゲティングオプションを選ぶだけで推定オーディエンス数の確認が可能です。似ているフォロワーや言語といったターゲティングオプションを選ぶと、画面の右側に推定オーディエンスサイズが表示されます。

ターゲティングはキャンペーンの表示回数に影響しますか?

選択したターゲティングにより、キャンペーンのオーディエンスのサイズが決まります。一般に、キャンペーンのオーディエンスが大きいほど、広告を表示する利用者が多くなるためキャンペーンが配信されやすくなります。

ターゲティングがキャンペーンの表示回数に与える影響の詳細については、こちらをご覧ください。おおよその目安としてオーディエンスの概要の数値は、緑色の推奨範囲の中央に位置することが大切です。

 

よくある質問

 

オーディエンスの概要に「利用不可」と表示されるのはなぜですか?

広告キャンペーンの作成中に「利用不可」と表示されるのは、ターゲティングの範囲が広すぎるためです。ターゲティングの条件を追加して、対象とするオーディエンスを絞ってみましょう。これらの例を以下に示します。

キャンペーンの編集モード:

キャンペーンのクイック編集モード:

 

オーディエンスの概要に、キャンペーン実施期間は考慮されますか?

はい。オーディエンスの概要では、ターゲティング、実施期間、予算、入札単価が推定値に考慮されます。

 

予測ツールで「N/A」と表示されるのはなぜですか?

キャンペーンの作成中に「N/A」と表示される場合がありますが、これはキャンペーンに含まれるキーワードターゲティング、イベントターゲティング、テレビターゲティング、または複数のターゲティングの条件が細かすぎることから、正確なオーディエンスサイズを予測できないためです。

Twitter広告を利用する