準備はできましたか? 

ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンキャンペーンを開始しましょう。


ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンキャンペーンの最適化

ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンキャンペーンを最適化することで、ウェブサイトを訪問して記事を読んだり、ホワイトペーパーをダウンロードしたり、商品・サービスを購入したりする利用者を増やすことができます。

重要なヒント

  • キャンペーン向けに作成された広告フォーマットであるウェブサイトカードを使用する
  • コンバージョンを効果的に追跡するウェブサイトタグをウェブサイトに埋め込む
  • ウェブサイトの訪問者をターゲティングしたり、コンバージョンに結びついたアカウントに似ているアカウントをターゲティングしたりする

もっとくわしく

  • コンバージョンを促進するツイートを作成する
    下向き矢印アイコン

    ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンキャンペーンを設定する際、Twitterには2種類の広告クリエイティブのオプションがあります。1つは「画像+リンク」です。ツイート内の画像で利用者の目を惹き、本文のURLをクリックするよう促します。もう1つは、「ウェブサイトカード」です。専用のレイアウトを利用して、アクション誘導ボタンを含む小さな画像を表示します。

    • 「画像+リンク」と「ウェブサイトカード」の両方を試します。これまで多くの広告主様にTwitterをご利用いただいていますが、画像とリンクを組み合わせた目立つイメージが高い成果を上げた事例もあれば、ウェブサイトカードを使ったわかりやすいアクション誘導が最も効果を発揮した事例もあります。両方のタイプのクリエイティブを試して、どちらのキャンペーンがよいのか判断してください。さまざまなサイズの画像を試す方法や、特定の種類のカードの条件については、こちらをご覧ください。
    • リンクと説明文を記載します。利用者が実際にアクションを起こすことができるページへのリンクを掲載します。ツイートの中でページの内容を示唆して、利用者のミスクリックを防止しましょう。商品やサービスはリンク先のページで見られるか、記事は読めるようになっているか、セール品を購入できるかを確認してください。
    • 緊急性を示します。利用者がウェブサイトを「今すぐチェックしないと」と感じるようなメリットを載せましょう。期間限定の特典や限定品の情報など、リアルタイムで流れるTwitterの性質を考慮して、利用者がすぐにアクションを起こしたくなるツイートを作ります。
    • さまざまなアクション誘導(CTA)テキストを試します。「見積もりを請求」、「チケットを予約」、「セール品を購入」のように、利用者にはっきりと訴えるCTAと、「詳細はこちら」など、より柔らかい表現のCTAを比較して試しましょう。
    • プロモツイートは頻繁に更新します。新しいツイートで更新を続けることで、利用者の関心をつなぎとめましょう。長期的なキャンペーンの場合、時期に沿った内容をツイートできるように、定期リマインダを取り入れるのもよいでしょう。 
  • ウェブサイトのコンバージョントラッキングピクセルを設定する
    下向き矢印アイコン

    ウェブサイトのコンバージョントラッキングを使うと、プロモツイートの閲覧、反応からウェブサイトのコンバージョン(訪問や商品購入など実際のアクション)に結びついた利用者の数を、特定の期間内で計測できます。コンバージョントラッキングを使うには、Twitter広告用アカウントでウェブサイトタグを作り、それぞれのリンク先のページにタグを埋め込みます。独自のアトリビューション期間(利用者の閲覧、反応からコンバージョンまでの期間)を設定したり、キャンペーンの収益実績や、コンバージョンを稼いでいるツイートまたはターゲティングパラメータを表示したりすることもできます。

    コンバージョントラッキングを導入してキャンペーン実績の全体像を把握することが、キャンペーンを最適化する手がかりとなります。コンバージョントラッキングの詳細や設定ガイドについては、こちらのページをご覧ください。 

  • 過去のウェブサイト訪問者へのリマーケティングを行う
    下向き矢印アイコン

    Twitter広告アカウント内の [ツール] < [オーディエンスマネージャー] タブで、ウェブサイト訪問者およびコンバージョンに結びついたTwitter利用者のオーディエンスを作成します。ウェブサイトタグを御社ウェブサイトのページに設置した数日後に、ウェブサイト訪問者およびコンバージョンに結びついた利用者のテイラードオーディエンスが作成されます。新しいキャンペーンを作り、ターゲティング先を選ぶことで、類似した利用者をターゲティングして広告対象を広げられます。コンバージョンに結びつくアクションを行った利用者を扱う場合は、広告対象を広げたうえで、そのテイラードオーディエンスを広告対象から除外することもできます。これにより、ウェブサイトの利用実績のある利用者に再度広告を表示することなく、類似した利用者のみをターゲティングすることができます。

    リマーケティング開始の詳細については、こちらをご覧ください。   

よくある質問

  • ウェブサイトの訪問者数はどうすれば増やせますか?
    下向き矢印アイコン

    ウェブサイトクリックまたはウェブサイトコンバージョンキャンペーンの目的は、ウェブサイトを宣伝して訪問数を増やすことです。これらのキャンペーンでは、ウェブサイトカードでウェブサイトの内容を紹介することができます。利用者のタイムラインで画像、説明文、アクション誘導ボタン(利用者の次の行動を促すボタン)などを表示する、優れた広告クリエイティブです。

    上記のヒントを参考にして、キャンペーンを最大限に最適化し、御社にとって最適な結果を獲得しましょう。 


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • ウェブサイトコンバージョンキャンペーンはどうすれば設定できますか?
    下向き矢印アイコン

    ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンキャンペーンの詳細と設定ガイドについては、こちらをご覧ください。


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • リンクのクリック数データがサードパーティのプラットフォームのデータと一致しないのはなぜですか?
    下向き矢印アイコン

    Twitter広告マネージャーの画面には、Twitter利用者がリンクまたは広告主様のウェブサイトカードをクリックした回数についてのレポートが表示されます。このデータは、クリックのアクションが発生した直後に記録されます。

    サードパーティのアナリティクスプラットフォームには、各利用者がウェブページにアクセスし、ページの読み込みが完了するまで滞在(この時点でアナリティクストラッキングコードが発行されます)した回数についてのレポートが表示されます。

    表示される2つのクリック数の間に差異が生じるのはこのためです。この差異は、以下の要因によって変化します。

    • 読み込み時間 - たとえば低速のセルネットワークでは、リンクをクリックしてからページが読み込まれるまでに長い時間を要することがあり、それが原因で読み込みの完了前に利用者がウェブサイトを離れてしまう場合があります。
    • 利用者の意欲 - 画像をクリックした利用者は、ウェブサイトが読み込まれていることに気付いてウェブサイトから移動してしまう場合があります。

    このような場合のクリック数を改善するには、以下を含むさまざまな形式のクリエイティブを試してみることをおすすめします。

    • 画像とリンクをツイート本文に追加 - ウェブサイトカードではなく、ツイート本文に画像とリンクを追加します。これにより、利用者がリンクをクリックする意欲が高まった事例が見られました。
    • リンクのみをツイート本文に追加 - ツイート本文にリンクのみを使用します。この場合も、利用者がより意欲的にリンクをクリックするという結果につながっています。

    また、ウェブサイトカードを利用する際は、キャンペーンの最適化設定で [ウェブサイトコンバージョン用に最適化] を選択するようおすすめします。この設定にすると、御社ウェブサイトでのコンバージョンにつながりやすい利用者がリンクをよりクリックするように、キャンペーンを最適化できます。


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • その他の情報
    下向き矢印アイコン

この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。

Twitter広告を利用する