請求書

広告アカウントの [アカウント < 請求履歴] タブで請求書にアクセスできます。請求書は、請求されてから48時間後に、請求期間ごとに発行されます。

請求書には次が掲載されています。

  1. 名前と請求先住所。 
  2. 請求書番号。これは請求を特定して管理しやすくするための請求書のわかりやすいIDです。
  3. 請求日。請求書が発行された日
  4. 課金対象期間。 請求の日付範囲。これらの期間の費用は請求書に含まれます。
  5. 日付。 各キャンペーンで使用された合計金額の日付。
  6. 説明。請求対象期間中に使用された使用額。 
  7. VAT(税)金額。これは住んでいる地域の税率によります。 VAT
  8. VATを含む合計 課金対象期間中に請求された合計

請求書に関するよくある質問

  • 請求される最小金額はいくらですか?
    下向き矢印アイコン

    Twitter広告で請求される最小金額はありません。$0.01など、$0.00より多ければ請求可能です。 少なくとも7日間ごとに使用した金額が請求されます。 


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • 請求書の詳細を変更できますか?
    下向き矢印アイコン

    お客様は請求書を編集できません。しかし、特定の場合において、Twitter広告サポートチームは請求書を変更できます。詳細については、ads.twitter.com/help からサポートチケットを発行してお問合せください。 


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • 請求の頻度はどれくらいですか?
    下向き矢印アイコン

    請求が行われた期間は、課金期間と呼ばれています。[請求履歴] ページで、課金期間にアカウントに請求されたすべてのトランザクションを確認できます。このページでは、課金期間の正確な日付を確認できます。ページ内にあるPDF形式の請求書にも日付情報が記載されています。

    請求システムのルールに基づき、クレジットカードへの課金は1日に1回から、最長で7日に1回の頻度で行われます。どれくらいの頻度で請求されるかは、どれくらい早くキャンペーンでクレジット限度額を使い切るかによります。

    3つのシナリオに応じて、Twitterは自動的に請求を行います。

    1. 一日でクレジット限度額の25%以上を使用する。 この場合、その日のうちに請求が即座に行われます。たとえば、クレジット限度額が$200で、キャンペーンに一日で$50以上を使った場合、その日のうちに使用した金額分の請求が即座に行われます。 
    2. 一日でクレジット限度額の25%未満を使用する。 この場合、7日間ごとに請求が行われます。 たとえば、クレジット限度額が$200で、キャンペーンで一日に$0.00~$49.99を7日間連続で使用した場合、1日目から7日目までの合計金額が7日目に請求されます。 
    3. 支払額が日ごとに変わる。  たとえば、クレジット限度額が$200で、1日目にキャンペーンで$49.99を使用します(クレジット限度額の25%未満 )。そして2日目にキャンペーンで$55を使用します(クレジット限度額の25%以上 )。2日目に1日目と2日目の合計使用金額($104.99 + 税金)が、即座に請求されます。 

    申し訳ございませんが、請求日を選択することはできません。上記のルールに基づいて、Twitterのシステムは自動的に請求を行います。クレジット限度額の増額の仕方など、クレジット限度額の詳細については、こちらをご覧ください。


    この記事は参考になりましたか?

    このフィールドの最大文字数は5000文字です。
    成功
    ご意見ありがとうございます。
    エラー
    問題の送信用フォーム。
  • 請求書にはどの住所が掲載されますか?
    下向き矢印アイコン

    請求書に表示される住所は、既定のクレジットカード(支払いで使用するカード)の請求先住所と同じになります。 

    VAT対象国に居住している場合 

    • 設定中に「個人用アカウント」が選択されました。クレジットカードの住所が表示されます。
    • 設定中に「ビジネスアカウント」が選択されました。ビジネス用クレジットカードの住所が表示されます。

    VAT対象国に住んでいない場合、広告アカウントを「ビジネス」および「個人」に分類する必要はありません。

     

さらに請求情報やよくある質問を探していますか?

他のお支払いに関するページをご覧ください。 クレジットカードへの請求 | VAT税 | 広告主クーポン | クレジット限度額 | 広告の通貨


この記事は参考になりましたか?

このフィールドの最大文字数は5000文字です。
成功
ご意見ありがとうございます。
エラー
問題の送信用フォーム。