理念に基づく広告に関する1ページ資料

ポリシー

Twitterでは、市民の政治参加、経済成長、環境保全、社会的公平性といった理念に関連して、学習情報を提供したり、認知度を向上させたり、人々に行動を促したりする広告について、プロモーションを制限しており、広告主様に対して認定を受けるよう求めています。 

基本的価値観

マイクロターゲティングを用いた広告は、まだ十分に理解されていない、まったく新しい課題を公共の議論に提示します。
政治、裁判、法律、規制に関する結果を促進するために広告を使用すべきではありません。
ただし、理念に基づく広告により、重要なトピックに関する公共の会話を促すことができます。

適用除外

政府機関、政府組織、超国家機関、および超国家組織は、性別、年齢、言語のターゲティングを使用することができます。ただし、候補者、政党、選出または任命された政府関係者によるいかなる種類の広告
も禁止されています。また米国においては、PAC、スーパーPACも禁止されています。

制限

コンテンツに関する制限事項

政治に関するコンテンツのポリシーに基づいて広告が禁じられている個人や団体に代わって広告を配信したり、広告でそうした個人や団体について明確に言及したりすることはできません。

ターゲティングに関する制限事項

地域ターゲティングは、州、都道府県、または地域レベル以上でのみ利用できます。郵便番号レベルのターゲティングは禁止されています。 

キーワードターゲティングと興味関心ターゲティングでは、許可されているターゲティングパラメータのみ使用できます。ターゲティングパラメータに政治に関するコンテンツ、禁止されている広告主、政治傾向や所属に関連する用語(「保守」、「自由」、「政治的選挙」など)を含めることはできません。

ランディングページ

広告のランディングページを、政治に関するコンテンツのポリシーに基づいて広告が禁じられている個人や団体に直接リンクまたは参照してはなりません。

営利団体

営利団体による理念に基づく広告は、政治、裁判、法律、または
規制に関する結果の促進を主な目的に掲げることが禁じられており
、広告は組織が公的に表明している価値、信条、信念に関連付けられなければならなくなります。

理念に基づく広告を配信する広告主様の認定プロセス

広告主様は、理念に基づく広告をプロモーションする広告アカウントのユーザー名でログインしていることを確認してから、認定依頼をads.twitter.com/helpに送信してください。

広告主様には、自動返信メールが届きます。このメールは、認定を受けるユーザー名のTwitterアカウントに登録されたメールアドレスに送信されます。このメールにはケース番号が記載されているため、記録として保存してください。 

すべての資格要件を満たしている広告主様は、48時間以内に認定されます。

認定された広告主様には、理念に基づく広告をTwitterで配信することが認定された旨を伝えるメールが届きます。
*理念に基づく広告の配信が認定されても、新たな広告管理画面は作成されません。

免責事項: 本ドキュメントに記載の情報は、法的なアドバイスや、Twitterポリシーの適用に関する拘束力のあるガイダンスではなく、そのようなことを意図するものでもなく、一般的な情報提供のみを目的としています。また、本ドキュメントに記載のTwitterポリシーは変更される場合があることにご注意ください。現行のポリシーや要件については、Twitterの広告ポリシーと
理念に基づく広告
をご覧ください。