スパイウェア、違法なハッキング

このページの右下で言語を選択すると、その言語で翻訳されたページが表示されます。翻訳版は便宜上提供されているもので、翻訳によってTwitterのポリシーの内容が変わることはありません。翻訳版と英語版との間に矛盾がある場合は、英語版が優先され、利用者は英語版に従うものとします。

 

このポリシーについて

スパイウェアおよび違法なハッキング商品の販売またはプロモーションは、全世界のTwitter広告プラットフォームで禁止されています。

このポリシーの対象となる商品・サービス

このポリシーは以下の項目に適用されますが、これらに限定されません。

  • 不正アクセスを支援する、または許可なく他のユーザーのシステムなどに侵入できるソフトウェアまたは端末。これには、スパイウェア製品、電話の盗聴、電話やテキストメッセージの傍受などが含まれます。
  • ソフトウェア、サーバー、ハードウェア、またはウェブサイトへの不正アクセスや改ざんを行うための機器。
  • メディアの違法なハッキング、またはデジタルコンテンツ管理システムのバイパスを容易にするために使用されるソフトウェアおよびツール。

国によるこのポリシーの違い

このポリシーはすべての国でTwitter広告に適用されます。

広告主様がこのポリシーに関して知っておくべき情報

Twitterのガイドラインを確認し、自社のブランドとビジネスに課せられる要件をよく理解しておきましょう。Twitterに掲載されるすべての広告に関する責任は、広告主様が負うことになります。さらに、広告に適用される関連法令や規制に従うことも求められます。

このページに関するご質問やご意見

アカウントまたはツイートが調査対象となっている広告主様で、調査の状況を確認したい場合または迅速な調査を希望する場合は、ads.twitter.comにログインし、 広告管理画面の右上にある [お問い合わせ] ボタンをクリックしてください。

広告主様以外のお客様で、これらのポリシーに違反している可能性がある広告を報告する場合は、ヘルプセンターのフォームを使用して広告を報告することができます。 

Twitterでの広告掲載に興味をお持ちの場合は、business.twitter.comで詳細をご覧ください。 


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。