データに基づくTwitter動画広告のベストプラクティス

ミッシェル・リー、ヒラリー・ポラック、ヘレン・リー
投稿者 ミッシェル・リー、ヒラリー・ポラック、ヘレン・リー
Best practices

Twitter動画広告の強みは、影響力のあるTwitterオーディエンスのパワーを活用し、いま起きていることにつながり、視覚がものを言う現在のデジタル世界の一員になれることです。

デジタル動画の視聴に費やされる時間は、全世界で2016年と比べて86%増加しています1。特にTwitterでは、1日あたりの動画の再生数は前年比で62%増加、再生時間は前年比で72%増加しています2

実際、売上促進において広告クリエイティブは最大の要素であり、セールスの47%がクリエイティブに起因しています3。そのため、モバイルオーディエンス向けにコンテンツを最適化することが重要になってきます。TwitterとGroupMは、Twitterプラットフォームにおける動画広告のパフォーマンスに各種クリエイティブの手法がどのように影響するのかを理解するため調査を実施しました。

本記事は、同調査の結果をもとに実践的なヒントをまとめたものです。Twitterでの動画広告戦略を最大化し、成果を高めるためのご参考になれば幸いです。

短くシンプルに

広告をめぐる環境が飽和している昨今、見る人の印象に残ること、いち早く惹きつけること、開始直後にブランド名やロゴを表示することが重要です。動画広告の最初の3秒でメッセージを伝えることで、ブレイクスルー指標全体で13%上昇します4

ブランドのインパクトを最大限に高めるには、動画を15秒以下にすることも大切です。

動画に添えるツイート本文にも同じことが言えます(動画には必ずツイートを添えましょう)。ツイート本文は動画の内容に沿ったものにし、文字数は100文字未満に抑えましょう。簡潔なツイートが添えられた動画は、ブレイクスルー指標全体でさらに5%上昇します4

商品と人を登場させる

上記のポイントを踏まえたら、次は動画の内容を練りましょう。動画に何を登場させるべきか。ここでは、3つの重要ポイントを紹介します。

  • 商品は動画の冒頭に。動画の冒頭に商品を登場させることで、積極的な興味が24%*上昇し、クリック意欲が34%*高まります5。
  • 人を登場させる。商品に対する好意的なリアクションや欲求を動画に盛り込むことで、全体的な反応が40%高まります5
  • ブランドを想起させる。1本の動画の半分以上にブランドを表示させることで、ブランド助成想起率が25%高まり、メッセージ想起率が21%高まります5

視覚に訴える

クリエイティブの仕上げにもひと工夫加えましょう。

  • ロゴは見やすい位置に。フレームの右上か左上に常時配置することをおすすめします。動画の中でロゴが見やすい位置に配置すれば、ブランド純粋想起率が30%**向上します4。また、工夫を凝らしたロゴを用いてブランドや商品への注意を引くことでもブランド純粋想起率が14%向上します5
  • 音声を使わない戦略を策定し、外出先で広告を目にするモバイルユーザーを取り込みましょう。キャプションを付けることで再生時間を28%延ばすことができます6

上記のベストプラクティスに従い素材を最適化したいお客様も、Twitterフレンドリーなコンテンツを一から作成したいお客様も、エディターとクリエーターのグローバルネットワークであるTwitter ArtHouseがサポートいたします。詳細はTwitterの営業担当にお問い合わせください。

これらのデータに裏付けられたヒントを踏まえ、今すぐTwitterの動画広告キャンペーンを始めましょう

出典:

1出典: eMarketer(2019年)
2出典: Twitter社内調査(2019~2020年)
3出典: Nielsen Catalina Solutions「5 Keys to Advertising Effectiveness」(2017年10月)
4出典: GroupM + Twitter、 MetrixLab「Video Best Practices」(2017年6月、米国)
5出典: GroupM + Twitter、 MetrixLab「Video Optimization」(2019年10月、米国)

6出典: Nielsen、 DAN + Twitter Video Content Best Practices Research(2015年5月)

*統計的に有意(信頼性レベル90%)
**統計的に有意(信頼性レベル95%)

GroupM + Twitterによる調査の情報、手法、および定義:

TwitterとGroupMは、さまざまなクリエイティブを使用したTwitter動画広告を5つの業種から選出し、広告パフォーマンスの向上に最も効果的な特徴を特定するためにテストを実施し、各種クリエイティブ変数(人が登場する、ロゴ、ブランディング、トーンなど)でコード化された動画広告がTwitterの通常のモバイルフィードによりユーザーに配信されました。動画広告を見たユーザーには、アンケートへの回答を依頼し、クリエイティブの特徴とテスト結果との関連性を明らかにするため、アンケート結果に対して回帰分析を実施しました。こうした調査を踏まえ、本記事においてクリエイティブのベストプラクティスを作成しました。

「ブレイクスルー」とは、認識、再生、想起される可能性と定義され、注目、ブランドおよびメッセージの想起、再生時間、認知をまとめたものです。

「反応」とは、リアクションとブランドアクションが生まれる可能性と定義され、好感度、関連性、信頼性、ブランド適合性、わかりやすさ、差別化、購買意欲、ブランドへの興味関心、クリック意欲をまとめたものです。

Twitter広告を始めませんか?