著作権に関するポリシー

ページ右下部の「言語」をクリックして言語を選択すると、翻訳記事がお読みいただけます。翻訳版は便宜上提供されているもので、翻訳によってTwitterのポリシーの内容が変わることはありません。翻訳版と英語版との間に矛盾がある場合は、英語版が優先され、利用者は英語版に従うものとします。

このポリシーは、Twitterの有料広告商品に適用されます。

このポリシーについて

Twitterでは、著作権を侵害するコンテンツを広告に掲載することを全世界で禁止しています。

禁止されている著作権を侵害するコンテンツの例:

  • 著作権で保護されているコンテンツの無断配信を促している。
  • メディアのデジタル著作権管理(DRM)をバイパスするソフトウェアの利用を促している。
  • メディアの違法コピーを容易にするツールの利用を促している。

このポリシーに関連する他のTwitterの情報

広告主様がこのポリシーに関して知っておくべき情報

広告主様は、ツイートやプロフィール内で使用するコンテンツについて、作成者の使用許可を得ている必要があります。特定の著作物について著作権を保持しているかどうか確信が持てない場合は、弁護士や法律顧問にご相談ください。Twitterが法的なアドバイスを提供することはできません。

Twitterのガイドラインを確認し、自社のブランドとビジネスで重視すべき要件をよく理解しておきましょう。 Twitterに掲載されるすべての広告に関する責任は、広告主様が負うことになります。さらに、広告に適用される関連法令や規制に従うことも求められます。

アカウントまたはツイートが調査対象となっている広告主様で、調査の状況を確認したい場合または迅速な調査を希望する場合は、ads.twitter.comにログインし、広告管理画面右上の [お問い合わせ] をご利用ください。


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。