著作物とTwitter広告

このページの右下で言語を選択すると、その言語で翻訳されたページが表示されます。翻訳版は便宜上提供されているもので、翻訳によってTwitterのポリシーの内容が変わることはありません。翻訳版と英語版との間に矛盾がある場合は、英語版が優先され、利用者は英語版に従うものとします。

 

Twitter広告ポリシー

このポリシーは、Twitterの有料広告商品(ツイート、トレンド、アカウント)に適用されます。

Twitterの有料広告商品の詳細については、こちらをクリックしてください。  

Twitterの他のポリシーの詳細についてはこちらをクリックしてください。 

このポリシーについて

Twitterでは、第三者の著作権を侵害するコンテンツの配信またはそれらのコンテンツへのアクセスを促す商品・サービスのプロモーションを全世界で禁止しています。

また、Twitterはプロモコンテンツ内での著作権侵害を含む、著作権侵害の申し立て報告に対して適切な対応をします。報告へのTwitterの対応の詳細については、「著作権とDMCAに関するポリシー」をご覧ください。 著作権とDMCAに関するポリシーに基づき、Twitterがプロモコンテンツへのアクセスを削除または無効にした場合、DMCA通知により利用者に通知するほか、プロモーションから該当するコンテンツを削除します。

このポリシーの対象となる商品・サービス

このポリシーは以下の項目に適用されますが、これらに限定されません。

  •  著作権で保護されているコンテンツの無断配信を促す以下のようなサイト
    • P2Pファイル共有サイト
    • バックアップコンテンツまたは海賊版コンテンツの物理コピーを販売するサイト
    • 承認なしに、さまざまなサイトから著作権で保護されているコンテンツを集めたサイト
  •  メディアのデジタル著作権管理(DRM)をバイパスする以下のようなソフトウェア
    • 復号化ソフトウェア
    • 海賊版コンテンツへのアクセスを提供するプラグインやツールバー
  •  メディアの違法コピーを容易にするために使用される以下のようなツール
    • ケーブルデスクランブラー
    • ブルーレイリッピングツール

国によるこのポリシーの違い

このポリシーはすべての国でTwitter広告に適用されます。

広告主様がこのポリシーに関して知っておくべき情報

広告主様は、ツイートやプロフィール内で使用するコンテンツについて、作成者の使用許可を得ている必要があります。特定の著作物について著作権を保持しているかどうか確信が持てない場合は、弁護士や法律顧問にご相談ください。Twitterが法的なアドバイスを提供することはできません。著作権法については詳しい情報が多く提供されています。以下はその一部です。

 

 

Twitterのガイドラインを確認し、自社のブランドとビジネスに課せられる要件をよく理解しておきましょう。 Twitterに掲載されるすべての広告に関する責任は、広告主様が負うことになります。さらに、広告に適用される関連法令や規制に従うことも求められます。

このポリシーに関連する他のTwitterの情報

 

 

 

 

 

このページに関するご質問やご意見

アカウントまたはツイートが調査対象となっている広告主様で、調査の状況を確認したい場合や迅速な調査を希望する場合は、ads.twitter.comにログインし、広告管理画面の右上にある [お問い合わせ] ボタンをクリックしてください。

広告をブロックまたは非表示にする方法については、Twitter広告の報告のページをお読みください。これらのポリシーに違反している可能性がある広告を報告するには、広告の報告フォームをご利用ください。 

 Twitter広告ポリシー、 Twitterルール 、および 利用規約に沿って、報告された違反を調査し、必要な対応を実施します。

Twitterでの広告掲載に興味をお持ちの場合は、business.twitter.comで詳細をご覧ください。 


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。